MESSAGE / すべての方へ

墓地(運営者)の種類と特徴

墓地(運営者)の種類と特徴

お墓や納骨堂を購入する際に、まず運営者(管理者・経営主体)を確認しましょう。

お墓や納骨堂などの運営者は、大きく分けて「公営・民営・寺院」の3種類です

一般的な特徴は、

  • 公営(市町村が運営):申込条件がありますが、低価格で運営面で最も安定しています。
  • 民営(宗教法人が運営):高額で倒産の可能性がありますが、施設やサービス面で充実しています。
  • 寺院(お寺が運営):基本的に檀家になる必要がありますが、供養・法要という点では安心です。

ただし、時代の流れとともに「新しいお墓や納骨堂」が次々に誕生していますので、このページでの説明はあくまで一般的なものとお考えください。

MEMO
公営ではありませんが、自治会・町会が管理運営する小さな墓地も街中に多くあります。地域住民を中心に利用され、あまり一般販売はされません。

納骨先は3つ

まず、ご遺骨の納骨先は、「お墓・納骨堂・合祀墓」の3箇所が基本です(※樹木葬・手元供養・散骨は除く)。先ほどご説明した運営者:公営・民営・寺院のどれもが、基本的にお墓・納骨堂の両方を運営しています

合祀墓は少し特殊ですので、このページではお墓と納骨堂についてご説明します。

MEMO
合祀墓とは、多数の人を一緒に納骨するお墓です。永代供養が前提で承継者の心配がありません。詳細は、別のページ(作成中)でご説明します。

 

公営墓地・納骨堂

運営者:地方自治体(市町村)

市町村が運営しているため経営が非常に安定し、倒産(お墓が無くなる)の心配もありません。宗教を問わず、購入費用も低価格で、石材店も自由に選択可能です。

しかし、「抽選」・「その市町村の住民」・「お葬式が終わって遺骨が手元にある状態」などの条件があります。

 

メリット
  • 経営が非常に安定している
  • 費用が安い
  • 宗教を問わない
デメリット
  • 申込条件がある
  • 抽選&募集数が少ない
  • 募集期間が不定期

スタッフ

公営の場合、基本的に墓地の販売のみです。石材店は自由に選べます
詳しくは、市町村のHPや役所にお問い合わせください。

 

民営墓地・納骨堂

運営者:宗教法人・公益法人

広告やCMで目にする霊園・納骨堂は、ほとんどが民営です。最新の霊園では、バリアフリー設計や法要施設などサービスが充実しています。

法律(墓地埋葬法)では、地方自治体以外に墓地を設置できるのは「宗教法人・公益法人のみ」です。形式的にお寺などの宗教法人が運営者ですが、実際には石材店との共同開発が多く、石材店指定で費用は高額です。

 

メリット
  • 色々な場所にある
  • 宗教は問わない
  • 設備やサービスが充実している
デメリット
  • 公営に比べ費用は高額
  • 石材店が指定される場合が多い
  • 必ずしも経営が安定していない
注意
実質的には、宗教法人の名を借りて営利企業が運営権を握っている可能性も0ではありません。経営破綻する可能性もあります。

スタッフ

宗教・公益法人のすべてが”お金儲け”より、公共性・公益性を重視しているかといえば、残念ですがそうではありません。

 

寺院墓地・納骨堂

運営者:寺院(宗教法人)

一般的にお寺の境内や隣接地にあるお墓です。供養や法要のサポートは安心です。

ただし、寺院墓地を持つことは、基本的にその寺院の檀家になることを意味します。行事や御布施など、檀家の役割も担うことになりますので、注意が必要です。

最近は、寺院も経営難のために「宗旨・宗派を問わない」・「檀家にならなくてよい」という寺院墓地(宗教を問わない区画)も増えていますので、ご確認ください。

  • 宗教(宗旨)不問:仏教・神道・キリスト教、どれでもOKということです。
  • 宗派不問:仏教であれば宗派は問いませんということです。

 

メリット
  • 僧侶が供養してくれる
  • 管理がしっかりしている
  • 葬儀や法要などの相談もできる
デメリット
  • 利用者の宗旨・宗派が限定される
  • 石材店が指定される場合が多い
  • 寺院の檀家になる条件の場合も
注意
広告などに「宗教(宗旨)・宗派不問」と書いてあっても、購入後の事を必ず確認しましょう。購入後にその寺院の宗派へ改宗を強要される場合もあります
※「”過去”の宗教・宗派不問」という言葉は、購入後に檀家になることが条件の場合が高いので注意が必要です。

 

墓地は「借りている状態」です

「お墓の購入」は、正確に言えば「お墓を建てる土地=墓地の使用権(永代使用権)を購入して、そこに墓石を建てる」になります

あくまで、購入者は「使用権」のみで、土地の所有者は霊園や寺院です。納骨堂(屋内個別タイプ)も同じで、そのスペースの使用権を購入するということです。

MEMO
【お墓の購入費用総額=永代使用権+墓石代】になります。既に墓地をお持ちの方は、永代使用権は支払済みです。

不動産の様に「所有権(法務局に登記)」を持っている場合は自由に売買可能ですが、お墓は勝手に他人へ譲渡したりはできません。また、利用規則を守らない場合は、使用権をはく奪される場合もあります。

 

永代供養とは

お墓の広告などで、「永代供養」という言葉をよく見かけると思います。この永代供養(えいたいくよう)とは、「霊園や寺院が永代に渡って供養する」ということです。もし承継者がいなくなっても安心です。

近年、お墓・納骨堂に永代供養を組み合わせた様々なサービスが誕生しています。

MEMO
合祀墓は、最初から永代供養が前提のお墓ですので、永代供養墓とも言われます。
納骨費用は低価格ですが、基本的に一度預けた遺骨は取り出すことはできません。

内容が分かりにくい…

永代供養サービスの内容・費用は、各霊園・納骨堂によって異なります。

  • 一定期間は個別のお墓・納骨堂で遺骨を収蔵した後に、合祀墓へ移して永代供養
  • ずっと個別のお墓で永代供養。合祀へ移行しない
  • オプションで永代供養が付けられるお墓
  • etc…

本当にサービス内容が豊富…その反面、比較検討しようとしても、何が自分に合っているのか分からなくなってきます。

まず、ご自身・家族の希望順位を明確にしましょう。

  • 個別タイプのお墓・納骨堂、それとも合祀墓
  • ご自宅からの距離
  • 希望の予算

完全に希望を叶えるのは難しいと思いますが、1つ1つ検討して納得のいく場所を選びましょう。

スタッフ

私たち葬儀社スタッフもすべて把握できない程です。
契約内容を確認し、購入後に「何か費用が発生する場合があるか?」も必ず確認しましょう

 

お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

ご相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

お葬式後のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
専門家(行政書士・司法書士)への無料相談もご利用ください。

対応エリア
  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など