MESSAGE / すべての方へ

葬儀後の手続き

葬儀後の手続き

必要な手続きは、人それぞれ。困った時は専門家への依頼もおすすめです

お葬式後には様々な手続きがあります。代表的な手続きでイメージされやすいものは、遺族年金や生命保険、預貯金など相続した財産の名義変更だと思います。

確かに、お葬式後にやるべき届出・手続きは数多くありますが、大きく分けて2種類です。

1.生活環境の変化に関する手続き

世帯主の変更、ライフラインの名義変更、遺族年金など

2.故人の遺産相続に関する手続き

相続財産と相続人の調査、相続放棄、相続税の申告など

上記の手続きを行う中で、「納骨や四十九日法要、香典返し」等の準備も進める必要がありますので、お葬式終了後の数か月間は、想像以上にお忙しいと思います。

簡単に電話やインターネットで済む手続きもありますが、基本的には市役所・年金事務所などでの手続きが必要です。役所で戸籍を集めて、申請用紙をもらって、また役所へ行って、ミスがあればやり直し……そんな繰り返しです。

役所以外に年金事務所や法務局、税務署での手続きもあります。不慣れな手続きの連続で、時間も労力も必要です。費用はかかりますが、無駄なく安心して手続きを完了させたい方は、専門家への依頼もおすすめです。

こんな方は専門家への依頼がおすすめです
  • 平日は仕事などで作業をする時間がない
  • 身体が不自由なので、役所などに行けない
  • 複雑で難しい手続きはプロに任せたい
  • 親族間でトラブルが起きる可能性がある
  • すべての財産を相続放棄したい

スタッフ

お葬式後の手続きは、人それぞれです。該当する手続きを1つ1つ完了させていきましょう。
部分的に専門家に依頼するのも1つの方法です
MEMO
必要な手続きは、ご家庭や相続人の状況によって異なります。
数種類で済む方もいれば、数十種類の手続きが必要な方もいらっしゃいます。

お葬式終了後~届出・遺産相続終了までの流れ

お葬式終了後の手続きは、まず身近な生活に関係するものを優先して進めましょう。世帯主の変更やライフライン(電気・水道など)の名義変更、健康保険関係です。
必要のないサービス(新聞など)の解約も忘れずにしましょう。

その次に進めるのは、遺産相続です。
注意点は、「相続するか?放棄するか?」を3か月以内に決定する必要があります。

つまり、それより前に【相続財産を調査して、法定相続人を確定(故人の戸籍調査)】する必要がありますので、できる限り早く取り掛かりましょう。

遺言書が見つかった場合
遺言書がある場合は、基本的に遺言書の内容で相続を進めます。
また、家庭裁判所で検認という手続きも必要です。
注意
相続放棄をする場合は、相続開始(死亡を知った日)から3か月以内に家庭裁判所への申立てが必要です。

一般的な流れ

  • STEP.1
    お葬式
    お通夜・告別式・初七日法要など。
  • STEP.2
    ライフライン関係
    世帯主の変更・電気・水道などの名義変更。
  • STEP.3
    健康・介護保険関係
    健康保険証の返却と加入。
  • STEP.4
    年金関係
    年金給付の停止・遺族年金・未支給年金などの手続き。
  • STEP.5
    遺言書や相続財産の調査
    遺言書の有無、故人の財産と相続人の確定。
  • STEP.6
    四十九日法要
    ※法要を行わない方もいらっしゃいます。
  • STEP.7
    3か月以内に相続するか?を決定
    ※3か月以内 故人の遺産を相続するか?相続放棄するか?を決めます。
  • STEP.8
    遺産分割協議
    「誰が、何を、どれだけ相続するか?」の話し合い。
  • STEP.9
    名義変更
    相続した遺産の名義変更手続き。
  • STEP.10
    相続税の申告・納付
    10か月以内(※必要な場合のみ)。

スタッフ

相続するか?放棄するか?の期限である3か月間が最初のポイントです。
ですので、お葬式終了後の3か月間は色々と同時進行で非常に忙しくなります

生活関係に関する手続き

期限が短いものもいくつかありますが、それ以外は比較的長期間のものが多いです。重要なもの(遺族年金など)以外は急がなくても良いと思いますので、1つ1つ済ませていきましょう。

期限が短いもの
世帯主の変更届:14日、年金給付の停止:10日、健康保険証の返却:14日
詳細内容
  • 世帯主の変更届
  • ライフライン関係の名義変更
  • 運転免許証やパスポートの返却
  • クレジットカードの解約
  • 契約・会員サービスの解約
  • 健康保険証の返却・加入
  • 遺族年金・未支給年金
  • 生命保険菌(死亡保険金)の請求
  • 団信(住宅ローンの返済)
  • 葬祭費や埋葬料(補助金)の申請
  • 高額医療費の申請
  • 故人が会社員だった場合

■その他

  • 児童扶養手当
  • 復氏届(旧姓に戻る)
  • 婚姻関係終了届(配偶者の血族との縁を切りたい場合)
遺品整理

公営団地などからの退居には、家財類の整理が必要です。
また、お引越しや介護施設入居の際などに必要な場合もサポートいたします。

遺品整理遺品整理

遺産相続に関する手続き

被相続人(故人)の遺産相続や相続放棄に関する内容は「アフターサポート:遺産相続」をご覧ください。

遺産相続遺産相続

納骨や法要関係

納骨時期はご家族様の自由です。四十九日法要と一緒にという方も多いですが、お好きな季節や記念日に納骨するのも良いと思います。

また、最近では法要を行わない人もいます。ご親族様や菩提寺とご相談ください。

詳細内容
  • 納骨・お墓の名義変更
  • 法要(四十九日法要)
  • 香典返し
  • 喪中はがき
  • 改装(お墓の引っ越し)・墓じまい

 

相続税が心配

故人の遺産を相続すると「相続税を支払わないと…」・「いくら支払うんだろう?」と心配されるかもしれませんが、ほとんどの方が相続税は0円です。国税庁の平成28年度データでは約8%ほとです。
相続税には基礎控除額があり、「相続財産<基礎控除額」であれば相続税を支払う必要はありません。

 

相続トラブル

相続での主なトラブルは、【遺産分割】です。
遺産を自由に分割できれば問題も少ないと思いますが、相続財産には【分割できるモノ】・【分割できないモノ】があります。

現金や預貯金は分割可能ですが、不動産(土地・家屋)は自由に分割ができません。そして、遺産の大部分が不動産というケースが多いため、争いが起こります。

スタッフ

実際には、ほとんどの遺産を配偶者が相続するご家庭が多いです。
もし、何かお困りの場合には専門家をご紹介いたしますので、無料相談をご利用ください。

 

専門家に依頼する

長年音信不通だった、離婚・再婚をされている場合など、ご親族でも故人の詳しい生活状況が分からないケースもあります。
この場合、どんな遺産があって、法定相続人が誰になるのかがよく分かりません。

「後から借金が出てくるのが嫌だし、トラブルに巻き込まれるのも嫌だから」と相続放棄を依頼される方もいらっしゃいます。

手続きに行く時間が無い、複雑な事はプロに任せたい等の理由はもちろんですが、ご不安な要素がある場合は、相続スタート時点で専門家へ相談されることがおすすめです。お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

ご相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

お葬式後のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
専門家(行政書士・司法書士)への無料相談もご利用ください。

対応エリア
  • 堺市全域(堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区)
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など