MESSAGE / すべての方へ

遺骨は必ず収骨しないとダメ?

数多くあることではありませんが、様々な理由で「収骨(お骨上げ)をしたくない」と希望される方もいらっしゃいますので、ご説明いたします。

注意
このページでのご説明は、【お葬式(火葬)には関与するけれど、遺骨は不要な方】の場合です。

原則は、収骨が必要です

原則は、ご家族様が遺骨を収骨して持ち帰りますが、収骨拒否(遺骨を引き取らない)が可能な火葬場もあります。大阪市・堺市では、収骨拒否が可能です。

収骨の基礎知識

細かな歴史は省きますが、基本的に関西では【部分収骨】です。収骨で残った遺骨を火葬場(自治体)が供養する習慣があり、その為に収骨拒否も可能です。

反対に、関東では【全収骨】です。遺族が全遺骨を持ち帰ることが原則のため、収骨拒否ができません。

MEMO
各自治体には「火葬場条例」があり、「焼骨の引取り(収骨)」に関する項目があります。各市町村の公式HPで条例が公開されていますが、非常に分かりづらいです。地元の葬儀社に相談する方法が一番です。

 

大阪市・堺市では、収骨拒否が可能です

大阪市・堺市の火葬場の場合、ご遺骨の収骨拒否は可能です。申請書類に署名・捺印すれば、各火葬場で全遺骨を供養処分してくれます。申請書類の記入は、「喪主」や「死亡届の届出人」が行います。ただし、後日訂正は一切不可能ですので、ご注意ください。

大阪府内すべての火葬場で収骨辞退の書類を提出した経験が無いため、絶対ではありませんが、関西圏の様に部分収骨が一般的な地域では、基本的に収骨拒否が可能かもしれません。

残った遺骨は市町村が供養

収骨されずに残った遺骨は、各市町村で供養していただけます。自治体の納骨堂・無縁墓・提携寺院内の供養塔などに埋葬されます。

大阪市の場合は、大阪市立瓜破斎場内(大阪市平野区)にある供養碑へ。堺市の場合は、提携先寺院の供養塔へ納められます。

収骨されない様々な理由

収骨されない方の理由は様々です。

  • 経済的な理由で遺骨の供養ができない
  • 故人との関係があまり良くない
  • 故人とは遠い親戚で納骨までは面倒がみれない

このページをご覧の方も、様々な理由をお持ちだと思います。どんな小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。

 

収骨拒否できない市町村もあります

全国にはご遺骨の収骨拒否(遺骨を引取らない)が不可能な地域もあります。関東地方の様に、全収骨が前提の火葬場では、基本的に収骨拒否ができない可能性が高いです。参考:東京都・神奈川県・千葉県…
この場合は、必ず収骨してお墓や納骨堂などに納骨、または散骨する必要があります。

永代供養の納骨堂・合祀墓、散骨業者などはインターネットで検索すれば見つかります。大阪府の場合ですと、一心寺さん(大阪市天王寺区)が有名です。

 

ご希望の方は、火葬前にご相談ください

収骨を希望しない場合は、事前に必要書類に記入していただく必要があります。各市町村条例につきましても、詳細をご確認いたしますので、スタッフにご相談ください。

 

よくあるご質問

Q.収骨をしない場合でも、火葬場へは行くべきですか?
A.どちらでも結構ですが、火葬炉までお見送りされる方が多いです。

Q.少量だけ遺骨が欲しいのですが…
A.少量だけをご希望の場合、2寸(湯飲み程)の小さなお骨壺をご利用ください。

Q.収骨拒否をする場合、特別に市町村に支払う費用が必要ですか?
A.いいえ、火葬料金以外に特別に費用は必要ありません。

 

お葬式のご依頼・ご相談

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

最短30分で、ご指定の場所へお迎え
葬儀式場(斎場)・火葬場の予約受付

お葬式相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

経験豊富な葬儀プランナーがお答えします。
お葬式に関するどんな小さなお悩みでも、
お気軽にご相談ください。

お葬式対応エリア
  • 堺市全域(堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区)
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など