MESSAGE / すべての方へ

お葬式の最短日程

通常のお葬式(通夜・告別式の2日間:家族葬・一般葬)の他に、1日葬(告別式のみ)、直葬(火葬のみ)もあります。

どのお葬式をご希望の場合でも、最短日程には必要な条件があります

最短日程で行うための条件

まず、お葬式・火葬を最短日程で行うためには、下記の条件を満たす必要があります。

  • 死亡診断書の受取り
  • 役所手続き(死亡届の提出・火葬許可証の発行)
  • 葬儀式場の空き状況(ご自宅以外の場合)
  • 火葬場の予約
  • 火葬時に死後24時間が経過している
  • お寺様の都合(無宗教以外の場合)
  • ご親族の都合

この中で、希望通りに進まない可能性が高い項目は、【葬儀式場の空き状況・火葬場の予約・お寺様の都合】の3つです。

これらの条件をクリアできたと仮定して、「通常のお葬式」・「1日葬」・「直葬」それぞれの一般的な最短日程についてご説明します。

 

通常のお葬式(お通夜・告別式)の場合

最短日程は3日

亡くなられた日の翌日にお通夜、翌々日に告別式・火葬というスケジュールが最短です。

MEMO
条件が整えば、【死亡日にお通夜、翌日に告別式】と最短2日で行えます。例えば、早朝に亡くなり、葬儀式場とご親族、僧侶の都合が合い、翌日の火葬場予約が取れた場合ですが、非常に稀なケースです。

 

1日葬(告別式のみ)の場合

最短日程は2日

亡くなられた日の翌日に告別式・火葬というスケジュールが最短です。お通夜を行わない分、時間的な余裕は少しあります。

 

直葬(火葬のみ)の場合

最短日程は2日

亡くなられた日の翌日に火葬というスケジュールが最短です。

注意
火葬のみをご希望であっても、その日(死亡日)に火葬は行えません。法律により、死後24時間以上経過が条件です。

 

状況によって最短日程は変わります

あくまで、スムーズに条件が整った場合の日程をご説明しましたが、希望通りに条件がぴったり整うことも多くありません。

火葬場が混雑しているというケースが多いですが、死亡診断書の発行が遅れたために日程を延長したケースもあります。実際には、上記最短日程に1日追加した日程が多いです。

スタッフ

一般的に、お亡くなりになった日を含めて、3~4日でお葬式が終了とお考えください。

 

死亡時刻と火葬場の都合で1日延長する場合もあります

例えば、1日葬や直葬(火葬のみ)がご希望だったとします。死亡時刻が17時の場合、最短で24時間後の翌日17時に火葬が行えます。

しかし、一般的に火葬場は【10~16時】までの受付のため、17時では火葬が行えません。そのため、最短の火葬は1日延長した翌々日になります。

MEMO
死亡時刻が16時を超えている場合、最短の火葬は翌々日になります。

 

よくあるご質問

Q.火葬場が混んでいる場合、何日待ちますか?
A.大阪府内の火葬場では、混雑時でも翌々日に火葬場の予約が取れる場合が多いです。

Q.公営の斎場(葬儀式場)を希望していますが、混みますか?
A.近年公営斎場は人気ですが、混み具合はバラバラです。

 

お葬式のご依頼・ご相談

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

最短30分で、ご指定の場所へお迎え
葬儀式場(斎場)・火葬場の予約受付

お葬式相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

経験豊富な葬儀プランナーがお答えします。
お葬式に関するどんな小さなお悩みでも、
お気軽にご相談ください。

お葬式対応エリア
  • 堺市全域(堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区)
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など