MESSAGE / すべての方へ

湯を沸かすほどの熱い愛

ブログ熱い愛1

10月29日公開の最新映画『湯を沸かすほどの熱い愛』をご紹介します。
タイトルだけを見ると「どんな映画?」・「恋愛?」と思われるかもしれませんが、「死」をテーマとした作品です。“死にゆく母と、残される家族が紡ぎだす愛”という普遍的なテーマに、涙と生きる力、驚きと感動が詰まった物語になっています。

「死」をテーマとした映画ですが、決して暗い映画ではありません。突然告げられる、余命宣告…自分の死に対して真っ直ぐ向き合い、残される家族のことにもきちんと向き合う内容です。

もし、ご自身が【余命2か月】と宣告されたら皆さんはどうしますか?
もし、夫・妻が【余命2か月】と宣告されたらどうしますか?
もし、お子様が【余命2か月】と宣告されたら…

考えただけでも辛くて、悲しいですが、限りある残された日をどう過ごすか…
正解は分かりませんし、正解なんか無いと思いますが、私は「やりたいことをやって、精一杯毎日を過ごす!」。単純ですがこれしか思い浮かびません。でも、実際には行動に移せるほど心が強くないかもしれません。

私事ですが、数日前に体調を崩し救急搬送され、“普通”であることの幸せを体感しました。
面倒くさい事でも、腹が立っても、ケンカをしても、実はそれができること自体“幸せ”なんだと思います。
あらためて、自分にとっての幸せ・大切なモノって何だろう?
きっとこの映画を見れば、1日1日を大切に生きていこうと思うかもしれません。

 

ストーリー

ブログ熱い愛2

銭湯「幸の湯(さちのゆ)」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。

余命宣告… 即行動!

そんなある日、突然「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきことを」決め、実行していく。

ブログ熱い愛3

  • 家出した夫を連れ帰り、家業の銭湯を再開させる
  • 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる
  • 娘をある人に合わせる

その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬る(おくる)ことを決意する。
【出所:「湯を沸かすほどの熱い愛」:ストーリー:http://atsui-ai.com/story/index.html】

 

 

映画・劇場情報

ブログ熱い愛4

映画:「湯を沸かすほどの熱い愛」:http://atsui-ai.com/index.html
出演:宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊藤蒼、松坂桃李、オダギリジョー
脚本・監督:中野量太
配給:クロックワークス
主題歌:きのこ帝国『愛のゆくえ』

10月29日(土)から全国ロードショーです。
大阪では、TOHOシネマズ・なんばパークスシネマ・梅田ブルク7(E-ma)・109シネマズ(大阪エキスポシティ)で上映されます。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】
公式HP:http://www.shinke-sousai.com