MESSAGE / すべての方へ

相続人が既に亡くなっている場合

ブログ代襲相続

故人の財産を相続できるのは、基本的に法定相続人(配偶者・子など)です。しかし、遺産を相続できる方が、既に死亡しているというケースもあります。その場合、既に死亡した人の相続権はどうなるのでしょうか?

例えば、父(母は既に死亡)が亡くなり、子どもが遺産を相続することになりました。
子である「Aさん」・「Bさん」、それに本来は「Cさん」を加えた3人が法定相続人として父の遺産を相続するはずでした。しかし、Cさんは既に亡くなっています。Cさんの相続権(受取るはずの遺産)はどうなるのか?

相続権は消滅しません

この場合、Cさんが持つ相続権が消滅する訳ではありません。
Cさんの相続権は、Cさんの子や孫などに引き継がれます【代襲相続】。つまり、Aさん・Bさん、それにCさんの子(または孫など)で遺産を分割することになります。

 

代襲相続

本来、相続人となる権利を持つ人が、【相続が発生する前に亡くなっていた】場合、その人の相続権は「子や孫」と下の世代が引き継ぐことが可能です。これを「代襲相続(だいしゅうそうぞく)」と言います。

上記事例の場合、
Cさんの相続権は、Cさんの子であるDさん(故人の孫)に引き継がれます。また、Dさんも死亡していた場合、Dさんの子であるEさん(故人のひ孫)に引き継がれます。Dさん、Eさんの様に、Cさんの相続権を代襲する人を「代襲者」といいます。

ただし、すべての人が代襲相続ができる(代襲者になれる)訳ではありません。代襲相続が認められる人は、以下の人に限られています。

  • 被相続人(故人)の子・孫・ひ孫……
    直系卑属の場合、永久的に下の世代へ代襲相続が続きます。
  • 被相続人(故人)の甥・姪
    法定相続人が故人の兄弟姉妹の場合、代襲相続は兄弟姉妹の子である甥・姪まで。甥・姪の子には代襲相続されません。

 

相続放棄をした場合は適用外

上記の事例で、もしAさんが父の財産に関して、「相続放棄」をした場合、Aさんは「初めからいない者」として扱われ、相続権を失います。この場合は、Aさんに子や孫がいたとしても、代襲相続はできません。
※「相続放棄」は、自身が相続人であることを知ってから3か月以内に家庭裁判所で手続き。
※「相続人の廃除」・「相続権の欠格事由」の場合とは異なります。

上記事例の場合、父の遺産はBさん・Dさん(Cさんの子)、2人で相続する事になります。このように、「相続放棄」をした場合は、放棄した人の下の世代へ相続権は引き継がれません。

 

相続人の廃除・相続権の欠格事由

「相続放棄」は、相続権を持つ人が【自らの意思】で相続権を放棄することですが、自らの意思とは関係なく相続権を失う場合もあります。それが、「相続人の廃除」と「相続権の欠格事由」です。

「相続人の廃除」は、被相続人(故人)が推定相続人(将来の相続人)から生前に虐待や侮辱、著しい非行があった場合に、被相続人の意思によって、家庭裁判所に廃除を請求することで相続権を奪うことが可能です。
※遺言書でも請求可能。

「相続権の欠格事由」は、推定相続人(将来の相続人)が被相続人や他の相続人を死亡させたり、詐欺や脅迫によって遺言書の偽造・廃棄などを行うと、相続人の権利を奪われることを言います。被相続人の意思とは全く関係ありません。

相続権を失う行為

以下の行為が廃除や欠格に当たります。

  • 被相続人や他の相続人を、殺害(未遂)し刑事罰を受けた。
  • 詐欺や脅迫によって、遺言書の作成・変更・取消しなどをさせた。
  • 遺言書を隠匿・偽造・廃棄・改ざんした。

「相続廃除」や「相続欠格」の扱いを受けた人に子がいた場合、子が代わりに相続権を引き継ぎ(代襲相続)ます。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・1日葬・無宗教葬・自宅葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。
お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】