MESSAGE / すべての方へ

お骨壺の大きさ(サイズ)

お骨壺の大きさは、2~8寸(1寸=約3.3cm)と色々なサイズがあります。どのサイズを選ばれるかは、ご家族様の自由ですが、地域によって基本的なサイズがあります。

関西の標準は、5寸

お骨壺のサイズ

関西と関東では、お骨壺の標準サイズが異なります。

  • 関西:5寸(約16cm)
  • 関東:7寸(約23cm)

サイズが異なる理由は、【収骨(お骨上げ)の慣習の違い】にあります。

  • 関西:部分収骨(喉仏を中心に足元から少しずつ収骨)
  • 関東:全収骨(すべてのご遺骨を収骨)

この様に、地域によって標準サイズは異なりますが、ご家族様が自由に大きさを選ばれても問題ありません。

例えば、【大阪でお葬式をしたけれど、先祖代々から全収骨しているのであれば7寸】・【お墓がなくて、ご自宅でお祀りするのであれば、小さな2~3寸】。など、状況に応じてをお選びください。

他の地域の標準サイズ
  • 北海道・東北:7寸
  • 東海:3~5寸
  • 四国:2~5寸
  • 九州:7寸
  • 沖縄:7寸

あくまで、目安ですので絶対ではありません。ご家族・親族で相談して決めるのもおすすめです。

 

お墓や納骨堂を基準に選ぶ方法

すでに、「先祖代々のお墓をお持ちの方」・「新しくお墓を建立する予定の方」や「納骨堂をお考えの方」は、お墓・納骨堂に合わせて大きさを選ぶことも大切です。

お墓の場合

お墓への納骨は、

  1. お骨壺のまま納める
  2. お骨壺から遺骨を出して納める

のどちらかになります。

「1.お骨壺のまま納める」の場合、お墓の下に納骨スペース(カロート)があり、そのまま納めます。
「2.お骨壺から遺骨を出して納める」場合は、ご遺骨を布などに包んで、お墓の下の土へ納めます。
事前にどちらの納骨方法かを確認しましょう。

納骨堂の場合

最新の納骨堂は、様々なタイプがあり一概にはご説明できませんが、「個別収納スペースが用意されたロッカータイプ」が一般的です。収納スペースの大きさを確認しましょう。

合祀タイプの納骨堂の場合

合祀(他の人と一緒に祀る)タイプの納骨堂の場合、大きさの規定は無いと思いますが、大きさによって納骨料が異なる場合が多いです。
大阪府内では、一心寺さん(大阪市天王寺区)が有名です。

 

2か所に納骨(分骨)する

ご遺骨を2か所へ納骨することは、よくあります。

  1. 実家のお墓
  2. 菩提寺(お世話になっているお寺)

の2か所が一般的ですが、次男様が「自分のお墓にも父の遺骨を納骨したい」と収骨される場合もあります。

2か所へ納骨するには、1つ1つのご遺骨に火葬場が発行する【証明書】が必要です。証明書がなければ、納骨はできません。ご希望の方は、発行手続きをいたしますので、スタッフにお申し付けください。

MEMO
ご自宅に少量のご遺骨を祀る程度でしたら、特に証明証は必要ありません。

 

よくあるご質問

Q.お墓はあるけど、どんな納骨方法か覚えていない…
A.お墓の管理事務所(寺院墓地の場合はお寺)へ電話をすれば、詳しく教えていただけます。

Q.手元供養として、骨壺から少し遺骨を取り出したい
A.ご自由に取り出していただいて問題ありません。

Q.大阪のように部分収骨の場合、残った遺骨はどうなるの?
A.残ったご遺骨は、市町村がきちんと合同供養してくれますので、ご安心ください。

 

お葬式のご依頼・ご相談

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

最短30分で、ご指定の場所へお迎え
葬儀式場(斎場)・火葬場の予約受付

お葬式相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

経験豊富な葬儀プランナーがお答えします。
お葬式に関するどんな小さなお悩みでも、
お気軽にご相談ください。

お葬式対応エリア
  • 堺市全域(堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区)
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など