MESSAGE / すべての方へ

葬儀費用の全国平均(相場)は無視してください

葬儀費用の全国平均(相場)

「お葬式費用って、いくら必要なんだろう?」とご不安な方も多くいらっしゃいます。最近では、お葬式事前相談をご利用されて、お葬式の流れ・総額費用などを事前にしっかりと確認される方が増えています。

ご家族様によって「お葬式の何に”重点”を置くのか?」は異なります。家族葬が良い・大勢の人で明るく見送りたい…、一概にお葬式と言っても内容は様々です

もちろん、葬儀費用をしっかりと確認することも大切です。そのため、テレビやインターネットなどで【葬儀費用の全国平均(相場)】を見て気にされている方も沢山いらっしゃいます。

例えば、日本消費者協会が2017年に行った調査では、葬儀費用の全国平均は195万円でした。しかし、これは無視してください。本当の葬儀費用はもっと低価格です

スタッフ

家族葬であれば50~80万円以内で十分可能です。直葬でしたら18~20万円程です。

全国平均データは信用できません

時々、テレビやインターネットなどで「葬儀費用の全国平均」が特集されます。

日本消費者協会が3~4年ごとに行う「葬儀についてのアンケート調査」に基づくデータが使用されますが、サンプル数が非常に少ない上に高額で、とても信用できる結果ではありません

2017年度のデータ

この後の説明を進めるために、日本消費者協会のデータをお見せします(※非常に高額です)。

葬儀費用の全国平均
  • 総額の葬儀費用:195.7万円(近畿189万円)
  • お通夜からの飲食接待費:30.6万円
  • 寺院への費用:47.3万円
  • 葬儀費用:121.4万円

第11回「葬儀についてのアンケート調査」報告書 2017年(平成29年)1月

私たち葬儀社スタッフが見ても、非常に高額です。一般的な規模のお葬式だと仮定して当社の平均葬儀費用と比較すると2倍以上です

当社では少なくとも過去10年間は195万円以上の請求額はありません。家族葬で100万円を超えることは、ほとんどありません。

詳細内容が分からない

このデータの問題は、詳細内容が分からないことです。

  • 飲食費の30万円は「何人に料理を振る舞ったのか?一人前の単価はいくらだったのか?」
  • 寺院費用47万円は「檀家だったのか?僧侶が何人来たのか?戒名は院号なのか?」
  • 葬儀費用121万円は「豪華な祭壇(飾り付け)だったのか?葬儀場・火葬料金はいくらだったのか?」

単純に総額提示されても、内容がわからないので参考になりません。

飲食費の30万円は、10人でなのか?20人でなのか?葬儀費用の121万円は、どんな祭壇で参列者は何人来たのか?送迎用のマイクロバスが必要だったのか?全く分かりません。

ごく少数の回答結果です

前回の調査(2014年:第10回)では全国で370人【内:近畿10人】、2017年度の第11回調査では491人しか回答を集めていません。2003年では近畿地方の回答者は1人でした。

また、回答者の中には実際に葬儀費用を支払っていない人(家族からの「●●万円支払った」と聞いて回答)も含まれています。

毎年約100万人以上がお亡くなりになる(単純に約100万件のお葬式が行われている)中で、ごく少数のアンケート調査で全国平均として公表することは不適切です。そして、回答者が少数にも関わらず平均額がここまで高額なのも不思議です

家族葬や直葬など低価格の葬儀が増えているので、本当ならもっと低価格のはずです。世情を反映していません。

例えば、1万人が自動車を購入したとします。ただし、高級国産車・外国車限定です。
その中から10人を選んで、平均購入金額を「自動車の全国平均価格です」と言われても信用しませんよね?
最も普及している、軽自動車やコンパクトカーを希望する人にとっては参考になりません。

無責任な注釈

日本消費者協会の注釈をご覧ください。

ここに掲載した金額は、葬儀の規模や会葬者の人数など、個々の詳細を把握したうえでのものではない
また、限られたデータでの単純な平均額なので、数値のみにとらわれることのないように留意してほしい。
また、地域ごとの回答者数が少なく、地域の特性を反映しているとは言いがたいので、参考値として見ていただきたい

無責任な注釈です。「でたらめな数値です」と言っているのと同じです。

消費者は数値(金額)を見て、必ずしも注釈を見るとは限りません。テレビや雑誌でも「全国平均の葬儀費用195万円!」だけを伝え、注釈やアンケート方法の問題点まで報じないので、消費者は誤解します。「日本消費者協会」という名称があるだけで、信用してしまう方も沢山いると思います。

“詳細を把握したうえのものではない” なら発表しない方が良いです。
“参考値として見ていただきたい” なら責任を持って精度の高いデータを発表して欲しいものです。

スタッフ

信用できない理由がご理解いただけたと思います。再度申しますが、全国平均データは参考にしないでください

 

お葬式には色々あります

お葬式には、家族葬・一般葬・直葬(火葬のみ)・無宗教葬などがあります。

日本消費者協会のデータでは、祭壇を華やかに飾ったり、お坊さんに読経・戒名を依頼したり、お料理を振る舞ったり、参列者が沢山来られて見送る…そんなお葬式を行った場合でなければ考えられない高額費用です。

近年、家族葬・直葬などの小規模でアットホームなお葬式を希望される方が非常に多いです。

  • 家族・友人だけの少人数でお葬式(家族葬)がしたい
  • 自宅で家族だけでゆっくりとお見送りしたい
  • 故人の遺志で直葬(火葬のみ)が希望

そんな人たちに「葬儀費用195万円」は全く参考になりません。

スタッフ

本来、家族葬の平均・直葬の平均…と種類別の平均価格が必要です。

 

ご注意していただきたい点

最も注意していただきたいポイントは、日本消費者協会の全国平均葬儀費用額を持ち出し

「全国平均は195万円です、当社の場合は150万円ですので低価格です」・「全国平均から考えると200万円は普通です」という様な営業トークです。

また、「全国平均は195万円ですが、当社ですと20万円でお葬式が可能です」というのもご注意ください。その20万円で可能なお葬式は直葬です。つまり、「火葬のみ」のお葬式を行う費用です。

注意
【家族葬19万円~】という低価格な広告も家族葬ではなく直葬です。また、あまりにも安い広告は必ず追加費用が発生します。

 

当社の平均葬儀費用

葬儀社は様々なプランを用意していますので、数社で事前見積りを取ることが大切です。

参考として、私たち新家葬祭の家族葬・一般葬の平均葬儀費用は以下の通りです。

当社の平均葬儀費用
  • 総額の葬儀費用:55~83万円
  • お通夜からの飲食接待費:5~8万円
  • 寺院への費用:5~15万円(当社ご紹介の場合)
  • 葬儀費用:45~60万円

スタッフ

家族葬の場合、飲食費が0円の場合もありますし、無宗教葬の場合は寺院への費用(御布施)も0円です。
MEMO
直葬の場合は、約20万円前後です。生活保護葬の場合は無料です。

 

お葬式の平均費用を出すのは難しい?

金融機関は金利、不動産(土地)は路線価などの基準があり「この周辺では坪単価◯◯万円」と平均価格を算出でき、判断材料として利用できます。

しかし、一括りにお葬式と言っても内容は様々です。

  • 家族葬や参列者が数百人規模のお葬式もあれば、直葬(火葬のみ)・1日葬もあります。
  • 一般参列者にお料理を振る舞う地域もあれば、お料理・返礼品が一切なしの家族葬もあります。
  • 御布施の金額も寺院によって異なりますし、僧侶の数も2人や3人、ランクの高い戒名「院号」を希望するご家族様もいます。
  • オプションで湯灌(ゆかん)や供花・供物を追加される場合もあります。
  • 葬儀場の使用料金・火葬料金も市町村によって異なります。

そのため、「全国平均」と単純に総額費用を提示されても【どんなお葬式内容だったのか?】がわかりません(※葬儀社スタッフでも請求書が無ければ適正価格なのか分かりません)。

お葬式はご家族様が必要な項目(オプション)を選択して、葬儀社が最適な内容を組立てます。そのため、直葬・家族葬・豪華なお葬式ごとに平均費用を出すことも難しいです。

仮に算出できたとしても結局総額だけでは内容がわからないので高いのか?安いのか?の判断ができません。

スタッフ

そもそも家族葬の定義は曖昧です。「家族葬で」とご依頼を受けても、故人様に友人が多く参列者が100人を超える場合もあります。

 

適正な(納得のできる)葬儀費用を知るために

お葬式は都道府県や地域ごとに特色があります。大阪府内でも火葬料金が異なったり、自治会の参加が一般的な地域もまだまだあり、慣習を考慮することも大切です。

ご家族様が希望されるお葬式を実現しながら、臨機応変に対応してもらうには、その地域の斎場や火葬場の規則・料金をよく知っている地元の葬儀社に相談することが最も安心です

地元の葬儀社の中から数社で見積りを取ることで、お住まいの地域で適正な価格を知ることができます。その中から、納得できる葬儀社を選択する方法が一番です。

注意
インターネットで「全国どこでも葬儀受付」と宣伝しているのは、葬儀社ではなく葬儀社紹介会社(仲介手数料で利益を得る会社)です。ご遺体処置や葬儀現場に来た経験が無い人たちです。
また、「追加費用なし!」とアピールしている広告やHPもありますが、「火葬料金は◯万円まで・式場使用料は◯万円まで、それ以上は追加料金になります」と注釈が書いています。

事前相談で総額を確認

お料理は豪華に振る舞いたい、祭壇を華やかにしたい、などお一人おひとりで大切にされる項目は異なります。ご納得できる葬儀費用を知るために、新家葬祭では事前相談をおすすめしています。

お時間がある状態で、ゆっくりと落ち着いて必要・不要の判断ができますし、納得のいく葬儀プランを組み立てることが可能です。何かお困りの際は、まず新家葬祭にご相談ください。必ず総額費用でお見積もりいたします。

スタッフ

多くの方が事前相談をご利用です。お葬式でお困りの方は、24時間いつでもご相談ください

 

よくあるご質問

Q.御布施も含めて100万円以内で大丈夫ですか?
A.十分可能です。ご希望に応じて調整いたします。

Q.お坊さんを紹介して欲しいのですが、御布施の金額は?
A.お通夜・告別式の2日間で15万円です。その他、火葬炉前での読経:3万円~など、ご希望に対応いたします。

Q.見積り金額から増えることはありませんか?
A.内容の変更が無ければ、一切追加費用はありません。

 

お葬式のご依頼・ご相談

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

最短30分で、ご指定の場所へお迎え
葬儀式場(斎場)・火葬場の予約受付

お葬式相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

経験豊富な葬儀プランナーがお答えします。
お葬式に関するどんな小さなお悩みでも、
お気軽にご相談ください。

お葬式対応エリア
  • 堺市全域(堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区)
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など