MESSAGE / すべての方へ

お墓は誰が建てる?

お墓は誰が建てる?

新しくお墓を建てる際、“お墓は誰が建てるべき(費用を負担すべき)なのか?” これに関しては、特に決まりはありませんし、誰が建てても問題ありません

ご家庭の事情も様々ですし、“どんな状況で、誰の遺骨を埋葬するお墓を購入するのか?”でも変わってくると思います

仮に、「ご両親、長男、次男」という家族構成:A家があり、現時点でお墓が無い場合、

  • ご両親がA家のお墓を建てる
  • 長男がA家のお墓を建てる
  • 次男がA家のお墓を建てる
  • 兄弟で負担し合って建てる

いずれもご家族が納得すれば問題ありません。

「親が子に負担をかけないために自分たちで建てる」・「子が親のために建てる」色々な考えがあると思います。

スタッフ

より重要なのは、「誰がお墓を管理していくか?」です。

お墓にかかる費用

新たにお墓を建てるのに必要な主な費用は、以下になります。

  • 永代使用料
  • 墓石代
  • 永代供養料
  • 年間管理費
  • etc…

お墓の費用は、霊園ごとに異なります。必ず総額費用と購入後に発生する費用を確認しましょう。

MEMO
永代使用料:お墓の土地を使用するための費用。お墓の土地は、あくまで「借りている状態」です。土地の所有者は霊園です。
注意
数人で費用を負担し合ったとしても、お墓の権利書に記載される「名義人は1名」のみです

 

誰が「管理するか?」が重要

誰がお墓を建てるか?という内容をご説明してきましたが、どちらかと言えば、「誰が建てるか(費用を負担するか)?」より、「誰が管理するか(お墓を守っていくか)?」が重要です。

一般的には、長男がお墓を継いで管理していくことが多いですが、長男がご病気だったり、遠方に住んでいて将来戻ってくる予定が無い…など、長男以外の人がお墓を継ぐことに適している場合は、その人が管理する方がおすすめです。

ご家族で話し合って合意すれば、長男以外がお墓を継ぐことはもちろん可能です。

MEMO
基本的に「お墓を管理する人=名義人」として登録します。

お墓には誰が入れるの?

法律的な明確な決まりはありませんが、基本的には「お墓の名義人の家族」です。慣習的に、お墓を継ぐ長男家族→そのまた長男家族→・・・と続きます。

極端に言えば、名義人が許可すれば他の人(血のつながりが無い人)も埋葬が可能ではありますが、詳細は墓地運営者に確認が必要です。

注意
墓地(霊園)の規約で、埋葬可能な範囲が決められている場合もあります。基本的には、「名義人の家族限定」という場所が多いです。

 

ご家庭ごとに最適な人は異なります

ご家庭ごとに状況も異なりますし、長男だけに負担をかける時代でもありません。また、長男にお子様がいない(長男から先の承継者がいない)場合もあります。

「誰が費用を負担するのか?・誰がお墓を継ぐのか?」は、ご家庭ごとに最適な人が異なります。

  • 自分のお墓は自分で買う
  • 親のお墓は長男が買う
  • 長男がお墓を継ぐ
  • etc…

色々と言われますが、ご家族で話し合って全員が納得すれば、誰がお墓を建てても問題ありません。それよりも、お墓の管理を誰が担うか?がとても重要です。

スタッフ

将来の事も十分に考慮して、お墓・納骨堂・合祀墓、どれがご家族に最適かを考えましょう。

 

お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

新家葬祭(しんけそうさい)
〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12

お困りの方は
いつでもご相談ください

ご相談ダイヤル
TEL. 072-234-2972

お葬式後のことでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
専門家(行政書士・司法書士)への無料相談もご利用ください。

対応エリア
  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など