MESSAGE / すべての方へ

遺影写真額

本日、事前相談(入院中のお母様に関して)にご来店くださったのお客様は、【パールラベンダー】の遺影写真額をお選びになりました。お葬式プラン・式場・お料理などは比較的スムーズに決定したのですが、お写真に関しては少し悩まれている様子でした。

●悩む項目の1つ
お母様はパープルがお好きなので、写真額は即決でしたが、問題は “良いお写真があるかどうか?” でした。実は、遺影写真はお葬式で悩まれる項目の1つです。なかなか良い写真は残っていない場合が多く、皆さんアルバム・PC・スマホなどのデータを慌てて探されます。
結果的に、「良い表情のお写真」と「衣服データ」の合成というケースが多くなります。

●デジタルデータが理想
遺影写真を作成する際、「写真原板」と「デジタルデータ」どちらでも作成可能です。写真原板の場合は、高性能スキャナーでデジタルデータに変換後、カラー・傷など細部を修正します。ただ、あまりお顔が小さい場合は引き伸ばし(20~40倍)の過程で画質が荒くなってしまいますので、デジタルデータを使用することが理想です。

 

自然な表情が主流

数年前までは、「黒額・着物(喪服)へ着替え・背景色はブルー」 が一般的でした。正面を向かれて、表情も少し硬い感じです。現在では、「洋服はそのまま」「背景もお花やグラデーション」 などカラフルになりました。そして、より自然な表情をされているお写真を使用される傾向にあります。
遺影写真はお葬式後も残りますので、生前のイメージに近く、ご家族が良いと思われるお写真の方が素敵だと思います。

新家葬祭では、写真額・背景・衣服をお選びいただけます。

  • 写真額カラー:ブラック・ホワイト・ラベンダー・ピンク・シルバーの5色
  • 背景: 数十種類(単色・グラデーション・お花・景色)
  • 衣服: スーツ・着物・アンサンブル・カジュアル服など

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭
大阪府堺市中区新家町541-12
TEL. 072-234-2972 [24時間365日受付]