MESSAGE / すべての方へ

喪主(ご遺族様代表)

喪主=ご遺族の代表者。
ご家族で話し合って決めましょう。

喪主(もしゅ)とは、ご遺族の代表であり、葬儀に関する責任者です。主な役割は、葬儀社との打合せ・参列者や僧侶への応対などになります。
喪主を決定する際、

  • 誰が務めるのか?
  • どんな基準で決めるべきか?

と迷われると思いますが、明確な決まりはありません。

ほとんどの方が喪主を務めた経験がありませんので、「とても重大な役割を担っていて大変そう…」とイメージされますが、最近の家族葬や一般葬に関しては、そうではありません。

確かに、一般参列者が多数の場合や葬儀社・会社関係などの連絡窓口になったりとご負担はありますが、全体としてはご家族・親族で協力してお葬式を進めています。私たちスタッフもサポートいたしますので、ご安心ください。

スタッフ

基本的に喪主は「お墓の継承」や「お葬式後の法要・納骨を取り仕切る」などの役目も担いますので、これらもトータルで考慮し喪主を選ばれることが理想です。

誰が喪主になるか?

誰が喪主になるか

喪主を務める人に「法的な順番・性別・年齢制限」はありません。一般的には、故人の配偶者(夫または妻)が喪主を務めます。

昔は、家督を継ぐ者(両親と同居して家を継ぐ)として長男が喪主を務めましたが、核家族化が進むにつれ「家督を継ぐ=長男=喪主」という意識も薄れ、現在ではあくまで「遺族の代表」という位置づけです。

喪主を務める基本的な順番

①配偶者(夫または妻) ⇒ ②長男 ⇒ ③次男 ⇒ ④それ以降の直系男子 ⇒ ⑤長女
⑥次女 ⇒ ⑦それ以降の直系女子 ⇒ ⑧故人の両親 ⇒ ⑨故人の兄弟姉妹
……

 

喪主の役割(お葬式は協力・役割分担)

喪主の役割

喪主がお葬式の全項目(寝台車手配・葬儀社との打合せ・準備など)を必ず一人で決定するわけではありません。ご家族皆さんで協力して役割を分担し、お葬式を行います。

基本的に、【故人の配偶者(夫または妻)】が喪主となります。
しかし、「高齢の母に負担をかけたくない」などの理由から、形式的に喪主はお母様にし、実際の葬儀社・親族との連絡は、長男様などが代行される場合が多く見られます。

喪主の役割

  • 葬儀社・菩提寺との打合せ
  • 関係者への連絡
  • 参列者・僧侶への応対
  • 喪主あいさつ
喪主と施主の違い
施主(せしゅ)とは、葬儀費用を負担・運営する人で、喪主のサポート役です。
昔は、夫が死亡した場合、家を継ぐ長男が喪主を務め、配偶者(妻)が施主というパターンが多く見られました。
現在では、喪主と施主を分けず、「喪主=施主」と両方を兼任することが一般的です

 

喪主様の到着が遅れる場合

喪主到着

喪主となる方の到着が、諸事情で遅れることはよくあります。
喪主様が現場にいない場合でも、「病院からのご遺体搬送~ご安置」までは、最低限必要です。詳しい葬儀内容の打合せにつきましては、喪主様到着後でも構いません。

スタッフ

あまり日程を延ばしたくない場合は、葬儀式場と火葬場予約、菩提寺への連絡を進めることがおすすめです。事前にご家族内で連絡を取り合い、ご相談ください。

喪主が不在の場合

  • 病院などへのお迎え~ご安置は、最低限必要。
    ※病院は数時間程度しかご安置してくれません。
  • 詳しい葬儀内容は、喪主様が到着されるまで待つ。
  • ある程度、葬儀内容・日程・手続きを進めておく。

 

お葬式前に考える5つのこと

お葬式前に考える5つのこと

1.お葬式の種類

故人様の遺志やご家族の希望、またお呼びする会葬者の範囲・人数に合ったスタイルをお選びください。

  • 家族葬・密葬:ご家族・友人だけの小さなお葬式
  • 一般葬:一般会葬者もお呼びするお葬式
  • 直葬(火葬式):火葬のみのシンプルなお葬式
  • 無宗教葬:宗教者を呼ばないお葬式
  • 一日葬(1日葬):告別式だけのお葬式
  • 生活保護葬(福祉):生活保護制度を利用したお葬式

2.ご会葬者の人数

「葬儀式場の選択」や「お料理の数」などを考える際に必要です。正確な人数は、判断しにくいと思いますので、5人・10人単位で、おおよその人数を把握しましょう。

  • ご家族・親族
  • 友人・知人
  • 会社関係など

3.ご安置場所

病院・施設・警察署からのご遺体搬送とご安置場所が必要ですので、事前に考えておくとスムーズです。
基本的にはご自宅安置ですが、無理な場合は専用安置施設をご利用いただけます。

  • ご自宅
  • 専用安置室
  • お寺など

4.葬儀式場・斎場

「故人様のご自宅付近」や「親族が集まりやすい」など、どの場所でお葬式を行うかも重要です。葬儀式場で最もご利用が多いのは、公営斎場(式場と火葬場が併設)です。ご遺族・参列者数に合わせて最適な式場をご案内いたします。

  • 故人様がお住まいのエリア・ご親族が集まりやすいエリア
  • 公営斎場(火葬場あり)
  • ご自宅・お寺・集会所など

5.宗教・宗派・菩提寺

宗教・宗派、菩提寺(お付き合いのあるお寺)の有無をご確認ください。お付き合いのない方には、当社からのご紹介も可能です。※御布施の金額は定額です。

  • 仏式・神式・無宗教・その他
  • 菩提寺の有無
  • お坊さんの紹介を希望

 

初めて喪主になる方は、事前相談をおすすめします

初めて喪主になる方は事前相談をおすすめします

通常、ご逝去~お通夜が始まるまでは、1日程度の時間があります。
しかし、実際は想像よりも慌ただしいものです。特に、「初めて喪主を務める方」は、事前に基本的な情報と内容把握をおすすめします。
▶▶関連ページ>よくあるご質問:お葬式事前相談について

MEMO
葬儀費用も【総額】でお見積もりいたします。お気軽にご相談ください。

 

喪主についてよくあるご質問

Q.配偶者が、高齢・入院している場合は?
A.本来、喪主を務める立場の方(故人の配偶者)が葬儀に参加できない場合は、故人と関係の深い方が喪主を代役します。一般的に、長男・長女が喪主を務めます。

Q.夫が亡くなった場合、妻が喪主ですか?
A.いいえ。長男・長女様が喪主を務める場合も多くあります。

Q.子が喪主になる場合、長男・長女がするもの?
A.特別な決まりはありません。もし、次男様が家業を継いでいるのであれば、次男が喪主に相応しい場合もあります。

Q.子は娘ひとりです。嫁いで姓が異なりますが問題は?
A.問題はありません。娘婿(義理の息子)が喪主でも問題ありませんが、喪主はご親族との応対も多く、お嬢様が務める方が良いかもしれません。

Q.未成年が喪主を務めるのは?
A.喪主に年齢制限はありません。中学生・高校生が喪主の場合も稀にあります。あまりに年齢が低い場合は、故人の両親・兄弟姉妹が代役として喪主を務めます。

Q.独身のおじが亡くなりました。親族は甥の私だけです。
A.独身の方が亡くなり、兄弟姉妹・お子さんもいない場合、疎遠であったとしても基本的に親族が葬儀を行います。

Q.血縁関係(親戚)がいない故人の場合は?
A.血縁関係がいない方が死亡した場合、友人・入居先の施設関係者が喪主を務めます。この場合、喪主ではなく「友人代表」や「世話人代表」とするのが一般的です。

Q.葬儀費用は、喪主が負担するの?
A.いいえ、そんなことはありません。しかし、親族の方が「お葬式費用は、喪主が支払うことが当然だ」と考えていると、トラブルになります。事前に兄弟姉妹で葬儀費用に関して話し合うことがおすすめです。

 

まとめ

  • 誰が喪主になるべきかという明確な決まりはありません。
  • 一般的に故人の配偶者(夫または妻)が務めます。
  • 長男・長女様が務める場合も多くあります。

関連ページ

よく見られているページ・訃報(逝去の連絡)

よく見られているページ・喪主あいさつ

よく見られているページ・葬祭費(埋葬料)

お葬式費用を総額でお見積り

総額お見積り

新家葬祭では、必ず総額をご提示し、葬儀費用の不安がなくなるように努めています。
ご希望合わせて、お葬式の始めから終りまでに必要なすべての項目を含め【1円単位で “総額” お見積り】いたします。

お葬式のご依頼・ご相談

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

最短30分で、ご指定の場所へお迎え
葬儀式場(斎場)・火葬場の予約受付

お葬式相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

経験豊富な葬儀プランナーがお答えします。
お葬式に関するどんな小さなお悩みでも、
お気軽にご相談ください。

お葬式対応エリア
  • 堺市全域(堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区)
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など