MESSAGE / すべての方へ

納骨の時期

納骨の時期

納骨のタイミングは自由です
「墓地・埋葬に関する法律(墓埋法)」にも、“納骨はいつまでに…”というような「納骨期限に関する規定」はありません。ご納得されるまで、ご自宅で遺骨をお祀りされても問題ありません。

一般的には、四十九日法要・一周忌・三回忌、お盆(8月)・お彼岸(3月・9月)に合わせて納骨される場合が多いですが、お好きな季節、何かの記念日などに納骨される方もいらっしゃいます。

近々、納骨をご予定の方は遅くとも1週間前にはお墓の管理事務所(霊園・寺院)へ連絡をして予約が必要です。

また、菩提寺の僧侶が同席して「納骨式」を行う場合は、僧侶と相談をして日程を決めましょう。

MEMO
新たにお墓や納骨堂をご購入予定の方は、ご家族全員でゆっくり考えましょう
お葬式後は生活環境が変化したり、将来に対する考えも変わるかもしれません。長期間に渡って関わる事ですので、慌てる必要はありません。
注意
納骨には必ず【埋葬許可証】の提出が必要です
A4サイズほどで、故人様の死亡日や火葬日などが記載されています。収骨終了後に葬儀社・斎場スタッフから受け取っているはずですので、ご確認ください。
※火葬(埋葬)許可証と書いている場合もあります。

スタッフ

ご家族・親族で相談をして、どのように納骨を行うかを決めましょう。

一般的な納骨のタイミング

一般的に多いのは、「四十九日法要・一周忌・三回忌」、そして「お盆(8月)・お彼岸(3月・9月)の時期」です。ご家族・親族が多く集まる法要や長期休暇に合わせてということですね。

その他、故人様のお好きな季節や記念日、誕生日などに納骨される方もいらっしゃいます。

以前は、「収骨が終わった後にお墓に行って納骨」や「四十九日法要と一緒に納骨」という慣習もありましたが、あまり気にされなくて結構です。

菩提寺(お付き合いのあるお寺)がある方は、お葬式の際に相談されることもおすすめです。

スタッフ

お客様に伺うと、「四十九日法要」または「お葬式の翌年のお盆・お彼岸」に納骨されている方が多いです

 

新しいお墓の完成と同時に納骨

現時点でお墓をお持ちでない方が、お墓の完成と同時に納骨をする場合もあります。

菩提寺がある場合は、僧侶が同席して「お墓の開眼法要」と「納骨式」を一緒に行う流れになると思いますので、菩提寺と相談をして日程調整をしましょう。

無宗教の方は、基本的に開眼法要や納骨式は行いませんので、自由なタイミングで霊園に連絡をして納骨手続きを進めましょう。

注意
四十九日法要など間に合わせようと、急いでお墓を購入(建立)することはおすすめしません
お墓を建てるには十分な期間と丁寧な施工が重要です。その点が不十分だと、数年後にお墓が傾いたりします。

スタッフ

お墓は高額であり、長年に渡ってご家族が関わるのもです。ゆっくりと霊園・石材店を選びましょう。
最低でも2~3か月は必要だとお考えください

 

お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

ご相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

お葬式後のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
専門家(行政書士・司法書士)への無料相談もご利用ください。

対応エリア
  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など