お葬式相談室

遺言書が複数見つかった場合、どの遺言書が有効になる?

ブログ遺言書が複数見つかった場合

遺言書は、自由に何度でも書き直しが可能です。また、「遺言書は1枚だけ!」という決まりもありません。

定期的に内容を見直したり、遺言書作成後に生活状況や考えが変わったりすることもあります。そのため、複数の遺言書が見つかることは決して珍しいことではありません。

もし、複数の遺言書が見つかった場合、1つの遺言書だけ有効?すべての遺言書が有効?…どの遺言書が有効になるのでしょうか?

有効になるのは、基本的に「日付が最新」の遺言書

遺言書の書式は厳格に定められていて、必ず「日付」が記載されています。法律では、最新の日付の遺言書(最後に作成された遺言書)が有効と定められています。

新しい遺言書で、古い内容が取り消しと見なされる

新しい遺言書によって、古い遺言書の内容が取り消されたものと見なされるからです。

例えば、遺言書Aと遺言書Bが見つかり、両方とも同じ財産についての内容でした。

  • A:「財産◯◯を◇◇に相続させる」
  • B:「財産◯◯を△△に相続させる」

【同じ財産】に関する内容で重複している場合、最新の日付の遺言書が有効となります。
※ただし、遺言書A・Bともに法的に有効(不備がない)であると判断された場合。

遺言書が複数ある場合(民法1023条)
前の遺言が後の遺言と抵触する時は、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。

内容が重複していなければ、「古い遺言書」も有効になる場合があります

原則として、「日付」が最新の遺言書が、より故人の意思を表しているため有効です。

しかし、あくまで“同じ内容”に関する遺言書であれば、最新の遺言書の内容が有効になるということです。

つまり、内容が重複していなければ、古い遺言書に書かれた内容も有効です。

最新の遺言書以外がすべて無効になるわけではありません。もし、遺言書が3通あれば、すべてが有効になるケースもあります。各遺言書の内容に“抵触する部分(内容に矛盾・重複)”が無いのなら、各遺言書は有効となります。

2通の遺言書が、「異なる財産」について書いている場合

例えば、日付が異なる遺言書が2通見つかった場合。

  • 古い遺言書では、財産Xを長男へ相続させる内容。
  • 新しい遺言書では、財産Yを次男へ相続させる内容。

日付の違いはありますが、【財産X】と【財産Y】は異なり、両立可能です。遺言内容に抵触(重複)する部分が無いため、どちらの遺言書も有効になります。

2通の遺言書が、「同じ財産」について書いている場合

  • 古い遺言書では、財産Xを長男へ相続させる内容。
  • 新しい遺言書でも、同じ財産Xを次男へ相続させる内容。

両方とも、【同じ財産X】に関する内容として抵触(重複)する事になり、両立は不可能です。この場合、新しい遺言書で古い遺言書を撤回したと考えられます。つまり、新しい遺言書が有効となり、財産Xは次男へ相続されます。

 

遺言書の種類が異なる場合でも、効力は同じ

実は、遺言書には種類があります。一般的に遺言書は、「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」のどちらかです。
※もう1つの秘密証書遺言はあまり利用されません。

  • 自筆証書遺言:自分で作成する遺言書。
  • 公正証書遺言:公証役場で公証人に作成してもらう遺言書です。

2つを比べると、公正証書遺言は公証人という専門家が作成し、原本が公証役場で保管されますので、法的に自筆証書遺言より強い効力がある感じがしますが、遺言書としての効力は同じです。

公正証書遺言を作成後に、自分で自筆証書遺言を作成し、正しい書式(書き方)で法的に有効であれば、後で作成された自筆証書遺言が有効になります。

MEMO
公正証書遺言の作成件数は増えています。平成30年度で約11万件です。

 

発見した場合は、すべてを保管して専門家へ相談

複数の遺言書が見つかった場合は、1通の場合よりもかなり複雑になります。場合によっては、公正証書と自筆証書が入り混じるケースもあります。公正証書以外の遺言書の場合は、家庭裁判所での検認も必要です。

複数の遺言書を発見した場合は、すべての遺言書をきちんと保管し、自分以外の相続人にも必ず連絡をしましょう。その上で、専門家・公証役場・家庭裁判所への相談をおすすめします。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・1日葬・無宗教葬・自宅葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。
お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】

■ 対応エリア:

  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など