MESSAGE / すべての方へ

埋葬許可証の紛失と再交付

埋葬許可証の紛失と再交付

ご遺骨をお墓や納骨堂へ納骨するには、【埋葬許可証】や【分骨証明書】が必要です。
埋葬許可証は、火葬・収骨が終了した時点で、斎場(火葬場)スタッフから喪主または遺族へ手渡されます

通常、故人様お一人に対して埋葬許可証が1枚。また、分骨をした場合は、お骨壺を追加した数だけ分骨証明書が発行されます。

もし、埋葬許可証や分骨証明書を紛失した場合は、再発行が可能です。まずは、「火葬を行った斎場(火葬場)」または「死亡届を提出した市町村の役所」へお問い合わせください。

再確認
「納骨の時に忘れないように!」と、お骨箱(骨壺が入っている外箱)の中に保管されている事がよくありますので、一度ご確認ください。
MEMO
埋葬許可証は、「埋火葬許可証」・「火葬(埋葬)許可証」など市町村によって少しタイトルが異なります。大きさはA4サイズが標準です。

スタッフ

スムーズに手続きが進めば当日再発行が可能ですが、納骨予定日が近い方はご注意ください

埋葬許可証の交付までの流れ

通常、埋葬許可証が交付されるまでの流れを簡単にご説明します。

  1. 役所へ死亡届の提出
  2. 役所で「火葬許可証」の交付
  3. 火葬許可証を斎場(火葬場)へ提出
  4. 火葬の申込手続き完了
  5. 火葬・収骨終了後に「埋葬許可証」の交付

1~4までは、葬儀社スタッフが代行します。

収骨終了後に、斎場スタッフから喪主(遺族)に埋葬許可証が手渡されます。

「火葬許可証」と「埋葬許可証」が別々のようにご説明しましたが、最近では2つを一緒にした「埋火葬許可証」という1枚の用紙が一般的です

また、分骨した場合は「分骨証明書」が埋火葬許可証とは別に発行されます。

役所で火葬許可証が交付され、そこに火葬場職員が火葬日時・執行印することで、埋葬許可証としても使用可能になります。1枚で済ませるために、最初から表題は「埋火葬許可証」として役所で交付されます。
事務手続きの効率化やECOという意味でもありますね。

埋葬許可証は、市町村によって少しタイトルは異なりますが、基本的に「故人様の情報、火葬日時・執行印」が記入されている書類は埋葬許可書として使用できます。

 

再発行は斎場(火葬場)または市町村の役所へ

埋葬許可証を紛失した場合は、再発行が可能です。
「火葬を行った斎場(火葬場)」または「死亡届を提出した市町村の役所」へお問い合わせください。

再発行の基本的な流れ

  • STEP.1
    「火葬証明書」の発行申請
    まず、【火葬を行った斎場(火葬場)】で「火葬証明書」を発行してもらいます。
  • STEP.2
    火葬証明書を役所へ提出
    火葬証明書を【死亡届を提出した役所(市民課など)】へ提出し、「埋葬許可証」の再交付申請をします。
  • STEP.3
    埋葬許可証の再交付
    役所から埋葬許可証を受取り、完了です。

【参考:堺市の場合】

参考 納骨や改葬について堺市

※市区町村のHPは、少し分かりにくいので、直接電話で聞きましょう。

スムーズに進めば1日で完了します。市町村によって少し手続きが異なりますので、窓口でご確認ください。

役所での手続きだけで再発行可能な市町村もあります。また、火葬証明書のみで納骨可能な霊園もあるようです。

 

再発行に必要な物

基本的に必要な物は下記になります。また、郵送での申請も可能ですので、詳しくは窓口にお問い合わせください。

  • 申請書
  • 申請者の身分証明書(免許証など)
  • 申請者の認印(朱肉を使うもの)
  • 申請者と死亡者との続柄がわかる書類(戸籍謄本など)
  • 発行費用:数百円程度
MEMO
申請者は「死亡届の届出人」または「故人の直系親族・祭祀承継者」になります。基本的にはご家族であれば問題ありませんが、「死亡届の届出人」以外の場合は委任状が必要な市町村もありますので、事前にご確認ください。

スタッフ

故人名(漢字)、住所、生年月日、死亡日、火葬執行日などを聞かれる場合もありますので、事前に準備をしておきましょう。

 

お骨壺を2つ以上で収骨した場合

斎場(火葬場)での収骨時点で、「菩提寺(本山)とお家の墓」など、別々の場所に納める用にお骨壺を2つ以上で収骨(分骨)する場合もあります。

この場合、「埋葬許可書」とは別に、お骨壺を追加した分だけ「分骨証明書」が斎場(火葬場)から発行されます。

  • お骨壺2つの収骨の場合:埋葬許可書1枚+「分骨証明書1枚」
  • お骨壺3つの収骨の場合:埋葬許可書1枚+「分骨証明書2枚」

この分骨証明書を紛失した場合は、斎場(火葬場)または市町村の役所へ連絡をして再発行が可能です。

 

お墓や納骨堂の管理者から交付された分骨証明書の場合

すでにお墓や納骨堂に納めた骨壺から、「やっぱり他の場所にも納骨したい」などの理由で、遺骨の一部を取り出す(分骨する)場合もあります。

この場合、管理者から取り出した遺骨に対して、分骨証明書が発行されます。

霊園などの管理者から発行された分骨証明書を紛失した場合は、各管理者に再発行を依頼しましょう。

 

まとめ

埋葬許可証や分骨証明書の再発行は可能です。手続きの申請者は「死亡届の届出人」が理想ですが、故人様の家族であれば、さほど問題なく再発行が可能だと思います。

また、市町村によって細かな手続きが異なりますので、詳細は窓口へお問い合わせください。

スタッフ

再発行の手続きは、発行元にお問い合わせください
斎場(火葬場)から発行されたものは斎場や役所へ、民間霊園・納骨堂などから発行されたものは各管理事務所へ。

 

お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

ご相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

お葬式後のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
専門家(行政書士・司法書士)への無料相談もご利用ください。

対応エリア
  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など