MESSAGE / すべての方へ

納骨(お墓・納骨堂)

納骨(お墓・納骨堂)

納骨のタイミングは自由です。お墓の購入は、慎重に検討しましょう。

納骨に関する決まりは特にありません。納骨のタイミングはご家族様の自由です。
「墓地・埋葬に関する法律(墓地埋葬法)」にも、「いつまでに納骨が必要」という規定はありません。ご納得されるまで、ご自宅などにてお祀りください。

注意:新しくお墓・納骨堂を購入予定の方へ
お葬式後には居住地やライフスタイルの変化の可能性もあります。将来の事も考慮し、ゆっくりとご検討ください。

納骨場所は主に3つ

ご遺骨の納骨場所は、主に下記の3つです。
最近では、様々な形式のお墓・納骨堂が誕生していますので、基本的な情報とお考えください。

1.お墓(屋外)

公営・民営・寺院が運営する霊園(墓地)。ご家族様ごとに納骨可能ですが、お墓の建立費用・年間管理費が高額な場合があります。

2.納骨堂(屋内)

公営・民営・寺院が運営。基本的に、屋内ロッカー型でご利用期間(収蔵期間)が設定されています。スペースが小さいため、収蔵できるお骨壺は限られます。

3.永代供養墓(屋外)

多数の方を一緒に埋葬・供養するお墓。費用も比較的安く、承継者の心配もありませんが、基本的に一度預けたご遺骨は取り出すことはできません。

MEMO
その他に、手元供養・樹木葬・海洋散骨もあります。どれを選択される場合でも、メリット・デメリット、費用・承継者など、長期間に渡ってご家族に関わることですので、慎重にご検討ください。

 

納骨のタイミングは自由

納骨のタイミング

【節目の法要時(四十九日法要・一周忌・三回忌など)】または、【お盆・お彼岸の時期】が一般的です。ご家族様が集まりやすい時期など自由に納骨ください。
【故人様がお好きだった季節】や【記念日】などに納骨されるのも良いと思います。

法要や季節に合わせて

  • 四十九日法要(忌明け法要)の終了後。
  • 一周忌・三回忌などの年忌法要に合わせて。
  • お盆(8月)・お彼岸(3月/9月)の時期。
MEMO
以前は、「お葬式終了後すぐに」・「四十九日法要と同日に」という慣習もありましたが、最近では数年間ご自宅で祀られる方も多数いらっしゃいます。

 

納骨の予約と確認事項

納骨のご予約は1週間前までに

「納骨希望日の1週間前まで」には、管理事務所へ連絡をしましょう。その際、必要なモノ・提出書類・費用などもご確認ください。

特にお墓の場合、カロート(骨壺・遺骨を納めるスペース)の開閉が必要なため、予約なしでは断られる可能性があります。お墓によっては、カロートが自由に開閉可能なタイプもありますので、管理事務所にご確認ください。

使用名義人の変更

お墓(墓地)には「使用者名義(持ち主)」が登録されています。故人が使用者名義人の場合、「使用者変更」や「管理費の支払い変更」なども確認しましょう。

墓石への彫刻

「故人名(戒名・俗名など)・死亡日・享年」などを墓石(霊標)へ彫刻する場合は、霊園・石材店などに依頼します。作業完了まで、数日~数週間必要ですので、納骨日までに完了希望の方はご注意ください。

納骨式を行う場合

僧侶に同席いただき、納骨式(納骨法要)を行う場合、「納骨希望日」と「寺院様のご都合」を調整しましょう。

必ず予約
納骨希望日の1週間前までには、必ず管理事務所へ連絡・予約をしましょう。

 

納骨に関する主な費用

納骨に必要な主な費用

納骨に関する主な費用は、下記の項目になります。
詳細な費用・御布施に関しては、各窓口・寺院へお問い合わせください。

納骨作業費

●約10,000~30,000円
カロートの開閉や納骨式の準備費用。霊園や石材店などへお支払い。

彫刻費

●約30,000~50,000円
墓石・霊標などへ「故人様の名前・戒名」などを彫刻する費用。

お布施(僧侶へのお礼)

●約30,000~50,000円
納骨時、僧侶にお勤めを依頼した場合の費用。新しいお墓の開眼法要(お墓に魂を入れる儀式)を依頼した場合。詳細は寺院へお問い合わせください。

法要部屋の使用料

●約10,000~20,000円
霊園内にある法要部屋(施設)を利用した場合の費用。

 

納骨に必要なモノ・納骨方法

納骨時に持参するモノ

納骨を行う場合、下記の3つが最低限必要です。
霊園・納骨堂により詳細は異なりますので、事前に各窓口へご確認ください。

  1. ご遺骨
  2. 火葬埋葬許可証
  3. 霊園・納骨堂に提出が必要な書類・印鑑・費用など

お墓の場合

お墓の種類・構造によって、納骨方法(ご遺骨の納め方)が異なります。

  • お骨壺のまま納めるタイプ
  • 遺骨を風呂敷などで包み、納めるタイプ
MEMO
最近のお墓は、「お骨壺のまま納めるタイプ」が一般的です。
納骨には、霊園スタッフがサポートしてくれる場合もありますが、基本的にご家族様で納骨となります。詳しくは、各霊園にご確認ください。

納骨堂の場合

一般的な納骨堂は、契約者(ご家族)ごとの専用スペースへお骨壺を納めます。また、お写真・位牌も一緒に納めることができる納骨堂もあります。詳しい納骨方法は、各納骨堂にご確認ください。

 

お墓の購入と主な霊園(墓地)の種類

お墓の購入をご予定の方

一般的に「四十九日法要と同じ日に納骨」が主流とされていますが、新しくお墓を購入する場合、お葬式終了~四十九日法要まで1か月程度しかありません。
【墓地購入・石材店との打ち合わせ・工事】を短期間で進めることは、おすすめできません。

契約・施行は慎重に

お墓の建立には、基礎工事からしっかりとした準備・施行が重要です。
各工程には、天候に影響を受ける項目もありますので、慎重に取り組む必要があります。施工不良があると、数年でひび割れ・傾斜などの問題が起こります。

お墓はとても高額な商品であり、長期間に渡ってご家族に関わるものです。葬儀後に生活スタイルの変化も考えられますので、将来のことも考慮し、落ち着いた状況でじっくりご検討ください。

公営墓地(霊園)

●運営主体:地方自治体
永代使用料が低価格で、非常に人気です。
公営で運営基盤も安定し、石材店も自由に選択可能です。しかし、「その自治体の住民」・「遺骨がある」・「抽選で当選」などの制限もあります。

民営墓地(霊園)

●運営主体:宗教法人・公益法人
広告などでよく目にする霊園は、ほとんどが民営です。
バリアフリー設計や法要施設完備など、様々な工夫がみられます。しかし、宗教法人と石材店の共同開発が多く、基本的に石材店は指定され、高額です。

寺院墓地(霊園)

●運営主体:寺院
基本的に「寺院墓地を利用=檀家になる」ですので、ご注意ください。
最近では、「檀家にならなくても良い」・「宗派問わない」という寺院墓地も増えています。墓地購入後の詳細は、必ずご確認ください。

管理費なども確認
新しくお墓を建てる(購入)場合、建立費用とは別に、「年間管理料」などの維持費用も必ずご確認ください。
墓地は「借りる」

「墓地の購入」は、正確には「お墓を建てる土地を“永代に使用する権利(永代使用権)”を購入する」ことです。その費用を「永代使用料」と言います。あくまで「土地を借りている状態」ですので、所有者は霊園・寺院になります。

つまり、「お墓の値段」とは、「1.永代使用料(墓地の使用料)」と「2.墓石の建立費用」の総額です。また、購入後は年間管理費なども別途必要な場合もあります。すでに、墓地をお持ちの方は永代使用料は支払い済みです。

 

納骨堂は、期間限定

納骨堂のご利用をお考えの方

「お墓の代わりに納骨堂をお考えの方」や「お墓を建てるまでの間、預かって欲しい方」もいらっしゃると思います。納骨堂のタイプは様々ですが、一般的に屋内設置のロッカー型が多く、ご遺骨と一緒にお写真や位牌を収納可能です。

契約(収蔵)期間とその後

納骨堂は、基本的に「契約(収蔵)期間」が定められています。8年・15年・30年など、ご都合に合わせて選択可能です。
また、期間終了後は自動的に合同墓へ合祀(ごうし:複数の方と一緒に祀る)となる納骨堂もありますので、承継者がいなくなった場合も安心です。

納骨堂は、「一時的に遺骨を預ける」・「半永久的に遺骨を納める」どちらを目的としても利用可能です。利用期間・費用は様々ですので、いくつかの納骨堂を比較しお選びください。

運営者は3種類

納骨堂の運営者は、基本的にお墓と同じく、「公営(市町村)」・「民営」・「寺院」の3種類です。年間管理費・契約期間も異なりますので、ご利用前にご確認ください。

メリット・デメリット

メリットは、「宗教的な制約がない」・「管理費が比較的低価格」・「承継者がいなくなっても一定期間後に永代供養してくれる」などがあげられます。
デメリットは、「期間が設定されている」・「納骨スペースが小さい」などです。

堺市の納骨堂
堺市立霊堂(堺市南区鉢ヶ峯)/ご利用期間:8年・30年(年間管理費12,000円)

 

永代供養墓

永代供養墓

維持・管理や承継者などの問題で、「お墓は必要ない」・「お墓を持てない」という方に支持されているのが、「永代供養墓(えいたいくようぼ/えいたいくようばか)」です。生前縁のなかった方々を一緒に埋葬・供養するお墓です。

宗派問わず、低価格

宗派を問わず、戒名(法名)が無くても利用可能な場所が多く、費用も数万円~と低価格です。運営者が「永代(長い年月)」に渡って、管理・供養しますので、無縁仏となる心配もありません。毎年、管理料が必要な場合もありますので、必ずご確認ください。

  • 承継者がいないため、お墓を持てない
  • お墓のことで、子や孫に迷惑をかけたくない
  • 身寄りのない親族の遺骨をどこに納骨すればいいか困っている
  • 定期的なお墓参りや管理が難しい
  • あまり費用は出せないが、きちんと供養はしてあげたい

など、将来的な不安を解決する方法として多くの方がご利用されています。

永代供養も様々

  • 最初から、ご遺骨を一か所にまとめ、埋葬・供養する合祀タイプ。
  • 一定期間(33年・50年まで)は個別区画でお祀りし、その後は合祀供養。
  • ご遺骨を分骨し、「永代安置(屋内)」と「合祀(屋外)」に分けて供養。

永代供養墓の中でも、最初から一緒に埋葬・供養するタイプを「合葬(がっそう)墓・合祀(ごうし)墓・合同墓・共同墓・集合墓」とも呼ばれます。大阪では、「一心寺(いっしんじ):大阪市天王寺区」が有名です。

永代供養墓の形態は、運営者により多種多様です。ご利用される場合は、詳細内容をご確認ください。

●永代供養墓は「総称」
近年、様々なお墓・納骨堂が誕生しています。そのため、永代供養墓の定義・解釈は難しく、最近では「永代供養墓=永代供養してくれる施設全体の総称」として呼ばれています。「いずれ、合祀される」ことを考えれば、納骨堂も永代供養墓の1つとして考えることもできます。

●期限がある?
「永代=無期限」とイメージされると思いますが、実際には、「30~50年間」など期限が設定され、更新料を請求されるトラブルも起こっています。契約期間は必ず事前にご確認ください。

●ご遺骨は、取り出せません
合祀タイプのお墓では、基本的に一度預けたご遺骨は、取り出すことが出来ませんのでご注意ください。よく詳細を確認しご利用ください。

 

手元供養(てもとくよう)

手元供養

お墓・納骨堂以外の選択肢として、新しく生まれたのが手元供養です。
「お墓が遠いので、分骨して自宅で供養」・「将来、どこかに散骨したい」など、ご自身のライフスタイルに合った供養のかたちをお選びください。
▶▶関連>アフターサポート:手元供養

 

よくあるご質問

Q.納骨には僧侶の同席が普通ですか?
A.いいえ、そんなことはありません。ただ、寺院墓地をお持ちの場合は僧侶同席が一般的です。

Q.火葬(埋葬)許可証を失くしました…
A.紛失した場合は、再発行が可能です。お葬式を依頼した葬儀社、または火葬場(斎場)へお問い合わせください。

Q.骨壺から少し遺骨を取って、手元に置いておきたい。
A.問題ありません。納骨される前に、少量の遺骨を手元供養としてお持ちの方も多くいらっしゃいます。

Q.納骨堂と永代供養墓の区別がよくわからない。
A.「納骨堂は屋内で期限付き、永代供養墓は屋外で合祀」が基本ですが、最近は様々なサービスが誕生し、明確な線引きが困難です。費用・目的・承継者など、ご家族の状況と将来のことを考慮しお選びください。

お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

ご相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

お葬式後のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
専門家(行政書士・司法書士)への無料相談もご利用ください。

対応エリア
  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など