お葬式相談室をご利用ください

お葬式の忌引き休暇の日数、忌引き明けのマナー

忌引き休暇

ご家族や親族など、身近な方がお亡くなりになった時に取得する休暇を「忌引き休暇」と呼びます。忌引きには「喪に服す」という意味があります。

忌引き休暇の規則は会社・学校によって異なります。また、会社員の場合、忌引き休暇はあくまで福利厚生の1つですので、必ずしも忌引き制度があるとは限りませんので、事前に就業規則を確認しましょう。

学生の場合は、成績や出席日数などにも影響しますので、きちんと忌引休暇を取ることも大切です。

どうしても、お仕事上の商談や定期試験などで忌引きも取れない場合は、葬儀日程の調整も可能です。

また、忌引き休暇明けには職場の上司や同僚に対して「お陰様で、ゆっくりとお葬式ができた」ことに対して感謝の気持ちを伝えることがマナーです。

スタッフ

ご希望や都合に合わせて、お葬式の日程調整も可能ですので、あまり深く気にされなくても良いと思います。

就業規則の確認

会社員の方は、まず「忌引き休暇の制度があるのか?あるとすれば日数は何日なのか?」を確認しましょう。詳細は、人事労務・総務担当者にお問い合わせください。

また、雇用形態によっても忌引き休暇の取得条件が異なります。特に契約社員やアルバイトの方は、細かく確認しておく必要があります。

申請はできるだけ早く、口頭で

緊急性が高いため、可能な限り早急に連絡をしましょう(深夜・早朝の時間帯を除く)。
会社(上司)への連絡はメールだけではなく、必ず口頭で伝えて了承を得ましょう。その後、データとして残すためにメールで下記の項目を送りましょう。

  • 故人と自分との関係(続柄)
  • お通夜・告別式の日時(参列をご案内する場合は葬儀式場の所在地も)
  • いつから忌引き休暇を取得したいか
  • 連絡先

状況にもよりますが、家族葬(参列は家族のみ)を希望の場合は、参列のお断りも伝えましょう

また、「故人との関係」は具体的に説明しましょう。例えば、「母」だけでは「自分の母または義理の母」なのかが判断できませんし、どちらかによって忌引き休暇の日数も異なります。

スタッフ

連絡先を忘れずに伝えておきましょう。

忌引き休暇に必要な提出書類など

忌引き休暇明けに、会社の規則として下記の書類提出の求められることがあります。

  • 死亡診断書のコピー
  • 会葬礼状(参列者にお渡しする返礼品に付ける御礼状)

死亡診断書のコピーは、お葬式終了後にお渡ししますので問題ありません。しかし、一般的に求められるのは「会葬礼状」です。

会葬礼状の提出を求められる場合が多いのですが、最近のお葬式は、家族葬・直葬(火葬のみ)を希望される方が多いです。そのため、参列者がご家族のみですので、会葬礼状を用意しないこともあります。

その場合は、当社から「葬儀施行証明書」を発行いたします。

スタッフ

当社発行の「葬儀施行証明書」が必要な場合は、スタッフまでお申し付けください。

一般的な忌引き休暇の日数

忌引き休暇の日数は、故人様との関係(何親等にあたるか)や会社・組織の規則によって異なります。

一般的に、「死亡日」または「死亡日の翌日」から数えるとされていますが、状況も様々だと思いますし、火葬場予約の混雑で葬儀日程が遅くなる可能性もありますので、正確な日数や取得開始日については就業規則や勤務先にご確認ください。

また、喪主を務める場合や遠方での葬儀の場合、事情を説明すれば、少し長く忌引き休暇を取得できるかも知れません。

忌引き休暇の日数
  • 配偶者(夫または妻):10日
  • 父母:7日
  • 子:5日
  • 祖父母:3日
  • 兄弟姉妹:3日
  • 叔父叔母:1日
  • 孫:1日
  • 叔父叔母:1日
  • 配偶者の父母:3日
  • 配偶者の祖父母:1日
  • 配偶者の兄弟姉妹:1日

通常、2親等までのお葬式に忌引き休暇が適用

基本的には、「忌引き休暇の適用は、◯親等まで」と決められている場合が多いです。つまり、遠縁のお葬式では忌引き休暇は認められません。

通常、「2親等」までは忌引き休暇が認められる場合が多いです。

  • 1親等:父母・子(と配偶者)・配偶者の父母
  • 2親等:祖父母・兄弟姉妹(と配偶者)・孫(と配偶者)・配偶者の祖父母・配偶者の兄弟姉妹
  • 3親等:曽祖父・甥姪・ひ孫・配偶者の曽祖父・配偶者の甥姪など

親等の考え方

1親等はご自身(または配偶者)を基準として「親と子」です。
2親等は「1親等の◯◯」、3親等は「1親等の◯◯の◯◯」と考えれば分かりやすいと思います。
例えば、「祖父母は、親の親」「兄弟姉妹は、親の子」「孫は、子の子」なので2親等です。
さらに、「曽祖父は、親の親の親」「甥姪は、親の子の子」「ひ孫は、子の子の子」なので3親等です。

MEMO
配偶者の「親等」で表しません。

スタッフ

ご自身の兄弟姉妹を「親の子」と考えるのは少し違和感があるかもしれませんが、まずご自身から見て1親等が「親と子」、「1親等の“親または子”」が2親等…と1つ1つ進めていけば大丈夫です。

忌引き休暇がない場合もあります

基本的には忌引き休暇の取得を認める勤務先が多いですが、あくまで忌引き休暇は福利厚生の1つです。

法律上必ず設定すべき制度ではないので、会社によっては忌引き制度がない場合もあります。勤務先に忌引き制度がない場合は、有給休暇を利用する必要があります。

どうしても都合が悪い場合は、葬儀日程を調整します

会社員・自営業の方など、どうしても予定を変えることができない商談・工事等のアポイントがある場合は、葬儀日程を延長することも可能です。

実際に、「喪主様がお仕事の都合で、お通夜には参加せずに告別式のみ参加」「お葬式の日程を2日延ばす」などは時々あります。

 

忌引き休暇明けの挨拶など

忌引き明けに会社に復帰する際は、上司や同僚に「急な事に快く対応してくれたこと」「お陰様できちんとお葬式ができたこと」に対する感謝の気持ちを伝えましょう。

忌引き休暇明けの挨拶

この度は、お休みを頂きありがとうございました。お陰様でゆっくりとお別れの時間を取ることができ、葬儀も滞りなく済ませることができました。本当にありがとうございました。

急に仕事を休むことになり、皆さんに大変ご迷惑をおかけしたと思います。今日からご迷惑をおかけした分、精一杯がんばりますので、よろしくお願い致します。

菓子折りを用意

また、「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」という意味も込めて菓子折りなどを職場に持って行きましょう。

クッキーやラスク等のように、日持ちがよく仕事の合間に食べられる個別包装されたものが良いと思います。熨斗(のし)は必要なく、包装紙で包むだけで問題ありません。

今後、忌引き休暇をとる人の事も考慮して、あまり高価な品物は避けましょう。

スタッフ

復帰する際に、職場への対応に迷った場合は、職場の人(年長者)に相談しましょう

もし、個人的に上司や同僚から御香典をいただいた場合は、49日法要後に香典返し(カタログギフトなど)を渡しましょう。

MEMO
会社(組織・団体)からの御香典・供花には、基本的に香典返しは必要ないとされています。

 

お子さんの学校への忌引き連絡

会社と同様に、忌引きの規定は学校によって異なります。小・中・高校生の場合、学校への連絡は原則として保護者が行います。

大学生の場合、学部窓口に問い合わせて必要な書類を確認しましょう。また、講義やゼミの担当教授には口頭もしくはメールで連絡でもよいと思います。

学生の場合は、成績や出席日数などに影響がありますので、忌引き(公欠扱い)をきちんと取ることも大切です。

 

お葬式のご依頼・ご相談

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

最短30分で、ご指定の場所へお迎え
葬儀式場(斎場)・火葬場の予約受付

お葬式相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

経験豊富な葬儀プランナーがお答えします。
お葬式に関するどんな小さなお悩みでも、
お気軽にご相談ください。

お葬式対応エリア
  • 堺市全域(堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区)
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など