MESSAGE / すべての方へ

初七日法要

初七日法要

初七日法要(しょなのかほうよう)とは、命日から数えて7日目に行われる法要です。
しかし、実際にはぴったり7日目に初七日法要を行う方は非常に少ないです。

最近では、ご家族・親戚が集まっている告別式と同じ日に初七日法要を繰上げて行うことが一般的です

MEMO
寺院によっては、命日の前日から数える場合もあります。

初七日法要は、告別式と同じ日に繰り上げ

本来は命日(死亡日)から7日目ですが、火葬場が混んでいたりすると、お葬式が終了して1~2日後になる場合もあります。お葬式終了後すぐに、再度ご親戚が集まるのは大変です。

そのため、初七日法要を「葬儀当日(告別式と同じ日)に繰上げて行う」ことが最近では一般的です。このような方法を、【繰り上げ初七日法要】といいます。

MEMO
初七日法要を繰り上げた場合、お葬式後に行う最初の法要は「四十九日法要」です。

四十九日法要(忌明け法要)四十九日法要(忌明け法要)

きちんと7日目に初七日法要を行う場合

7日目に初七日法要を行うケースは少ないですが、もしお葬式後に改めて初七日法要を行う場合は、日時・場所などを菩提寺とご相談ください。

 

簡単なご説明

「繰り上げ初七日法要」について、簡単にご説明します。より詳細な内容は、「よくあるご質問>初七日法要と繰り上げ初七日」をご覧ください。

繰り上げ初七日法要は2種類

告別式と同じ日に初七日法要を繰上げて行うとご説明しましたが、繰り上げ初七日法要には2種類あります。「一般的な繰り上げ初七日」と「式中初七日」です。

  1. 繰り上げ初七日
    収骨(お骨上げ)終了後に初七日法要。
    一般的な繰り上げ初七日です。
  2. 式中初七日
    告別式の直後に続けて初七日法要。
    火葬・収骨前に済ませます。近年増えている方法です。

(一般的な)繰上げ初七日

収骨(お骨上げ)終了後に行うのが、一般的な繰り上げ初七日です。

告別式→出棺・火葬→収骨→初七日法要→ご帰宅

収骨を終えた後、葬儀場やご自宅・寺院にて初七日法要を行います。一般的に【繰り上げ初七日法要】と言われるのは、このパターンです。

スタッフ

初七日法要は約30~45分程です。

式中初七日

告別式の直後に続けて初七日法要を行うパターンです。近年、増加している方法です。

告別式→初七日法要→出棺・火葬→収骨→ご帰宅

火葬前に初七日法要を済ませますので、収骨終了後にご帰宅になります。
この様な繰り上げ法要を【式中初七日(しきちゅうしょなのか)】または【繰り込み初七日】と言います。

最大のメリットは、「1.収骨終了後」と比べると、1~2時間ほど時間短縮が可能です

スタッフ

遠方からのご親族がいる場合、式中初七日を選択される方が非常に多いです。

 

菩提寺(お寺)の承諾も必要です

この数年間で、繰上げ初七日が一般的になりましたので、ほとんどの僧侶(お坊さん)は経験済みです。

ご家族が繰上げ初七日を希望した場合、問題なくご理解くださると思います。ただし、本来の初七日法要とは異なるため、反対される可能性もゼロではありません。

スタッフ

当社から僧侶をご紹介する場合は、問題ありません。

 

まとめ

以前は、「お亡くなりになった日にお通夜・翌日に告別式」という日程が多くありました。しかし、最近では火葬場の混雑やご家族様の都合で2~3日延びる(または、計画的に延ばす)ことがよくあります。

そのため、本来は命日から7日目に行う初七日法要ですが、最近では告別式と同日に一緒に行うことが一般的です。

ほとんどの方がお葬式と初七日法要をセットで終えられていますので、お葬式終了後の最初の法要は「四十九日法要」になります。

お葬式後は忙しいので、できる限り早めの準備がおすすめです。

 

お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

ご相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

お葬式後のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
専門家(行政書士・司法書士)への無料相談もご利用ください。

対応エリア
  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など