MESSAGE / すべての方へ

お香典(御香典)

都市部では、年々ご辞退傾向です。
頂いた場合は、「香典返し」の準備。

香典とは、■「香=お線香」 ■「典(奠)=霊前に供える金品」。つまり、「お線香の代わりに霊前に供える金品」のことです。昔、お香典はご近所同士で食べ物を持ち寄ることを意味しましたが、明治時代以降に金銭でのお香典が一般的になりました。

本来、お香典にはお互いにお葬式費用を出し合う「相互扶助の目的」もあります。しかし、現在ではご辞退される傾向が年々強まっています

その理由として、「時間を割いて参列いただいているのに、さらに負担をかけたくない」というご遺族の気持ちが含まれています。

自治会・ご近所へ連絡をしない家族葬や小さなお葬式が主流となってきていますので、今後さらに辞退される傾向が強まると予想されます。

御香典は、「ご辞退」が一般的

御香典は基本的にご辞退されています

最近では、「御香典ご辞退」のお葬式が一般的です。
特に関西圏(主に都市部)は、その傾向が強いというデータもあります。私たち新家葬祭がお手伝させていただいたお葬式の場合でも、ほぼ100%ご辞退されています。

しかし、これはご家族・親族以外の “一般参列者(友人・会社関係など)からの御香典をご辞退” ということです。ご親族からのお香典は、多くの方が受け取られています。

香典辞退

メリット・デメリット

御香典の振り分け

お香典は、「葬儀費用の一部に充てることができる」というメリットはあります。しかし、一般の方からの御香典を辞退する背景には「参列者に負担をかけたくない」という反面、「香典返しの手続きが大変」・「頂いた相手側に不幸があれば、こちらも御香典を持って行かなければ」という心的負担を避けたい理由もあります。

スタッフ

一方的に辞退するのではなく、お住まいの地域性や慣習なども考慮しましょう

 

地域ごとの慣習・決まりごとは大切

地域により特色があります

都心部では香典辞退が一般的です。しかし、お葬式の慣習には “地域差” があり、大阪府内でも御香典を受け取る地域はあります。

特に、自治会(町会)が参加のお葬式では御香典の代わりに 「供花」や「紙樒」を受け取るなど、いろいろと決まり事もあります。

地域の慣習も考慮しましょう

老人会や隣組からの御香典は必ず受け取る決まりなど、地域特有の決まり事は無理に拒まずに受け取ることが一般的です。一方的にすべてを拒否するのではなく、地域の慣習を考慮することも重要です。

MEMO
ご親戚の方が、「香典受取りが常識である地域」にお住まいの場合、香典辞退に対して強い違和感を抱く方もいらっしゃいます。故人の遺志や地域の特性を踏まえてご説明ください。

 

「香典辞退」 の連絡

お香典をご辞退される場合には、訃報の連絡(お亡くなりになったことや、葬儀日時・場所などの案内)の際に、香典辞退を伝えましょう。

FAXやメール連絡の場合も、
「故人の遺志により、誠に勝手ながら、御香典・御供花の儀は固くご辞退申し上げます」などを必ず記載しましょう。式場受付にも「御香典ご辞退の看板」をセッティングいたします。

もし、直接渡しに来られた場合は、「故人の遺志によりお香典はご辞退しております。お気持ちだけありがたく頂戴いたします。」とお伝えすればお相手もご理解いただけると思います。

 

御香典を頂いた場合は、「香典返し」の準備

香典返し

御香典を頂いた場合は、「香典返し」の準備を進めます。
香典返しは、四十九日法要(命日から数えて49日目に行う法要=忌明け法要)の当日または2~3日後に先方へ品物が届くように手配します。

品物の金額は「半返し」

香典返しの品物の金額は、頂いた御香典の「3分の1~半額程度」の品物です。
また、自治会などからの御香典に関しては、基本的に香典返しは必要ありませんが、地域の慣習もありますのでご近所の方などへご相談ください。

お葬式終了後から49日目まで約1か月強の期間がありますが、実際には、49日目ちょうどに行わず、ご親戚が集まりやすい49日目 “前” の土日祝日に行いますので、短いと40日未満の場合もあります。

MEMO
お葬式後の手続き(名義変更など)と並行して準備を進めることになりますので、四十九日法要の1週間前を完了目安とし、早い準備がおすすめです

 

よくあるご質問

Q.どの位の割合で、香典辞退されていますか?
A.当社がお手伝させていただいたお葬式の場合では、ほぼ100%の方がご辞退されています。辞退される傾向は、都市部を中心に広がっています。

Q.親族からの御香典は受け取るの?
A.お付き合いの度合い等にもよりますが、一般的にご家族・親族からの御香典は受け取られています。

Q.自治会などからの御香典は、お断りしても良いですか?
A.葬儀に関する慣習には地域差があります。地域での決まり事は、無理に拒まずに受け取ることが一般的です。詳しい慣習は、親しいご近所の方に相談されることをおすすめします。

 

まとめ

  • 家族葬が主流となり、御香典をほとんどの方がご辞退されています。
  • 葬儀の慣習には地域差がありますので、お住まいの地域の慣習も考慮が必要です。
  • 御香典や供花などを辞退される場合は、訃報連絡の際に伝えておきましょう。

関連ページ

よく見られているページ・香典返し

よく見られているページ・葬儀費用

よく見られているページ・葬祭費(埋葬料)

お葬式費用を総額でお見積り

総額お見積り

新家葬祭では、必ず総額をご提示し、葬儀費用の不安がなくなるように努めています。
ご希望合わせて、お葬式の始めから終りまでに必要なすべての項目を含め【1円単位で “総額” お見積り】いたします。

お葬式のご依頼・ご相談

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

最短30分で、ご指定の場所へお迎え
葬儀式場(斎場)・火葬場の予約受付

お葬式相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

経験豊富な葬儀プランナーがお答えします。
お葬式に関するどんな小さなお悩みでも、
お気軽にご相談ください。

お葬式対応エリア
  • 堺市全域(堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区)
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など