MESSAGE / すべての方へ

四十九日法要(忌明け法要)

四十九日法要(忌明け法要)

四十九日法要は、命日から数えて49日目に行う法要です。しかし、49日目は平日に当たることが多いため、実際にはご遺族が集まりやすい49日目【前】の土日祝日に行われます

命日~49日までを「忌中(きちゅう)」や「中陰(ちゅういん)」といいます。また、四十九日法要で忌中や中陰が終わるので、「忌明け」や「満中陰」といいます。

「なぜ、49日か?」というと、故人様は7日毎に閻魔大王の裁判を受け、7回目の裁判で極楽浄土に行けるかの最終判決を受けるとされています。

そのため、7日×7回=49日です。

  • 初七日(しょなのか)=7日=初七日法要
  • 二七日(ふたなのか)=14日
  • 三七日(みなのか)=21日
  • 四七日(よなのか)=28日
  • 五七日(いつなのか)=35日
  • 六七日(むなのか)=42日
  • 七七日(なななのか)=49日=四十九日法要

ご遺族は7日毎に供養し、最後の49日目の法要(四十九日法要)を最も大切な法要として行います

お葬式終了から1か月程ですが、葬儀後は生活環境が変わったり、手続きなどで非常に忙しく、想像よりも早く時間が過ぎますので、早めの準備がおすすめです。

スタッフ

宗派や寺院によっては、命日の前日から数える場合があります。
また、一周忌までの期間を喪中(もちゅう)いいます。
MEMO
初七日法要は、告別式と同日に繰上げる(=お葬式と一緒に済ませる)ことが一般的です。
MEMO
お葬式時に「御香典」を頂いた場合は、「香典返し」をすることがマナーです。
頂いた金額の半額程度の商品を相手様へ贈ります。

香典返しの準備香典返しの準備

四十九日法要を行うか?行わないか?

最近では、家族葬や直葬、無宗教でのお葬式も増えています。中には、菩提寺(お付き合いのある寺院)がない方も多くいらっしゃいます。

基本的にはご家族様の自由ですが、菩提寺がある場合は四十九日法要を行う流れになると思います。具体的な日程や内容は、菩提寺とご相談ください。

無宗教の方の場合

「無宗教」でお葬式を行った方や、「当社の僧侶紹介」をご利用された方は、特定の寺院とお付き合いがありません。そのため、お葬式後の法要を行わない方も多いです。

もちろん、ご家族様だけで行うことも良いと思います。ご自宅やホテルなどを予約し、会食+納骨を行います。

スタッフ

ご希望の場合は、法要時だけの僧侶紹介も承ります

 

49日目前の土日祝日

本来、命日から数えて49日目ぴったりに行う法要ですが、多くが平日になりますので、一般的には49日目前の土日祝日に行います。

まずは予定日を決めて、ご家族・親族に連絡をしましょう。参加人数を把握した上で、法要場所を決定する方が決めやすいと思います。

注意
49日を過ぎてはいけません。必ず49日目までに行います。
MEMO
49日目が3月(みつき)をまたぐ時。
例えば、命日が1月23日の場合、49日目は3月12日になります。1・2・3月と3月をまたぎます。
この時、「始終、苦が(49)身につく(みつき)」という言われを嫌って、35日前後の2月中に法要を行う方もいます。

 

法要場所

法要の場所は、ご家族・親族の集まりやすい場所にしましょう。一般的には、ご自宅・寺院・お近くの仏事料理店、ホテルでの法要も可能です。

最近は、少人数での法要が多いため、ご自宅で行う方が多いです。

  • ご自宅
  • 寺院
  • 仏事料理店
  • 霊園内の施設

予約はお早めに

仏事料理店やホテル、霊園施設などを利用する場合は、早めの予約がおすすめです

特に、お盆(8月)やお彼岸(3月・9月)の時期と重なると、予約が取りにくくなります。またその時期は、僧侶も法事が多くなりますので、早め早めの予約が必要です。

 

四十九日法要の基本的な流れ

法要当日は現地集合し、僧侶を迎え、法要(読経・お焼香・法話)開式です。

納骨を行う場合は、法要終了後にお墓へ移動し納骨式を行います。納骨が終了後に会食(ご自宅または仏事料理店など)です。

僧侶が会食に同席されるかは、事前の打ち合わせ時に確認しましょう。

  • STEP.1
    法要場所に集合
    必ず僧侶より先に到着しましょう。
  • STEP.2
    僧侶到着
    喪主が代表して挨拶をします。
  • STEP.3
    法要開式
    読経・お焼香・法話。約1時間ほど。
  • STEP.4
    ※納骨
    お墓へ移動し納骨。
  • STEP.5
    会食
    お食事終了後、解散。

 

準備するモノ

基本的なものは、

  • 遺影写真
  • 遺骨
  • 埋葬許可証(納骨する場合)
  • 白木位牌
  • 本位牌(黒塗り位牌)
  • お供え物
  • お花
  • 御布施など

になります。

忘れ物が無いように前日に再度確認しましょう。
※寺院が供物を用意し、後で喪主が支払う場合もあります。
※必要なモノは宗派により異なります。菩提寺(お付き合いのある寺院)へお問い合わせください。

本位牌(黒塗り位牌)について

お葬式で使用した白木位牌から本位牌(黒塗り位牌)へと切り替えます。白木位牌は僧侶が持ち帰り、お炊き上げで供養してくれます。

本位牌の完成には最低でも1週間~10日は必要ですので、お早めに仏壇店などにご相談ください。
※浄土真宗の場合、本位牌ではなく「過去帳(かこちょう)」というものを使用します。

スタッフ

最近では、黒塗り以外に、オシャレで可愛いデザインの位牌もあります
気に入ったものを購入されても良いと思います。

服装について

特に決まりはありませんが、略礼装(色は黒)が基本です。主に男性はスーツ、女性はワンピース・アンサンブルを着用します。学生は制服で構いません。

ご家族だけの場合は、落ち着いた色の平服(普段着)で行う方もいらっしゃいます。

参加者への引き出物について

参加者にお持ち帰りいただく引き出物(返礼品)の用意も考えましょう。食べ物・お茶・タオル等、かさばらない軽い品物にします。

熨斗は、弔事の水引に表書きを「粗供養」または「志」とします。会食を用意している場合は、3,000円~5,000円の範囲が一般的です。

参加者が、車や公共交通機関を利用しているのかを考慮し、帰りに負担にならない品物にしましょう。

また、法要当日に持参いただいた供物を人数分に分けてお持ち帰りいただく地域もあります。
参加者が多数の場合は、あらかじめ「供物を辞退する」こともを連絡しましょう。

MEMO
ご家族や親しい親族のみの場合は、あえて引き出物を用意しない場合もあります。
ただし、目上の方が来られる場合は用意することをおすすめします。

 

法要と一緒に納骨をする場合

四十九日法要と一緒に納骨を行う方も多いですが、納骨の時期は自由です。

一周忌や記念日など、お好きな時期に納骨をしても良いと思います。それまでは、ご自宅でお祀りください。

注意
納骨を行う場合は、できるかぎり早く(最低でも1週間前までに)霊園の管理事務所や僧侶へ連絡をしましょう
合わせて必要な書類や名義変更手続きもご確認ください。

 

僧侶への御布施

御布施(僧侶へのお礼)の金額は、平均3~5万円程だと思います。封筒の表書きは「御布施」とします。詳細は僧侶(菩提寺)へお問い合わせください。

遠方から来ていただく場合は「お車代」・会食されない場合は「お膳料」として、各5,000円~10,000円をお包みします。

あくまで一般的な金額ですので、お寺様によっては一切受け取らない場合もありますし、納骨式を行っても、別途に請求しない場合もあります。ただし、お渡しする前提で用意はしておきましょう。

スタッフ

はっきりと金額を尋ねても失礼には当たりません。迷った場合は聞いてみましょう。

 

お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

ご相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

お葬式後のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
専門家(行政書士・司法書士)への無料相談もご利用ください。

対応エリア
  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など