MESSAGE / すべての方へ

死亡届と届出人

死亡届は、「死亡を知った日から7日以内」に市区町村の役所(戸籍・住民登録の窓口)へ提出する必要があります。死亡届を提出することで、火葬が可能になります。

必要項目は届出人が自筆記入します。記入方法はスタッフがお伝えしますので、未記入のままで結構です。届出人の印鑑(朱肉を使うもの)をご用意ください。

スタッフ

役所への死亡届提出・火葬場手続きは、スタッフがすべて代行いたします。また、死亡診断書のコピー(生命保険請求などに必要)もご準備いたしますのでご安心ください。

死亡届と死亡診断書は合わせて1枚

死亡届という単体用紙はありません。病院(医師)から発行される「死亡診断書」の左側が、「死亡届」になります。2つ合わせて1枚の用紙(A3サイズ)です。

死亡診断書は、病院や介護施設の退院時に看護師や施設職員さんから手渡されます。

  • 左側:「死亡届(届出人が記入)」
  • 右側:「死亡診断書(医師が記入済)」
※書式(フォーマット)が全国統一されていませんので、病院によって若干異なります。
※検死になった場合は、死体検案書になります。

原本の再発行
原本は役所へ提出しますので、もし葬儀後の手続きで原本が必要な場合は、病院で再発行(※要費用)になります

 

提出先は3か所

死亡届を提出する役所は、基本的に以下の3か所から選びます。

  1. 死亡者の本籍地の役所
  2. 届出人の住所地の役所
  3. 死亡地の役所
一般的には、「1」または「2」のケースが多いです。

死亡届を提出すると、「火葬許可証」が発行されます。そして、その「火葬許可証」を火葬場へ提出することで火葬手続きが完了します。

また、火葬・収骨が終了後に「埋葬許可証(お墓などへ納骨する時に必要な書類)」が火葬場から発行され、「埋葬許可証」を霊園などに提出することで納骨が可能になります。

 

届出人になれる人

死亡届の届出人になれる人は決まっています。一般的には、【配偶者(妻または夫)・子(長男)】など、喪主となる立場の方が届出人になります。

  • 同居の親族
  • 同居していない親族
  • 親族以外の同居者(内縁の妻など)
  • 家主・地主
  • 家屋管理人(私立病院長・介護施設長など)
  • 土地管理人
  • 公設所の長(国公立病院長・公営団地管理事務所長など)
  • 後見人・保佐人・補助人・任意後見人
友人は届出人にはなれません
どんなに仲の良い関係であっても、友人・知人は届出人にはなれません

 

よくあるご質問

Q.喪主は兄ですが、妹の私が届出人でも大丈夫?
A.問題ありません。喪主が遠方にお住まいで到着が遅れる場合は、その他のご家族様が届出人となり、手続きを進めます。

Q.死亡届は、家族が役所へ提出するの?
A.死亡届の記入項目は、届出人が自筆記入しますが、役所への提出等はスタッフが代行いたします。

Q.内縁の妻は、届出人になれる?
A.内縁の妻は届出人にはなれます。しかし、原則として内縁の妻には「遺産の相続権」がありません。故人様の遺産は血縁関係のある親族の共有財産です。そのため、安易に故人様の遺産から葬儀費用を出すことは止めましょう。十分に話し合う必要があります。

 

お葬式のご依頼・ご相談

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

最短30分で、ご指定の場所へお迎え
葬儀式場(斎場)・火葬場の予約受付

お葬式相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

経験豊富な葬儀プランナーがお答えします。
お葬式に関するどんな小さなお悩みでも、
お気軽にご相談ください。

お葬式対応エリア
  • 堺市全域(堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区)
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など