お葬式相談室をご利用ください

前回は葬儀社に言われるがままだったので…

前回は葬儀社に言われるがままだったので

お葬式事前相談のご利用が増えています。以前は「生前にお葬式の相談なんて不謹慎」という意見もありましたが、最近では【納得できるお別れのための準備】として、かなり一般的に受け入れられている感じがします。

事前相談の最も多いタイミングは、「医師から余命宣告を受けた時」です。急を要する方、数か月間の猶予がある方など、その時の状況は様々です。

明確に「家族葬でお願いします」・「堺市立斎場での葬儀で、総額◯◯万円以内」という方もいれば、「何もわからないので、最初から教えてください」という方もいらっしゃいます。

事前相談の基本的な流れとしては、大体のご希望をお聞きした上で、葬儀社として最適と思えるプラン・葬儀式場をご提案して、調整していく感じになります。何もわからない、お葬式が初めての方でも大丈夫です。

初めて葬儀社に相談するのは少し勇気がいるかもしれませんが、「とりあえず基本的な情報を聞こう」くらいの気持ちで良いと思います。

前回は葬儀社の言われるがまま…

事前相談のご利用理由トップ3は

  1. 亡くなった時に慌てない為
  2. 葬儀費用の総額を知りたい
  3. 事前に必要なモノを準備しておきたい

その中で、時々お客様から出るお話で

「前回のお葬式は葬儀社に言われるがままで、ゆっくりとお別れができなかった」

という方が多くいらっしゃいます。

より細かにご説明すると

  • 「気が動転していて、何が何だかわからずにお葬式が終わってしまった」
  • 「希望を聞き入れてもらえず、葬儀日程も勝手に決められた」
  • 「無事にお葬式を終えたけれど、想像以上に葬儀費用が高かった」

など、前回のお葬式に納得していない様子です。
もし、一方的に葬儀社が日程・内容を決め、追加費用の説明がなかったのであれば、本当に酷い話です。

 

実際にあったお話

過去にお客様からお聞きした印象的な実話を2つご紹介します

1.勝手に火葬場を変更

自宅と同じ◯◯市にある葬儀社に依頼して、日程は希望通りに決まったのは良かったんですが…
火葬当日に葬儀社スタッフから“◯◯市の火葬場予約が取れなかったので、隣の△△市の火葬場へ行きます”と突然言われたんです。
本当なら片道10分のはずが45分かかり、火葬料金も市外料金で10万円でした。

2.告別式は必ず午前中

遠くから親戚も来るし、告別式はゆっくりお昼頃にスタートが良かったのに、“朝9時開式”と言うので変更を希望したら“火葬場が空いていないから無理です”。
じゃあ日程を1日遅らせたいと言うと、“すでに式場・スタッフを手配済みなので日程変更も無理です”。
仕方なく受け入れましたけど、(遠くから来た親戚には)もう少しゆっくりして欲しかったです。
後で、同じ葬儀社を利用した友人に聞いたら、“私の時も朝早かったわよ”って…

2つとも実話ですので、ちょっと酷いなと思います。

火葬場は基本的に故人様の住所地の火葬場を利用します。もちろん料金は市民料金(数千円~2万円)です。
仮にご家族様の都合でどうしても葬儀日程を変更できない場合は、「その日程では火葬場の空きが無いので、市外料金で他市の火葬場でも良いですか?」と尋ねるべきだと思います。

また、告別式は火葬場予約時間の1時間~1時間半前スタートが基準です。一般的には11時~、12時~、13時~の開式が多いですが、朝9時は早いと思います。

実は大手葬儀社に多いですが、出来るかぎり早く告別式をスタートしたい理由があります。
それは、告別式を早く終了させ葬儀式場を空けておけば、もし別のお客様からご依頼が入れば、その日にお通夜が行えるからです。
告別式のスタートが遅いとお通夜の準備が間に合わなくなるため、午前中に早く済ませたいということです。

状況によっては、朝9時開式もあり得ますが、毎回のように朝9時や10時の開式は葬儀社都合です。ご家族が日程を延ばしたいと希望すれば、柔軟に対応すべきだと思います。

 

ご希望通りの日程でお葬式ができない場合もあります

決して葬儀社の都合ではなく、本当にご希望の日程でお葬式ができない場合もあります。

例えば、

  • 「直葬が希望なので、明日に火葬して欲しい」
  • 「今日(お亡くなりになった日)お通夜で、明日告別式・火葬がしたい」

というご希望は多いですが、不可能な場合があります。

その理由としては、

火葬は24時間後

法律により、火葬は死後24時間以上経過していなければ許可されません。
また、火葬場は通常10時~16時の運営ですので、お亡くなりになった時間帯によっては、最短で翌々日の火葬になります。
※特別な感染症などの場合は除く

式場・火葬場の予約が取れない

葬儀式場や火葬場が希望日に空いているとは限りません。
また、葬儀式場が空いていても、火葬場予約が埋まっている。その反対で、火葬場予約は空いているけど、葬儀式場を他のご家族様が使用している事も多いです。

お坊さんの都合が悪い

お坊さん(僧侶)の都合で日程延長というケースは少ないですが、お盆やお彼岸の時期は、法事などで忙しいため都合が悪い可能性が高くなります。
※お坊さんを呼ばない、直葬や無宗教葬は除く

この様に、お葬式は様々な要素を考慮して日程を組みます。もちろん、ご希望通りの日程で進む場合もありますし、日程延長などの調整が必要な場合もあります。

MEMO
去年頃、「火葬難民・葬儀難民」という言葉が多くのメディアに出ました。
主に東京など関東地方の情報ですが、「火葬場の予約が取れなくて、火葬・葬儀ができない」という社会問題です。
現状、大阪では1~2日後以内で火葬場予約可能ですが、将来的には日数が延びる可能性もあります。

 

事前相談の時の注意点

不慮の事故など、思いもしないタイミングでお亡くなりになることもありますが、もし1日でもお時間がある場合は、事前相談のご利用がおすすめです。

注意点として

  • 強引に会員入会や積立金を勧めてくる
  • 詳細な総額費用を出してくれない
  • 追加費用が必要になるケースなどの説明がない

この様な葬儀社は絶対に避けましょう。葬儀社の会員制度や積立金はお葬式に一切必要ありません。

親切で低価格の葬儀社さんもたくさんあります。ただ、最低限のチェックポイントとして「本当にこれで総額ですか?追加費用はありませんか?」と確認は必要です。

お近くの葬儀社がおすすめ

限られた時間の中での葬儀社選びは、とても悩むと思います。事前相談がなければ、死亡後の数時間以内に葬儀社を決定する必要があります。

看護師さんから近くの葬儀社一覧表やタウンページを渡される、病室内でスマホで検索する…

その中で冷静に良いと思える葬儀社を探すのは難しいと思います。また、病院紹介の葬儀社に依頼して高額請求されたケースも多いです。

注意
近年、葬儀社紹介業者が増えています。葬儀社ではなく、お客様に葬儀社を紹介して仲介手数料で利益を得る会社です。
「全国対応、追加費用なし、◯◯万円」と広告で集客し、実際には追加料金が発生していた事で消費者庁から注意を受けたり、その他のトラブルも増えています。
日本全国の葬儀社・葬儀式場を掲載しているホームページは紹介業者ですのでご注意ください。

ご自身で情報を調べることはとても大切です。
ただ、葬儀社のホームページを見ても、わかりにくい部分もあると思います。「低価格・追加費用なし」をアピールして、実は追加費用が必要で高額な場合もあります。
また、インターネット上には色々な地域の情報が混在し、誤った情報も多いです。

やはり、地域の正しい情報を把握している、お近くの葬儀社へのご相談がおすすめです。

 

お互いに葬儀内容を共有

どこでお葬式をするか?どのようなお葬式を希望するか?葬儀式場・火葬場の空き状況は?などによって、日程や葬儀費用は変動します。

そのため、お一人おひとりのご希望を聞いた上で、葬儀内容の組み立てが必要になります。

お時間がある場合は、最低限2~3社でお見積りを取り、その中から内容・金額、アフターサポートも含めて納得できる葬儀社を選択する方法が安心だと思います。

事前相談を利用することで、様々な不安や疑問などが解消されます。そして、最大のメリットは「お互いに事前に決めた葬儀内容を共有できる」ことだと思います。

葬儀費用は?日程は?お葬式後の相続は?…

そんな不安がなく、【大切な人との最後のお別れ】に集中できるために事前相談は重要だと思います。

「まずは基本的な情報を聞いてみよう」という気持ちで、お近くの葬儀社へ相談に行かれてはいかがでしょうか。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】