お葬式相談室をご利用ください

知らない人が相続人になる?

知らない人が相続人になる?

故人の遺産を相続する際に、まず「誰が相続人になるのか?」を調べることからスタートします。

どうやって相続人を調べるかと言うと、故人の「出生~死亡時までのすべての戸籍謄本」を集めます。正確には、死亡時⇒出生とさかのぼって集めます。

まず、現在の本籍地(A)の市町村役場で戸籍を申請します。もし、Aより前の本籍地がBだった場合は、続けてBの市町村役場で戸籍を申請します。Bより前がCなら、続けてCの市町村役場へ…これを出生まで続けます。そのため、人によって出生までの戸籍の枚数は異なります。

故人の戸籍をたどることで、その人の身分関係(出生・結婚・死亡・親族関係等)が全てわかり、相続人が誰になるかが判明します。ちなみに、亡くなった人を「被相続人」、財産をもらう人を「相続人」といいます。

戸籍謄本:その戸籍に入っている人「全員の情報」が載っている戸籍の写し。
戸籍抄本:「特定の1人」についてのみの情報が載っている戸籍の写し。

遺言書がない場合は法定相続人が相続します

一般的には、法定相続人(民法で決められた相続人で、亡くなった人の配偶者と、子か親か兄弟姉妹など)が遺産を相続します。もし故人が遺言書を作成していた場合は、基本的に遺言書の内容に沿って相続をします。

参考 法定相続人の範囲三井住友銀行
  • 夫・妻・子という家族構成の場合で、夫が死亡した場合は「妻と子」
  • 夫・妻・夫の両親という家族構成の場合で、夫が死亡した場合「妻と夫の両親」
  • 夫・妻・孫(子が先に死亡)という家族構成の場合で、夫が死亡した場合「妻・孫」

法定相続人には故人の遺産を相続する権利がありますので、その人を無視して相続手続きは進みません。必ず全員での話し合いが必要です。

調べて見ないと分かりません

知らない人が相続人として現れるなんて、そんなドラマみたいなこと私には関係ない…と思われるかも知れませんが、可能性が0とは言い切れません。

実際に、当社にお葬式をご依頼くださった方の中にも

  • 戸籍を調べたら、妹が見つかりました。
  • おじいちゃんが実は再婚で、他に相続人がいました。

と想定外の相続人が見つかった方がいます。

皆さん、生まれて一度も聞かされていなかったので、本当にビックリされます。また、司法書士などの専門家とお話しをすると、結構よくあるお話しみたいです。

無視はできません

突然、知らない人(Aさん)が相続人になると判明した場合、「合ったこともないし、いままで何も協力してくれなかったし、お葬式にも来なかったので無視しよう…」という気持ちは分からないでもないですが、無視できません。

例えば、故人がお持ちだった不動産の名義変更をする場合、相続人全員の戸籍謄本,住民票の写し等が必要です。つまり、Aさんは相続人の1人ですので、Aさんの協力なしに名義変更はできません。

Aさんには相続権がありますので、遺産分割協議などの話合いに参加してもらうことになります。

 

ご家族が直接お話しする

どのような理由で、ご家族以外に相続人がいる事実を故人が言わなかったのか、隠していたのか、言うタイミングを逃してしまったのかは、様々な理由があると思います。

離婚・再婚、時代背景、単純に離婚した家族には相続権が無いと思い込んでいた等、きっと悪気があっての事ではないと思います。

ご自身(家族)からすれば「知らない人に財産をあげるなんて」と思う気持ちもわかりますが、一方的に「相続を放棄しろ」「遺産分割協議書に署名捺印と印鑑証明書の提出」を求めるような書類を送り付けるのは横暴ですし、トラブルの原因になるので絶対に止めましょう。

相手の立場になれば、確実に気分を害することは簡単に想像できます。本当は協力的な人であっても、一方的に権利を放棄しろと言われれば、財産分与を強く要求してくるかもしれません。

相手もビックリします

相手側も故人の存在を知らない、自分が知らない人の相続人であると想像もしていない場合もあり、同じ様にビックリされます。

「私とあなたは実は親戚で、あなたにも相続権があるのでお話しがしたい」と突然言われれば、何かの詐欺?と最初は疑うと思います。私も個人的にその様なお話しが知らない人から突然来れば100%疑います。

ですので、最初は郵便で挨拶文・自己紹介とご自分の連絡先、簡潔に相談内容、相続人である証明として戸籍のコピーを送ることが良いと思います。

専門家にアドバイスを

もし、知らない人が相続人だとわかった時は、ご家族の誰かが代表して連絡を取り、直接お会いして事情を説明した上で、協力してもらうことがおすすめです。

その人も同じ相続人です。平等に相続権があることをきちんと説明し、その人の気持ちとご家族の意向に合った方向に進むことが理想です。

お話しが上手くまとまった後は、相続人全員が了承した証拠として遺産分割協議書を司法書士などの専門家に作成してもらえば安心です。

不動産の相続登記を司法書士に依頼した場合、戸籍収集・相続人の確定も代理で行ってくれます。その時点で知らない相続人が見つかった場合は、そのままの流れで相談することが良いと思います。話合いのアドバイスやその後の手続きも任せることができます。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】