MESSAGE / すべての方へ

お墓の名義変更(承継)手続き

お墓の名義変更(承継)手続き

お墓には名義人(お墓の使用権を持っている人)が登録されています。もし、故人様が名義人の場合は、「名義変更(承継)」の手続きが必要です

急ぐ必要はありませんが、お葬式終了後の少し落ち着かれた時期にご家族・親族で話し合い、「誰がお墓を引き継ぐか?」を決めましょう。

決定後に、霊園・納骨堂の管理事務所へ連絡をして手続きを進めます。詳しくは、契約書や霊園HPなどをご確認ください。

昔は、家督を継ぐ”長男”がお墓を承継することが慣習でした。しかし最近では、「核家族化」・「お墓が遠い」・「子どもがいない」など、ご家庭の状況に応じて長男以外の人が承継することもあります。

ゆっくりと話し合って決めましょう。場合によっては、「改葬(お墓の引越し)」や「墓じまい(お墓の返却)」、「永代供養の合祀墓への移行」なども考える必要があります

注意
名義変更には特に期限はありませんが、長期間放置しておくと、”無縁墓(無縁仏)”扱いになり、お墓の使用権を失う可能性もありますのでご注意ください。

スタッフ

一般的に、「配偶者」または「長男」が承継者になることが多いです。
また、生前の名義変更は基本的に禁止になっています。

お墓は「使用権」のみ

まず最初に、不動産とお墓の違いを簡単にご説明します。

不動産の名義人は「所有権」を持っています。
その土地を自由に売買できますし、理由も無く土地を奪われることもありません。法務局に登記されていて法的にも権利が保護されます。名義人が死亡したとしても、勝手に処分されることはありません。
一方、お墓は「使用権」です。お墓の購入=使用権の購入です。
あくまで、その土地(墓地スペース)にお墓を建てて使用する権利のみで、土地は借りている状態です。自由に売買はできませんし、規則を守らないと使用権をはく奪され、墓石を撤去される可能性もあります。

お墓の土地は借りているので、お墓を維持するには使用規則を守ることが条件です。

MEMO
一般的な相続は、故人が所有する財産(お金や自宅など)を法定相続人で分割等して相続します。
一方、お墓や仏壇・位牌などは「祭祀財産」といい、「特定の1人」が相続します。また、相続財産には該当せず相続税もかかりません。

 

名義変更に必要な費用

名義変更の費用は、民間霊園で平均:数千円~1万円程です。公営の場合は、数百円~数千円程です。詳細は、契約書などをご確認ください。

また、寺院墓地の場合は名義変更手数料以外に御布施が必要な場合がありますので、詳細は寺院にご確認ください。

 

必要な書類など

  • お墓の使用許可証(契約書など)
  • 名義人と承継者の戸籍謄本
  • 死亡診断書のコピー
  • 承継者の実印と印鑑証明
  • etc…

簡単にご説明すると、「名義人がお亡くなりになった事が分かる書類」と「名義人と承継者の関係が分かる書類」が必要になります。

場所によって必要な書類は異なりますので、窓口に確認しましょう。

 

誰が承継するのか?

一般的には、配偶者または子(主に長男)が承継者になる場合が多いです。しかし、法的な決まりはありません。

また、原則として親族が承継者になりますが、ご家族・親族以外が可能な場合もあります(※管理者の許可が必要)。

参考として民法では

民法897条
系譜・祭具及び墳墓の所有権は・・・慣習に従って、祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。
ただし、被相続人(故人)の指定に従って、祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。

とあります。

  • 系譜(けいふ):先祖から関係性が分かる図や記録。家系図と同じ様なもの。
  • 墳墓(ふんぼ):遺骨を納める場所。お墓や納骨堂のこと。
  • 祭祀(さいし):神々や祖先をまつる事。お葬式や法要のことです。

「慣習に従って~祭祀を主宰すべき者が承継する」。
”慣習”・”すべき者” つまり、明確な決まりはありません。実際には親族間の話合いで決定します

基本的には、「今後のお葬式や法要などを取り仕切る人=祭祀主催者(お葬式では喪主になる立場の人)」が承継する方が良いと思いますが、ご家庭の状況も考慮して話し合いましょう。

寺院墓地の場合は、檀家を引き継ぐ

寺院墓地の場合、承継者は檀家の役目も引き継ぐことになります。檀家の役目は、行事参加や寺院維持の御布施などです。

もし、ご家族でも信仰している宗派が異なる場合。例えば、故人様が宗派Aで、承継者となるべき人が宗派Bの場合は、他の人が承継者となるか、寺院と話し合いが必要です。

スタッフ

最近は、「宗派を問わない」という寺院墓地も増えていますので、一度寺院に相談しましょう。

 

お墓の承継者がいない場合

お墓は代々継承する事を前提としてきたシステムですが、徐々に時代に合わなくなってきているのも事実です。無縁墓の増加も社会問題になっています。

承継者が不在で管理費等の支払いが滞った場合、霊園側は使用規則に基づいて「使用権の取消し」や「お墓の撤去」が可能です。市町村や霊園も無縁墓が増え続けると困るからです。

「お墓を管理する家族・親族がいない」・「施設に入居したので今後管理が無理」など様々な理由で、お墓を継ぐ人(承継者)がいない、将来いなくなる可能性は誰にでもあります。

承継者がいない場合、そのままでは無縁墓になってしまいます。

基本的な対応策は、「墓じまい(更地に戻して管理者に返却)」をして永代供養の合祀墓に移行する流れになります。

MEMO
お墓の土地は、あくまで霊園に借りている状態です。所有者は霊園です。

 

別の場所に新しいお墓や納骨堂を購入予定

「お墓が遠い」・「将来、故郷(田舎)に帰らない」など、ご家庭の事情で以前からあるお墓をやめて、自宅近くに新たにお墓や納骨堂を購入される方もいます。

古いお墓から遺骨を取り出して、新しいお墓に移すという方法です。その場合は、「改葬(かいそう)」の手続きが必要です。

古いお墓のある市町村で改葬許可申請書を受取り、そこにお墓の管理者に署名捺印もらい、再度市町村に提出し改葬許可書を発行してもらいます。

スタッフ

詳しくは、現在のお墓のある市町村にお問い合わせください。

 

まとめ

お墓や納骨堂によって使用規則が異なります。名義変更に必要な手続き・書類・費用も異なります。最近では、承継者問題で「墓じまい」を選択する方も増えています。

納骨に関する事は、ご家族・親族にとってとても大切です。将来の事も考慮して、慎重に考えましょう。

スタッフ

後々のトラブルを避けるために、個人の判断だけではなく、他の親族と話し合って了承を得ることも必要です

 

お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

ご相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

お葬式後のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
専門家(行政書士・司法書士)への無料相談もご利用ください。

対応エリア
  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など