お葬式相談室をご利用ください

訃報(逝去の連絡)

まずは簡潔に、詳細は後で。
事前に連絡範囲を決めておきましょう。

お亡くなりになった後、ご家族・親族、友人、会社関係などに 「訃報(ふほう)」の連絡をします。訃報とは 「誰かが亡くなったお知らせ」のことです

ご自宅などに故人様をご安置後、まずは故人と関係の深いご家族・親族に亡くなった事を連絡をします。この際、内容は簡潔にまとめ、葬儀の詳細は後で連絡をしましょう。

訃報の連絡範囲

スタッフ

訃報を知らせる範囲は、お客様の家族構成や交友関係によりますが、基本的には「お葬式の案内を出す人」と同意とお考えください。

訃報連絡の範囲

ご家族・親族など、お葬式にお呼びする範囲をご家族で相談しましょう。どこまでお呼びするかは、ご家族の判断次第ですが、お葬式後のお付き合いなども考慮することが大切です。

訃報連絡・参考

訃報の連絡範囲 サンプル

家族葬を希望される場合でも、遠方の親族などには訃報の連絡がマナーです。「故人の遺志により、家族葬で執り行いたいと思います。何卒ご理解ください。」と伝えましょう。

お葬式を済ませた後に、事後報告としてハガキなどで知らせる方もいらっしゃいますが、やはり親族には直接電話で連絡されることをおすすめします。

  • ご家族&親族: 兄弟姉妹・おじおば・孫・甥・姪など
  • 交友関係: 友人・知人・所属している趣味の会など
  • 会社関係: 勤務先・取引先など
  • 地域関係: 自治会・町内会など
  • 寺院(菩提寺): お付き合いのある寺院

まずは簡潔に、詳細は後で

ご家族・親族など、まずは “関係の深い方” への連絡が基本です。この時、亡くなったことを簡潔に知らせ『お葬式の日時・場所など、詳細が決定後に再度ご連絡をする』旨を伝えましょう。

未定項目が多い段階で知らせるのは、相手側も予定が立てづらく混乱を招きます。また、相手側もショックを受けますので、長電話にならない配慮も必要です。

MEMO
可能であれば、事前に故人の意思やお葬式の規模を考慮して「連絡先リスト」を作成しておくことが理想です。連絡漏れ防止、ご遺族の負担も軽減されます。

訃報に含む5つの内容

訃報の連絡をするときは、基本的に以下の5点を伝えます。

ご自身が想像以上に動揺している場合もありますので、無理に急ぐ必要はありません。少し落ち着かれた状態で、必要事項をメモに書き連絡漏れを防ぎましょう。

訃報の内容
  1. 亡くなった人の名前
  2. 亡くなった日時
  3. 死因(簡単に)
  4. お葬式の日時・場所 ⇒ ※未定の場合は、改めて連絡。
  5. 自分(もしくは他の責任者)の連絡先
ご親族への連絡例
朝方、父が心不全で亡くなりました。お葬式の日程はまだ未定ですので、決まり次第ご連絡します。遺体は、霊安室に安置しています。面会なさりたいときは、私まで電話でご連絡ください。電話番号は090-XXX-XXXです。
友人・知人への連絡例
○○の息子の△△です。作夜、父が心不全で亡くなりました。生前は大変お世話になりました。葬儀は、◯◯市立斎場で行います。通夜は明日の午後7時から、告別式は明後日の午後12時より行います。ご連絡いただく際は、私の携帯090-XXX-XXXにお願いいたします。

連絡方法は「電話」が基本

電話・FAX・メール・町内放送などの連絡方法がありますが、電話連絡が基本です。
連絡先が多い場合は、勤務先・取引会社・学校・自治会・所属していた団体や趣味の会などのグループに分け、各責任者に連絡を回してもらうとスムーズに進みます。

FAX連絡の場合

「近親者のみの家族葬」や「お香典などをご辞退される場合」は、その事についても忘れずに記載しましょう。

また、自宅葬の場合は「恐れ入りますが、駐車スペースに限りがございます。ご配慮の程よろしくお願い申し上げます。」とひと言添えましょう。

夫 ○○ ○○ かねてより病気療養中のところ、平成○○年7月1日午後○時○○分逝去いたしました。ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご通知申し上げます。

なお、通夜・告別式は下記の通り執り行います。

 

故 ○○ ○○ 儀 葬儀告別式

昭和○○年1月10日生まれ(満○○歳)

  • 通夜式:平成○○年7月3日(月) 19:00~
  • 告別式:平成○○年7月4日(火) 12:00~
  • 式場:堺市立斎場(第1式場)
  • 住所:大阪府堺市堺区田出井町4-1
  • 喪主:○○ ○○ (故人との続柄: 妻)
  • 連絡先:090-XXX-XXXX
  • 儀式形態:仏式

 

葬儀に際しましてのご案内 

● 故人ならびに遺族の遺志により、近親者のみで執り行います。
● 恐れ入りますが、一般の方々のご参列はご辞退いただけますようお願い申し上げます。
● 誠に勝手ながら、御香典・御供花の儀はご辞退申し上げます。


葬儀に関するお問い合わせは、葬儀社:新家葬祭で承っております。

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号:072-XXXX / FAX番号:072-XXXX

スタッフ

ご自身ひとりで全部を済ませるのではなく、関係者のご協力は遠慮なくお願いしましょう。

忌引き休暇の取得について

ご遺族で会社員・学生の方は、忌引き休暇(葬儀の準備や参列のための休暇)を取得しましょう。

まずは、勤務先(総務部や関連部署)や上司、学校へ連絡をします。緊急性が高いため、可能な限り早急に済ませます(深夜・早朝の時間帯を除く)。原則として、口頭で直接伝えましょう。

忌引き休暇お葬式の忌引き休暇の日数、忌引き明けのマナー

スタッフ

必要な提出書類・手続きも勤務先・学校へご確認ください。
MEMO
忌引休暇が明けた際には、お菓子など手土産を持参し、上司・同僚などに必ずお礼を言いましょう。

菩提寺(お寺)への連絡

菩提寺(ぼだいじ)とは、先祖代々のお墓があるお寺です。菩提寺がある場合は、基本的にそのお寺の僧侶(住職)にお勤めをお願いします。連絡のタイミングは、「葬儀の日時・場所」が決定後で良いと思います。もし、お寺の都合が悪い場合は再調整いたします。

菩提寺(お寺)への連絡とお勤めの依頼菩提寺(お寺)への連絡とお勤めの依頼
注意
菩提寺を無視することは避けましょ。菩提寺が遠方(他府県)の場合でも、後々のトラブルを避けるため必ず連絡がおすすめです。

 

訃報についてよくあるご質問

お寺(菩提寺)へは、すぐに連絡をするべきですか?

A.早朝・深夜にお亡くなりになった場合は、時間帯をずらして連絡をします。

お香典・供花など、全てお断りしても失礼に当たらない?

A.お断りすることは失礼ではありません。ただ、完全にお断りするのではなく、「自治会の規則」や「地域の慣習」などは考慮する必要があります。

家族葬が希望なので、会葬者以外には連絡は不必要?

A.ご家族だけでの小さなお葬式(家族葬や直葬、密葬)をご希望の場合でも、訃報の連絡はマナーです。家族葬で行う場合でも、主たる親族には連絡をしましょう。

●連絡例
○○の息子の○○です。突然ですが、父○○が昨晩なくなりました。父の遺志によりお葬式は家族葬で執り行いたいと思います。つきましては、皆様のご会葬・ご厚志・供物を辞退させていただきます。どうぞご容赦賜りたくお願いいたします。

※ご厚志(ごこうし)=相手の親切や行為などを表す表現
【ご厚志ご辞退】は、香典・供花・供物を全て辞退という意味ですが、相手に伝わりにくい表現でもありますので、この場合【お香典・お花やお供え物もご辞退させていただきます。故人の遺志ですので、何卒ご理解ください。】と伝えます。

お葬式終了後、「故人の遺志により近親者のみの家族葬で執り行いました」というハガキを送る場合もあります。皆さんも同様のハガキが届いた経験がおありだと思いますが、やはり主たる親族には逝去の一報を伝え、「葬儀は家族葬でします。」と連絡することをおすすめいたします。

疎遠、不仲な親戚への連絡は?

A.訃報の範囲は、「誰に」・「どこまで」という正解がありません。ご家族の判断で連絡範囲を決定したとしても間違いではありません。その反面、訃報には「社会的に死亡を知らせる」という目的もあります。事後報告も選択肢のひとつですが、お互いに連絡先を知っている場合は知らせることがおすすめです。家族葬を希望の場合、「故人の遺志により、家族だけで執り行います。」という言葉を添えましょう。

 

まとめ

  • 訃報の連絡は、最初は簡潔に、詳細は打合せ終了後。
  • 連絡方法は、電話が基本です。
  • 菩提寺がある方は、必ず連絡をしましょう。
  • 家族葬の場合でも、主な親戚には必ず連絡をしましょう。

関連ページ

喪主(ご遺族様代表)もしもの時(ご逝去後)の流れお香典(御香典)

お葬式費用を総額でお見積り

総額お見積り

新家葬祭では、必ず総額をご提示し、葬儀費用の不安がなくなるように努めています。
ご希望合わせて、お葬式の始めから終りまでに必要なすべての項目を含め【1円単位で “総額” お見積り】いたします。

お葬式のご依頼・ご相談

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

最短30分で、ご指定の場所へお迎え
葬儀式場(斎場)・火葬場の予約受付

お葬式相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

経験豊富な葬儀プランナーがお答えします。
お葬式に関するどんな小さなお悩みでも、
お気軽にご相談ください。

お葬式対応エリア
  • 堺市全域(堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区)
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など