お葬式相談室

エンディングノートの書き方、遺言書との違い

ブログエンディングノート

エンディングノートという言葉をご存知の方も多いと思います。エンディングノートとは、「病気や介護が必要になった時・終末期・死後」などに関するご自身の希望などを書き記すノートのことです。

主に「自分の基本情報、交友関係、財産・保険、介護・治療、お葬式・納骨、ご家族へのメッセージ」などについて記入していきます。

エンディングノートの目的

  • ご家族が知らないと困る重要な情報をまとめる。
  • 自分に何かが起こった時の希望とその理由を伝えことができる。
  • ご家族に伝えたいメッセージを残す。

「ん~書くのが大変そう…」と思われるかもしれませんが、すべてを書く必要はありません。最近では、穴埋め・チェック形式も発売され、文章を書くことが苦手な方でも気軽に始めることができます。

インターネットや本屋さんなどで購入できますので、終活の第一歩には最適です。

まずは、気楽な気持ちでスタート

エンディングノートには遺言書のような【法的効力】はありません。書いた内容が、ご家族の重荷(強制)になることはありません。あくまで、ご自身の希望や想いをご家族に伝えるものです。

終活について少し意識し始めた方は、最初に何をすれば良いのか迷われます。そんな時に、エンディングノートは最適です。考えるべきことをアドバイスしてくれます。

細かな事柄は、書き進めるにつれて徐々に明確になります。まずは、気楽な気持ちでスタートしてみてはいかかでしょうか。

エンディングノートを利用するメリット

エンディングノートはあくまでメッセージで、遺言書のような法的効力はありません。しかし、ご自身の気持ち・意思を伝えることは十分に可能です

ご自身に関することで、ご家族が重大な決断を突然迫られる可能性もあります。その時、ご自身の希望や理由が明記してあれば、残されたご家族は非常に助かりますし、心の負担も軽くなります。

また、日常生活に関する細かな情報の整理だけでなく、お葬式の準備や葬儀後の手続きもスムーズに進みやすくなります。

特に、若い世代の方は「菩提寺・宗派・お墓」についての情報をご存知でない方も多いので記入しておきましょう。

自分にもしもの事があっても家族が困らない

「病気治療に関する希望」・「葬儀内容や依頼先の葬儀社」などを書き残しておけば、ご家族が戸惑う可能性も低くなります。

生活に関する情報の整理と見直し

現時点での自分に関わる情報の整理や見直しとして役立ちます。終活や年齢に関わらず、日常生活の備忘録としても活用できます。

お葬式後の手続きに関してスムーズ

「口座がある銀行・郵便局」・「契約しているサービス(新聞・インターネット)」などがわかれば、葬儀後の名義変更や解約に役立ちます。

メッセージを伝えることができる

普段、恥ずかしくて言えない感謝の気持ちを伝えることができます。そのメッセージで残されるご家族の悲しみを和らげる効果もあります。

 

遺言書との違いは、法的効力の有り無し

遺言書には法的拘束力(周りの人への強制力)がありますが、エンディングノートにはありません。

エンディングノートはあくまで本人の希望やメッセージを記したものです。その分、気軽に自由に書けますし、何度でも訂正が可能です。

場合によっては、遺言書が必要になります

ただ、遺産相続や子の認知・相続人の廃除など、「法的に確実に実行したい事柄」や「遺産相続で親族内の紛争が起こる可能性がある」場合は、遺言書の作成が必要です。

遺言書は「死後」についての文書。エンディングノートは「生前+死後」に関する文書になります。ご家族へのメッセージは共通して残すことができます。

どちらもメリット・デメリットがあります。状況によっては、両方を作成することもおすすめです。

MEMO

遺言書も万能ではありません。基本的には「財産の分配」に関して法的効力があります。

遺言書とエンディングノートの違い

  • エンディングノートには、遺言書のような「法的効力」はありません。
  • 遺言書の作成には、費用(数万円~)がかかりますが、エンディングノートは本1冊。
  • 基本的に、遺言書は「死後」について、エンディングノートは「生前+死後」
  • エンディングノートは、誰でも見ることができます。
  • 遺言書を発見したら、家庭裁判所へ提出して検認が必要な場合があります。
注意
基本的には、エンディングノートに法的効力はありません。
しかし、自筆証書遺言の条件【自筆・署名・押印・作成年月日】を満たすと、遺言書となる可能性もありますのでご注意ください。

 

エンディングノートの購入方法と無料ダウンロード

最近では数多くのエンディングノートが発売されていますが、記入する内容(基本項目)に関してはほぼ同じです。Amazonや大型書店で購入可能です。

一度、書店で中身を見比べて、自分に合ったエンディングノートを購入しましょう。

市販でおすすめのエンディングノート

初めての方におすすめなのが、【KOKUYOのエンディングノート「もしもの時に役立つノート」】です。

日常生活に起こる様々な「もしもの時」に役立つようにというコンセプトに作られ、ページ配置や構成にも配慮されています。イラストも豊富でとても見やすい商品です。

参考 コクヨのエンディングノート「もしもの時に役立つノート」KOKUYO

コクヨのエンディングノート

ブログエンディングノート2

ブログエンディングノート3

ブログエンディングノート4

市区町村によっては、独自のエンディングノートを無料配布しています

また、各市区町村が作成した無料のエンディングノートもあります。

インターネットでダウンロード(PDF形式)が可能ですので、「◯◯市 エンディングノート」で検索してみてください。

堺市の無料エンディングノート

 

書き方のポイントは、“相手を思う”

エンディングノートでよくある落とし穴は、「書き方がよくわからない…」・「途中で嫌になる…」です。

最初から全部を書こうと思わずに、好きな所から書いていきましょう。順番は気にしないでください。書くタイミングは、書きたくなったら書きましょう。

特定の誰かを想定しながら書く

1つのポイントとして、漠然と書くのではなく、夫・妻・子など “特定の誰かを想定しながら書く” ことが重要です。

エンディングノートには法的効力はありませんが、ご家族は出来る限り希望を叶えようと行動してくれると思います。ですので、一方的な押し付けではなく、相手のことを考えながら、自分の希望も含めるというのが理想です。

できるだけ具体的に

また、「葬儀は豪華に」・「葬儀は質素で」など、あいまいな表現は人によってイメージが異なりますので、できる限り具体的な内容にしましょう。この場合、葬儀社の見積書や写真などの添付がおすすめです。

大切な情報は慎重に(記入する場合は【ヒント】まで)

最後に、【他人に知られては困る情報】はなるべく書かない方が無難です。

例えば、「金庫やキャッシュカードの暗証番号」や「通帳・実印の保管場所」、「PCやスマホのパスワード」などは、事前にご家族に知らせておきましょう。

MEMO
重要な暗証番号・パスワードを記す場合は、答えを導き出す “ヒント” までに留めておきましょう。

もし、借金がある場合は隠さずに

故人が借金の情報を家族に伝えずに亡くなることはよくあります。借金の有り無しは、相続手続きをするご家族にとって非常に重要です。

金額にもよりますが、残されたご家族には「相続放棄」も選択肢の1つになる思います。

エンディングノートの書き方まとめ

  • 特定の誰か(エンディングノートを見るご家族など)を想定して書く。
  • 依頼相手の負担・状況なども考慮し、無理な希望は書かない。
  • あいまいな表現は避けて、できる限り具体的に書く。
  • 暗証番号などの重要な情報は、口頭で伝えておく。
  • 書いたら終わりではなく、定期的に見直しましょう。

 

保管場所は必ず伝えておきましょう

折角のエンディングノートも発見されないと意味がありません。しかし、「家族に見られたら恥ずかしい…」という方もいらっしゃいます。お気持ちは分かります。

また、遺産相続に関する内容をご家族が見て「こんなの不平等だ!」と口論になる可能性も0ではありませんが、その時はその時でご家族で話し合う良い機会と捉えましょう。

MEMO
エンディングノートには、遺言書のような法的効力はありません。

誰かが発見してくれるだろうはダメ!

エンディングノートの保管場所は非常に難しいです。「ここに置いておけば、発見してくれるだろう」では、不安が残ります。

エンディングノートの【存在】は必ず伝えておきましょう。誰かに「◯◯に保管してるから。」と日頃から伝えておきましょう。普段持ち歩く財布などに保管場所のメモを入れておくことも1つの方法です。

「銀行の貸金庫」への保管は避けましょう。貸金庫を開ける手続きに時間がかかりますので、通常発見はお葬式後となってしまいます。

保管場所のポイント

  • リビングや書斎など人目に付く場所。
  • 内容によっては人目を避けて保管。
  • 日頃から保管場所を伝えておく。
  • 財布に保管場所のメモを入れておく。

保管場所は【もしもボックス】がおすすめ

個人的には、以前テレビで見たあるご家族の方法がおすすめです。▼

ご主人が「もしもBOX」と名付けたダンボール箱をご自分の部屋に設置していて、自分が病気や死亡した時に必要な遺影写真データや友人の連絡先ノート、副葬品などを全部「もしもBOX」に準備していました。

ご家族全員、日頃から「もしもBOX」の存在を知っているので、ご主人が亡くなった時は必ず「もしもBOX」を見るはずです。その中にエンディングノートがあれば、発見は100%です。

 

まずは自分の情報整理として始める気持ちで

エンディングノートの認知度が6割を超えているというデータもありますが、実際の利用者は数%程度とまだまだ低いです。

しかし、エンディングノートは高齢者のためだけでなく、どの世代の方にも利用可能です。「エンディング=終活」というイメージになりがちですが、“現時点での自分に関する情報を整理する”という意味では、日常生活にも活用できます。

終活の第一歩をお考えの方は、まずエンディングノートをきっかけに、ご家族で話し合うことがおすすめです。もしもの時、実際にご自身の希望を叶えてくれるのは、残されたご家族です。

また、お子さん側から葬儀に関する話は切り出しにくいものです。ご自身の希望は、ご自身から話し出すことも重要です。ぜひ、元気なうちからご家族そろって取り組んでみてください。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】