MESSAGE / すべての方へ

香典返し

香典返し

四十九日法要に合わせて準備。商品の金額は、半額(半返し)が基準です

香典返し(こうでんがえし)は、葬儀時に御香典をいただいた方やお世話になった方、供物・供花をいただいた方へ、感謝の気持ちを添えてお礼の品物を贈ります
また、四十九日法要(忌明け法要)が滞りなく終わりましたという報告の意味も含まれています。

一般的に香典返しに贈る品物は、石けん・ハンカチ・タオル・シーツ・銘茶などが用いられてきましたが、現在では生活意識が変わってきていますので、必ずしもこれにこだわることはありません。

香典返しは、喪主またはご遺族の方が一軒ずつ訪問して、直接お渡しするのが望ましいですが、最近では品物に 「挨拶状」 を添えて送ることが一般的です。本来、訪問して渡すべきものですので、必ず挨拶状を添えて送ります。

お品物は、包んだ上に「のし(外のし)」を付け、表書きは「志」または「満中陰志」とするのが一般的です。

お葬式終了後はいろいろと手続きが重なり非常に忙しいと思いますが、お香典を頂いた方は四十九日法要を行う1週間前を完了の目安に少しずつ香典返しの手続きを進めていきましょう。

最近は、御香典辞退が一般的

最近のお香典事情

最近では、家族葬が主流となり「御香典をご辞退するお葬式」が一般的です。
しかし、これは “一般参列者からの御香典をご辞退” ということです。ご親族から御香典は多くの方が受け取られています。

香典辞退

御香典は葬儀費用に充てることができるメリットはありますが、香典辞退の背景には

  • 「香典返しの手続きが大変」
  • 「頂いた相手側に不幸があれば、こちらも御香典を持って行かなければ」

などの心的負担も要因としてあります。

本来、御香典は助け合いという意味合いもありますので、一方的に辞退するのではなくお住まいの地域性や慣習なども考慮する必要があります。

 

四十九日法要の1週間前までに手配完了

香典返しの準備

香典返しは、基本的に四十九日法要(お亡くなりになった日から数えて49日目)を行った「当日」または「2~3日後」に先方へ品物をお届けするように準備をします。

葬儀後は、役所関係などの手続き(年金・名義変更など)でお忙しいと思いますが、四十九日法要を行う日の一週間前を手配完了の目安にし、香典帳の整理・品物の選択を少しずつ進めていきましょう。

「松の内」は控える
香典返しは、松の内(関西:元旦~1月15日、最近では1月7日までの認識が一般的)の時期は贈るのを控え、明けてから贈ります。

 

実際には、49日目 “前” の土日祝日

四十九日法要は49日目前の土日祝日

最近では、命日から数えて49日目ちょうどに四十九日法要(忌明け法要)を行うことは少なくなりました。

ほとんどの場合、49日目は平日となりますので、 実際には、ご家族・親戚が集まりやすい49日目 “前” の土日祝日に行います。命日から数えますので、準備期間としてはお葬式終了から30日未満という場合もあります。

四十九日法要は49日目前の土日祝日

3か月をまたぐ場合

49日目を迎えるまでに「3カ月」をまたぐ場合、「始終、苦(49)が身に付く(3月:みつき)」といういわれを嫌って35日前後の土日祝日に忌明け法要を行う方もいらっしゃいます。

ご予約は出来るかぎり早く

四十九日法要までは想像以上に期間が短いとお考えください。
また、土日祝日の仏事料理店は、法事・法要のご予約で埋まってしまいます。四十九日法要の場所・日時は、できるだけ早い決定&予約をおすすめします。合わせて、お寺様のご都合も聞いておきましょう。

 

香典返しの「金額」=半返し

香典返しは、基本的に【半返し(はんがえし)】と言われ、頂いた金額の『3分の1~2分の1』程度の金額の品物を贈ります。

しかし、厳密な決まりはありません。その後のお付き合いなどを考慮し、相手側が負担にならない程度、受け入れやすい品物にして感謝の気持ちを伝えることが重要です。

地域の慣習も考慮

地域の慣習で香典返しが必要ない場合や、最初からお返しを辞退される方もいらっしゃいます。品物を贈るよりも心からお礼を述べることがよい場合もあります。

MEMO
自治会などからの御香典に関しては、基本的に香典返しは必要ありません。しかし、地域の慣習もありますのでご近所の方などへご相談ください。

 

大切な人への贈り方 心を包むカタログギフト

香典返し・カタログギフト

心を包むカタログギフト

カタログギフトデザイン

最新の傾向として、香典返しに「カタログギフト」を選ばれる方が増えています。
新家葬祭がご提案する香典返しは、贈られた方がお好きな商品を選べるカタログギフトを高級感のあるファイルに入れてご依頼先へお贈りします。

価格ラインナップは、2,600円~50,600円まで13種類を取り揃えていますので、頂いた御香典の金額に幅広く対応可能です。また、年齢・性別に関わらずセレクトしていただけるバリエーション豊な商品をご用意しています。

 

バリエーション豊かな商品

商品サンプル

グルメ・コスメ・ファッション・コスメ・インテリア雑貨・体験コース・日帰り入浴+お食事券・温泉宿泊+お食事券などバリエーション豊な商品をご用意しました。

ご家族・年齢・男性女性に関わらずセレクトしていただけます。

商品サンプル

商品1

商品2

商品3

商品4

商品5

 

グルメ+選べるお飲み物

グルメ+選べるお飲み物

贈る方が選んだこだわりのグルメと、贈られた方がお好きなお飲み物をお選びいただけます。
地ビール・世界のビール・ワイン・日本酒・洋酒・焼酎・紅茶・コーヒー・ジュース・果実酒など、厳選されたお飲み物を多数ご用意しました。
「厳選グルメ+お好きなお飲み物をセレクト」。今までにない新しい贈り物です。

グルメ+選べるお飲み物2

 

ご注文から商品お届けまで

ご注文方法

ご予算や目的に合わせて、申込用紙にご記入いただくだけで手続き完了。簡単にカタログギフトをご利用いただけます。

ご記入項目

  • 相手先様のお名前・住所・電話番号
  • お届けする商品(金額)・数量
  • 挨拶状のデザイン
MEMO
お急ぎの方には、最短3日で対応いたしますが、お届け希望日までに余裕をもってお申し込みください。

お届けまで

 

価格ラインナップ

商品ラインナップ

頂いたお香典に合わせて、13コース(金額)の中からご希望の価格をお選びいただけます。
※ 別途消費税がかかります。
※ お届け先1件につき配送料:300円(税別)がかかります。
※ ご注文者様のご自宅へお届けの場合は、送料が無料です。

商品価格帯

■ 2,600円 ■3,100円 ■3,600円 ■4,100円
■4,600円 
■5,600円 ■8,600円
■10,600円 ■15,600円 ■20,600円

■25,600円 ■30,600円 ■50,600円

 

挨拶状デザイン+熨斗(のし)

挨拶状

挨拶状2

香典返しは、本来1件ずつ訪問して直接お渡しすべきものですので、必ず「挨拶状」を添えて送ります。
お品物は、包んだ上に「のし(外のし)」を付け、表書きは「志」または「満中陰志」とするのが一般的です。

【■ 奉書(ほうしょ) / ■ 挨拶カード】どちらかのタイプをお選びいただけます。
挨拶文面は一般定型文など、数種類からお選びいただけますが、オリジナルでも作成可能です。

 

香典返しについてよくあるご質問

Q.手続きは簡単ですか?
A.はい。お客様にご記入いただく項目は、「相手先様のお名前・住所・商品番号・金額・数量」のみです。必要な個数をご注文ください。

Q.商品はどんなものがありますか?
A.ブランドアイテム、和・洋・中華など多種多様な厳選グルメ、インテリア雑貨・旅行・レジャー体験など男性女性ともに幅広い年齢層に対応した豊富な商品を取りそろえています。

Q.いつまでに手続きを完了すればいいですか?
A.相手先様へ商品をお届けしたい日(到着日)の1週間前までに完了されることをおすすめします。

Q.最短で届けてほしいのですが
A.時間帯にもよりますが、最短2日でお届けも可能です。

Q.お支払方法は?
A.商品到着日以降に、請求書を発行させていただきます。内容をご確認いただき、現金または銀行振込にてお支払ください。

お問い合わせ

香典返し(カタログギフト)は、お近くの百貨店・インターネット・街のギフト屋さんでも対応していただけます。
高齢で足が不自由な方やお車などの移動手段がない方、お仕事で時間がない等の理由で、実店舗へ行けない方は、新家葬祭までお気軽にお問い合わせください。
ご希望の日時に、ご自宅までカタログ・申込用紙などをスタッフがお届け致します。その後の商品発注手配などもお任せください。

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

ご相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

お葬式後のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
専門家(行政書士・司法書士)への無料相談もご利用ください。

対応エリア
  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など