MESSAGE / すべての方へ

友引(ともびき)

友引は縁起の悪い日ではありません。
お葬式(火葬)も行います。

手帳・カレンダーに「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」という文字を皆さんご覧になった経験があると思います。

これらは、六曜(ろくよう)といい、鎌倉時代末期頃に中国から伝来された占いの様なものです。かつては「即吉・共引・周吉・虚亡・泰安・赤口」でした(他説あり)。

友引≠友を引く

友引は、もともと「共引」と書き「共に引く=何も勝敗がつかない日」とされていましたが、時代とともに変化し「友引」になりました。文字から連想される「友を引く」の意味から、この日にお葬式(告別式:火葬を行う日)を避ける傾向が高まりました。

友引に火葬場が定休日の地域もあります

友引を避ける傾向に合わせて、全国には「友引に火葬場が定休日」の地域もあります。
火葬場がお休みですので、「友引の日には告別式(火葬)ができない」と思われている方も沢山いらっしゃいます。

このような地域が全国にどの位あるのか詳細はわかりませんが、多くが“民営”の火葬場だと思います。現在、火葬場は公営(各市区町村が運営)が一般的です。

スタッフ

少なくとも大阪府内では、友引=定休日という火葬場はないと思います。大阪市・堺市は1月1日のみお休みです。

友引でもお葬式は行います

友引でもお葬式は行います

友引にお葬式(告別式)を行っても、問題はありません
仏滅・友引など、仏教に関係があるように思いますが、単なる“当て字”で一切関係がないようです。お寺様も「何も問題ない。」とおっしゃいます。

宗派によっては、そもそも日々の吉凶を選ぶことに否定的です。別の角度で、友引を「お別れに来てくれる友人を連れて来てくれる」という考え方もあります。

六曜が、一般庶民の間でさかんに用いられたのは戦後です。
その流れで、日本では

  • 「結婚式は大安(何事にもよい日)」
  • 「お葬式は友引を避ける」

という根強い意識が残りました。

しかし、最近では多くの方は気にされません。友引に葬儀を避けるという概念が薄れています。世代によっては、友引自体をご存知でない場合もあります。

スタッフ

科学的根拠がない理由で、行政・公共機関が発行するカレンダーには六曜が記載されていません。

お客様の判断次第です

お客様の判断次第です

結婚式を仏滅(物事が滅する日)にあげる方もいらっしゃいます。
「占いは信じない」・「希望の葬儀ができればよい」・「それでも友引に葬儀は避けたい」など、最終的にはお客様の判断次第です。

友引を気にされない方の意見

  • 葬儀をトラブルなく行うことが、最優先。(50代/男性)
  • 家族みんなでお別れができれば、友引は関係ない。(30代/女性)
  • 六曜にはいろいろな解釈があると聞きました。(60代/男性)
  • 迷信だと思うので、特に気にしたことがありません。(50代/女性)

日程に無理が生じる可能性も

友引に葬儀を避ける問題点として、葬儀日程に無理が生じることもあります。
例えば、告別式を3日後に延長したり、反対に慌ただしくお亡くなりになった翌日の火葬(必要条件をクリアした場合)になることもあります。

また、「葬儀式場と火葬場の予約」も同時に考える必要があります。ご希望通りに予約が取れなければ、さらに日程延長になります。加えて、お寺様の都合も絡んできます。

MEMO
総合的に考え、友引をあまり意識されないことが現実的です。それでも友引を気にされる方には、「友引人形(身代わり人形)」をお棺にお入れします。

 

大阪府内の火葬場定休日

大阪府内の火葬場

火葬場の定休日

大阪府内の火葬場は、ほぼ100%公営です。各市町村が運営しています。
定休日は、基本的に【1月1日のみ】ですので、1月1日に火葬=告別式は行えません。

年末は、12月31日の告別式が最終

  • 29日:お通夜 / 30日:告別式(火葬)◯可能
  • 30日:お通夜 / 31日:告別式(火葬)◯可能
  • 31日:お通夜 / 1月1日:告別式(火葬)×不可能
MEMO
年末年始(12月31日、1月1日)にお亡くなりになった場合、最短で1月2日にお通夜、1月3日に告別式となります。直葬(火葬のみ)の場合は、1月2日の火葬となります。

大阪府内の火葬場定休日

堺市・大阪市

  • 堺市:堺市立斎場 1月1日
  • 大阪市:瓜破斎場 1月1日
  • 大阪市:北斎場 1月1日
  • 大阪市:鶴見斎場 1月1日
  • 大阪市:小林斎場 1月1日
  • 大阪市:佃斎場 1月1日

大阪府下・その他

  • 大阪狭山市:大阪狭山市立斎場 1月1日
  • 和泉市:いずみ霊園 1月1日
  • 富田林市:富田林斎場 1月1日
  • 岸和田市:流木斎場 1月1日
  • 河内長野市:金剛霊殿 1月1、2日
  • 泉大津市:ゆうしお 1月1、2日
  • 貝塚市:貝塚斎場 1月1、2日
  • 泉佐野市:壇波羅斎場 1月1日、2日

 

友引についてよくあるご質問

Q.友引を気にする人は、実際どれくらい?
A.ほとんどの方が気にされません。やはりご高齢の方が知識的にもよくご存知ですが、それでも気にされる方は5%未満になります。

Q.友引に「お葬式ができない」って、どういうこと?
A.友引に合わせて、火葬場が定休日の地域があります。「友引(の日)にお葬式ができない」とは、「火葬場が定休日で、火葬ができない」ということです。

Q.大阪府内の火葬場は、友引に利用可能ですか?
A.大阪府内の火葬場は、定期点検・年末年始以外は利用可能です。

Q.友引にお通夜はしますか?
A.友引にお通夜を行ってもは問題ありません。「友引の日にお葬式を避ける」とは告別式(火葬を行う日)を避けるということです。

Q.やっぱり友引が気になるけど、日程を考えると…
A.現実的には、友引を避ける日程には無理が生じます。どうしても友引が気になる方には、身代わりの意味で使用される「友引人形(約15cm)」をご用意いたします。

 

まとめ

  • 友引の日にお葬式(告別式)を行うことに問題はありません
  • 火葬場が定休日の場合に限り、告別式(火葬)が行えません。
  • 現実的には、友引を避ける日程には無理が生じる場合があります。

関連ページ

よく見られているページ・1日葬-Oneday

よく見られているページ・堺斎場

よく見られているページ・お葬式の流れ

お葬式費用を総額でお見積り

総額お見積り

新家葬祭では、必ず総額をご提示し、葬儀費用の不安がなくなるように努めています。
ご希望合わせて、お葬式の始めから終りまでに必要なすべての項目を含め【1円単位で “総額” お見積り】いたします。

お葬式のご依頼・ご相談

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

最短30分で、ご指定の場所へお迎え
葬儀式場(斎場)・火葬場の予約受付

お葬式相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

経験豊富な葬儀プランナーがお答えします。
お葬式に関するどんな小さなお悩みでも、
お気軽にご相談ください。

お葬式対応エリア
  • 堺市全域(堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区)
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など