MESSAGE / すべての方へ

24万円でお葬式?

ブログ24万円でお葬式

お葬式の事前相談でよくあるご質問の1つが、「互助会の積立金」についてです。経験のある方は、タイトルの「24万円」を見て分かった方もいらっしゃると思います。

まず、【互助会(ごじょかい)】と呼ばれているのは、【積立金制度】を採用している葬儀社のことです。比較的、大きな葬儀社が積立金システムを採用しています。

積立金の内容は、お葬式費用として「毎月、数千円ずつ」貯めていきます。一般的には、「毎月3,000円×80回=24万円」が多く見られます。

この積立金について、よくあるご質問は

  • 「父が互助会の積立金に加入していたみたいで、24万円積立てているんですが、24万円で葬儀ができるんですか?」
  • 「父が積立金48万円分をすでに支払い済みなのですが、解約しようか迷っているんですが?」
  • 「積立金はやっぱり使わないと損ですか?解約すると“手数料”が引かれると聞いたんですが?」

実際に、ご家族に迷惑をかけないようにと年配の方が積立金に加入されているケースが多く見られます。そして、残されたご家族は、「積立金を利用しようか?」・「解約しようか?」の判断に迷われます。

おすすめは、詳細な総額見積りを算出してもらい、金額と内容を確認した上で判断しましょう。最重要ポイントは、葬儀費用の【総額】です。実際に、積立金以外に高額な追加費用を請求されたというトラブルが増えています。

24万円で本当にお葬式ができるの?

まず、当社の場合、総額24万円でお葬式は可能です。ただし、内容としては直葬(火葬式)のようにシンプルな内容になりますが、【お棺・位牌・骨壺・ドライアイス・寝台車・火葬料金】をすべて含めて24万円以内で可能です。

一般的なお葬式は、難しいです

ご注意いただきたいのは、あくまで「シンプルなお葬式」であれば24万円で可能という点です。一般的なお葬式のイメージで、「お通夜・告別式を行い、お坊さんに読経を頂き、参列者に返礼品を渡し、ご親族に料理を振る舞う」ことは24万円では難しいです。
通常、お寺様の御布施(通夜・告別式:2日間)だけでも平均15~25万円は必要です。

 

問題は、【積立金の利用条件】

ここまでのご説明で、多くの方が思うことは、「じゃあ、お坊さんや料理は無理だとしても、互助会に積立金24万円で“直葬(火葬式)”を依頼すれば追加費用は必要ない。」と思われますが、実はそう簡単ではありません。

必ず積立金が利用できるとは限りません!

問題は、互助会側の【積立金24万円に関する利用条件】です。

ある互助会では、「積立金の利用は、50万円プラン以上でなければ利用できません」などの規定があります。つまり、【差額:50万円-積立金24万円=26万円】は追加で支払う必要があります。

結局は、積立金を合わせて50万円の支払いになり、別途費用として、お料理・返礼品・会館使用料・火葬料金・御布施などが次々に追加されていきます。

積立金を使うために消費税!?

また、積立金の利用には【別途に消費税を支払う必要があります。】
積立金24万円の場合、消費税8%:19,200円を支払う必要があります。ご自身が貯めたお金を使うために消費税が必要とは腑に落ちません。銀行に預けたお金を出すために、預金額分の消費税を払う事と同じです。

積立金以内でお葬式費用がすべて収まる… 残念ながら、そのような互助会は今のところ聞いたことがありません。結果的に、高額な追加費用を請求されたとしてトラブルになっています。

 

小さな掛け金で、大きな安心?

互助会の勧誘でよくあるキャッチフレーズ、【小さな掛け金で、大きな安心!】
皆さんはどう思われますか?結果的に納得できない高額な追加費用を支払うことになれば、全く安心ではありません。

互助会では、会員から集めた積立金を会館建設・従業員の給与などに使用しています。本来、解約する人のために保有すべき現金が無い場合もあります。そのため、解約も頑なに渋ります。

経営が厳しい互助会は、常に新規会員を獲得し、積立金以上に葬儀費用を請求しないと経営が成り立たなくなっています。そのため、勧誘時には「非常にお得です!」・「積立金でお葬式ができます」と嘘の説明や強引な勧誘をするケースがあります。

 

基本的に積立金は必要ありません

もちろん良心的な互助会もあると思いますが、基本的に積立金は葬儀社側の「囲い込み」です。他社にお客様を取られないためだけのシステムに感じます。加えて、互助会の葬儀費用は一般的に高額です。

豪華な式場は必要ない

また、互助会は豪華な会館を所有していますが、最近では最新設備の整った「公営斎場」が人気です。
堺市の場合は「堺市立斎場」、大阪市の場合は「瓜破斎場」・「北斎場」などです。以前の市町村は、火葬場だけを運営していましたが、最近では【式場と火葬場が併設された斎場】を運営しています。一度、インターネットなどで「◯◯市 斎場」で検索してみてください。

最大のメリットは、火葬場が併設ですので霊柩車・マイクロバスなどの車両費用が削減できます。式場使用料も低価格ですので、多くの方がご利用です。

解約もおすすめ

特に互助会にメリットを感じない方は、解約をおすすめします。解約手数料(約20%)を引かれたとしても、他の葬儀社に依頼した方が希望通りの内容・規模に合った金額でお葬式が可能です。

 

まとめ

互助会はあくまで葬儀社の1つです。大手だからといって安心とは言い切れません。
互助会に関するトラブルが増加しているため、管轄している経済産業省も監視を強化する傾向にあります。この先、互助会の倒産も十分ありますし、倒産した場合は積立金は半額しか戻ってきません。

ご説明したように、積立金をしているからといって安心・低価格ではありません。結果的に高額になる可能性もあります。基本的に、お葬式に積立金は必要ありません。葬儀費用を貯めておく場合は、銀行や郵便局がおすすめです。

また、高額な追加費用を避ける方法は、必ず事前に詳細な総額見積りを取ることです。もし、詳細な見積りを拒否するような互助会は絶対に解約をしましょう。

どの葬儀社に依頼する場合でも、納得の内容・金額でお葬式を行うには、事前相談を利用しましょう。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】