MESSAGE / すべての方へ

財産を相続できる人(法定相続人)

ブログ法定相続人

被相続人(故人様)が残した財産について、「相続する権利を持つ人」のことを【法定相続人(ほうていそうぞくにん)】と言い、法律によって定められています。

法定相続人は、誰でもなれるというものではなく、民法によって【範囲と順位】が決められています。遺産相続の最初の準備として、「法定相続人は誰なのか?」を探すことからスタートします。

法定相続人の範囲

法定相続人(遺産を相続する権利を持つ人)になれる人は、民法により定められています。

  1. 被相続人の配偶者(夫または妻)
  2. 被相続人の(直系卑属)
  3. 被相続人の父母(直系尊属)
  4. 被相続人の兄弟姉妹(傍系血族)

※直系卑属:自分より後の世代で直通する系統の親族
※直系尊属:自分より前の世代で直通する系統の親族
※傍系血族:共通の祖先から枝分かれした血縁関係

上記4つに当てはまる方が、法定相続人になります。ただし、1~4の全員が遺産を相続できるわけではありません。

それ以外の方は、被相続人(故人様)とどんな関係であっても法定相続人として認められません。長年一緒に住まわれていた「内縁の妻・夫」や「愛人」も、法定相続人として認められません。

遺言書で指定されている場合は別

法定相続人以外でも、遺言書で相続人として指定されている方は、故人の遺産を相続できます。

 

法定相続人の順位

被相続人の配偶者(妻または夫)は、常に法定相続人になりますが、それ以外の方は、法定相続人になれる順位(第1~第3順位)が決まっています。

第1順位の人がいれば、法定相続人は、【配偶者と第1順位の人】。
第1順位の人がいなくて、第2順位の人がいれば、法定相続人は、【配偶者と第2順位の人】。
第1・第2順位の人がいなくて、第3順位の人がいれば、法定相続人=【配偶者と第3順位の人】。
になります。

第1順位:被相続人の子(子が死亡の場合は孫)

子には、養子・非嫡出子・胎児を含みます。また、子が既に死亡している場合、その子の直系卑属(子や孫)が相続人になります。

第2順位:被相続人の直系尊属(両親・祖父母など)

第1順位の人がいない場合に相続人になれます。両親・祖父母ともにいる場合は、被相続人により近い両親が優先されます。

第3順位:被相続人の兄弟姉妹(または兄弟姉妹の子)

第1順位・第2順位の人がいない場合に相続人になれます。兄弟姉妹が既に死亡している場合は、兄弟姉妹の子(甥・姪)が相続人になります。

 

相続を放棄する方法

自身が法定相続人であっても、「財産を相続しない(相続放棄)」ということも可能です。相続する財産には「プラスの財産(預貯金・自宅・車など)」だけでなく、「マイナスの財産(借金・税金・治療費など)」も含まれます。

もし、相続人(故人)に多額の借金などがあり、相続財産が全体でマイナスの場合は相続放棄が可能です。相続放棄をする場合、自分が相続人であると知ってから、3か月以内に家庭裁判所で手続きを行う必要があります。

借金はご家族にも内緒にしているケースが多いため、調査が非常に難しいです。通帳の取引履歴やキャッシュカード、金融機関との契約書・督促状など、十分にチェックする必要があります。

相続にご不安な場合は、費用はかかりますが、弁護士などの専門家に財産調査や相続のサポートを依頼することもおすすめです。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・1日葬・無宗教葬・自宅葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。
お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】