お葬式相談窓口(事前相談)

遺骨ダイヤモンドのご注文は、お葬式「前」が理想

遺骨ダイヤモンドのご注文は、お葬式「前」が理想

遺骨ダイヤモンド(メモリアル・ダイヤモンド)は、お葬式や終活の関連情報としてテレビや雑誌等で紹介されることがありますので、ご存知の方も多いかもしれません。

ご依頼が頻繁にあるものではありませんが、完成後の嬉しそうなお顔を見ると本当に価値があるものだと感じます。

簡単なご説明

まず、天然ダイヤモンドは「炭素」成分で構成されています。地球内部の高温高圧環境で炭素が結晶化し、火山活動などで地表に現れます。
同様に、遺骨ダイヤモンドも成分は炭素です。その炭素は、故人のご遺骨から科学的に抽出します。そして、人工的に高温高圧を加えることで完成する人工ダイヤモンドです。成分・原理としては天然ダイヤモンドと同じです。

ご遺骨の供養方法(埋葬する場所)は、お墓や納骨堂が一般的ですが、より身近に供養をする「手元供養(てもとくよう)」も増えています。遺骨ダイヤモンドも手元供養の1つです。

遺骨ダイヤモンドについて

  • どうやって作るの?
  • 費用は?
  • 製作期間は?

などの疑問を持たれるのは当然です。でも、遺骨ダイヤモンドで最も大切なのは「ご注文のタイミング」です。理想のタイミングは、お葬式「前」です。その理由は「一定量の遺骨」を製作用に確保(収骨)する必要があるからです。

そのため、お葬式が終了した後(収骨を済まされた後)ではご注文をお受けできない可能性もあります。

今回はご注文のタイミングについてご説明したいと思います。

ご注文は、お葬式が始まる前(遅くても火葬日の前日)が理想のタイミング

まず結論からお伝えすると、遺骨ダイヤモンド(メモリアル・ダイヤモンド)のご注文は、お葬式が始まる「前」が最も理想的です。

具体的には

  • お葬式事前相談のご利用時
  • 実際のお葬式の打ち合わせ時

であれば全く問題ありません。また、遅くても「火葬日の前日」にスタッフにお申し付けいただければ対応可能です。

正式なご契約はお葬式終了後になります。

既にお葬式を済まされた方

既にお葬式を済まされた(お手元に遺骨がある)方でも、基本的にはご注文が可能です。詳しくは後でご説明します。

お葬式「前」が良い理由は、遺骨ダイヤモンド製作に必要な「一定量の遺骨」を確実に収骨することが可能だからです。

また、ダイヤモンド用以外に、お墓や菩提寺への納骨用が必要な場合でも、きちんと分けて(分骨証明書も発行して)収骨することができます。

  • お寺への納骨用+お墓などへの納骨用+遺骨ダイヤモンド用
  • お墓などへの納骨用+遺骨ダイヤモンド用
  • 遺骨ダイヤモンド用のみ

上記の様に、お客様によっては「お骨壺を2つ以上」ご利用される場合も多々あります。実際、遺骨ダイヤモンドの依頼者様は「お墓用+ダイヤモンド用」のケースが当社では多いです。

この様に、お葬式「前」にご相談いただければ、お骨壺の準備や書類手続き(分骨証明書の発行など)にもしっかりと対応が可能です。しかし、収骨時に突然「遺骨ダイヤモンドを作りたい」とご希望されても、対応できない可能性があります。

決断を少し迷っている場合

遺骨の供養方法として、遺骨ダイヤモンドが良いと考えているけど、少し迷っている…

そんな方も多くいらっしゃると思います。

迷われている場合、おすすめの対処法は「とりあえず遺骨ダイヤモンド製作用の遺骨を取っておく」です。もし、遺骨ダイヤモンドを止めて、お墓や納骨堂などへ変更することになったとしても、特に問題はありません。

とりあえず必要な遺骨を確保しておけば、いつでも製作は可能です。止めることもできます。お葬式が終わった後にゆっくりとご検討いただけます。

MEMO
仮に「お墓用+ダイヤモンド用」とお骨壺2つで収骨をして、ダイヤモンドを止める場合は、お骨壺を1つにまとめることも可能です。

参考価格

ここで製作費用について、簡単にご説明します。

遺骨ダイヤモンドは、最小の大きさ0.2カラットで528,000円(税込)になります。その他に0.3~1.0カラットまで0.1刻みでご注文が可能です。そして、指輪やネックレス等のジュエリー加工をご希望の場合は、別途費用(約10~15万円程度)が必要です。

  • 0.2カラット:528,000円
  • 0.3カラット:748,000円
  • 0.4カラット:968,000円
  • ジュエリー加工:約10~15万円

価格に対する基準や価値観は人それぞれですが、当社では0.2~0.4カラットのご注文が多いです。

見た目には天然ダイヤモンドと区別がつきませんので、指輪やネックレスへ加工をすれば「常に身に着けることが出来る(常に故人を感じることが出来る)」という点が、最大のメリットかも知れません。

あるお客様の言葉をご紹介すると

遠くのお墓の中で、夫(の遺骨)を一人ぼっちで置いておくより、ダイヤモンドになって一緒に日常生活や旅行に行ける方が良い

すごく印象的で今でも心に残っています。

また、対比するべきではないかも知れませんが、一般的なお墓に比べると低価格だと思います。もちろん、霊園によってお墓の価格は異なりますが、平均価格は数十万円~100万円、もっと高額な場合もたくさんあります。

お墓がある人、無い人。将来の事。親戚との関係性など、色々な事情を含めてゆっくりとご検討されることをおすすめします。

お葬式を済まされた(手元にご遺骨がある)方の場合

時々、他の葬儀社さんでお葬式を済まされた方からのご依頼もあります。もしかすると、このページをご覧の方の中にも

  • 既にお葬式は済ませたけれど、遺骨の供養方法を迷っている
  • お葬式を済ませた後で遺骨ダイヤモンドを知った

という方もいらっしゃると思います。

基本的には、ご遺骨がお手元にあれば遺骨ダイヤモンドの製作は可能ですが、他の葬儀社さんでお葬式を済まされた場合に問題となるのが「ご遺骨の量」です。先ほどご説明したように、遺骨ダイヤモンドの製作には「一定量の遺骨」が必要です。

まず、ご自身で判断するポイントとして「お骨壺の大きさ」をチェックしてください。

関西でのお葬式の場合、標準的なお骨壺の大きさは「5寸(直径:約15センチ・高さ:約15センチの円柱形)」です。もし、5寸のお骨壺でしっかりと収骨をしていれば、基本的には遺骨ダイヤモンド製作に必要な分量は満たしていると思います。

もし、大きさが5寸未満の場合は必要な分量に足りていない可能性もありますが、すぐに諦めなくても大丈夫です。まずはお電話ください。

MEMO

どうしてもご遺骨が不十分な場合は、別の方法として「ご遺骨+故人の遺品(思い出の品)」で製作することも可能です。不足する炭素成分を遺品(遺品に含まれる炭素)で補うかたちです。
※故人の遺品:洋服、本、手紙など。

【補足】:既にお墓に納骨済みの遺骨をダイヤモンドへ

これは非常に稀なケースになりますが、既にお墓や納骨堂に埋葬済みの遺骨を取り出して、ダイヤモンドにすることも可能です。

お墓の中(墓石の下)には納骨室があり、そこに遺骨を納めますが、お墓によって仕様(納骨方法)が異なります。

  1. お骨壺のまま納骨
  2. 納骨室の床が「土」で、土へ直接ご遺骨をまく(古いお墓に多い)

お骨壺のまま納めていれば取出す際に問題ありませんが、古いお墓で土へ直接ご遺骨をまいた場合は取り出すことが少し難しいかもしれません。詳しいご遺骨の取出し方法や手続きについては、各霊園にお問い合わせください。

まとめ

ご遺骨の供養方法は、まだまだお墓と納骨堂が基本です。そして、新しいタイプのお墓や納骨堂も誕生しています。

例えば、お墓を守る承継者が居なくなったとしても霊園管理者が供養をしてくれる永代供養サービス付き、モダンでお洒落な樹木葬(墓)、都心の便利な場所にある納骨堂、低価格な合祀墓・・など色々とあります。

他には海洋散骨、そして今回ご紹介した遺骨ダイヤモンド(メモリアル・ダイヤモンド)もあります。

それぞれにメリット・デメリットはありますが、多様な価値観に対応できる商品・サービスが増えるのは、とても良い事だと思います。

このページをご覧の方は、きっと遺骨ダイヤモンドにご興味がある・ご検討中の方が多いと思いますが、最後に私たちがお伝えしたいことは「ご注文は慎重に」です。

遺骨ダイヤモンドは、大切な故人様の遺骨を使って製作します。元に戻すことはできません。ご自身(またはご家族・親族)が納得できるまで、ゆっくりと慎重にお考えいただければと思います。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】