MESSAGE / すべての方へ

永代供養って何?

永代供養って何?

お墓や納骨堂の広告で「永代供養」という言葉を見かけた方も多いと思います。

永代供養とは、「お墓や納骨堂の運営者である霊園や寺院が永代に渡って供養してくれる」というものです。もし、お墓を継ぐ人(承継者)がいなくなった場合でも、無縁墓・無縁仏になる心配がありません。

従来のお墓は、”承継者がずっと続く”ことが前提のシステムでしたが、核家族化や未婚者の増加など、徐々に時代と合わなくなってきています。

現在、無縁墓の増加が社会問題となっており、霊園・市町村も対策を進めています。そんな背景の中、急速に増加しているのが永代供養サービスです。

注意
永代=永久ではなく、「その霊園・寺院が続く限り」という意味です。

スタッフ

次々と新しいサービスが誕生していますので、永代供養をご希望の方は、インターネットや広告などで候補を探し、必ず現地見学もして内容を確認しましょう。

永代供養の形態は主に2種類

「永代供養が希望だけど、お墓・納骨堂…どんな形態があるの?」と思われている方も多いと思います。

現在、一般的な「永代供養サービスの形態」は以下の2種類です。

  1. 最初から合祀墓へ遺骨を納骨する
    多くの人を一緒に納骨するお墓です
    永代供養が前提のお墓ですので、“永代供養墓”とも言われます。
    参考費用:3~10万円程度
  2. 一定期間、個別タイプのお墓や納骨堂を使用し、その後は合祀墓へ移行する
    期間は13~33回忌までと設定されている場所が多いです
    “永代供養付きのお墓・納骨堂”というイメージです。
    参考費用:10~100万円以上

費用は、各霊園ごとに大きく異なります。

葬儀社スタッフとして、お葬式前・終了後に色々なご相談を受けますが、永代供養を希望される方は、「そもそもお墓は必要ない」という方が多いので、【永代供養を希望=合祀墓を利用】が一般的です

MEMO
合祀墓(合葬墓・共同墓・集合墓)は、最初から多くの人を一緒に納骨・永代供養することが前提ですので、「永代供養墓」とも言われます。
注意
合祀墓へ納骨した後は、遺骨を取り出すことができません。ご注意ください。

 

どこで永代供養してくれるの?

「永代供養=ずっと供養してくれる事は知っているんだけど…どこに頼めばいいの?」という方も多いです。お墓?納骨堂?大阪府内や近所にあるのか?

合祀墓や永代供養付きのお墓・納骨堂を提供している運営者(経営主体)は、「公営・民営・寺院」の3つです。

「◯◯霊園、◯◯メモリアルパーク、◯◯墓地公園…」であれば、基本的に永代供養サービスを提供していると思います。

詳しくは、市町村・各霊園のホームページを確認しましょう。

スタッフ

インターネットで検索する場合は、「お住まいの地域+永代供養(または、合祀墓)」などで検索してください

永代供養料と永代使用料の違い

「永代供養料」に似た言葉で「永代使用料」があります。

永代供養は、先にご説明したようにお墓の運営者が「永代に渡って供養してくれるサービス」です。それに対して支払う費用が【永代供養料】です。

一方、【永代使用料】とは「お墓の土地を永代に使用する権利」を取得するために支払う費用です。

お墓の購入は、正確に言えば「お墓を建てる土地の使用権を購入して、その土地に墓石を建てる」になります。つまり、「お墓の購入費用=永代使用料+墓石代」です。

あくまで、土地の所有者は霊園や寺院です。

ちなみに、「永代供養付きのお墓の費用=永代使用料+墓石代+”永代供養料”」です。

 

新しい永代供養サービス

先ほどご説明した様に、永代供養サービスの基本は

  1. 最初から合祀墓へ納骨する
  2. 一定期間は個別タイプのお墓や納骨堂、その後は合祀墓へ移行

になりますが、次々と新しいサービスが誕生しています。

最近では「期限無しの永代供養付きのお墓」もあります。ずっと個別タイプのお墓を利用でき合祀墓へ移行しない、最初の購入費用以外は一切不要というものです。ただし、納骨は4名様まで等の条件はあります。

その他、夫婦限定・樹木葬・ペットも一緒など、多種多様なサービスがあります。ゆっくり検討して、ご希望に合うものを選ぶことが大切です。

 

まとめ

一言に永代供養といっても内容は様々です。

費用を抑えるのであれば、最初から合祀墓が最適ですが、一度納骨してしまうと取り出せないデメリットもあります。

納骨先を迷っているけど、自宅に遺骨を置いておくことに抵抗がある場合は、期間限定で納骨堂を利用する方法も良いと思います。

ご希望を明確に

お墓や納骨堂を選ぶ際に、広告やホームページ等で比較検討しようとしても、分かりにくい部分もあります。

そんな場合は、

  • 自宅の近く、車で◯◯分以内
  • 費用は◯◯万円まで
  • 最後は合祀で供養してくれる
  • etc…

など、優先順位を決めて候補を絞りましょう。そして、現地へ行って内容を確認する方法が良いと思います。

スタッフ

将来の事も十分に考え、ご自身や家族の希望に合ったものを選ぶことが大切です。

 

お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

ご相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

お葬式後のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
専門家(行政書士・司法書士)への無料相談もご利用ください。

対応エリア
  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など