MESSAGE / すべての方へ

死ぬときぐらい 好きにさせてよ

ブログ死ぬときぐらい好きにさせてよ
【出典:宝島社 http://tkj.jp/company/ad/2016/】

これまで数々の広告賞で高い評価を得てきた、宝島社の企業広告。
その最新作が2016年1月5日、読売新聞(朝刊 全国版)、朝日新聞(朝刊 全国版)、毎日新聞(朝刊 全国版)、日刊ゲンダイ (全国版)の各紙に掲載されました。

今回のキャッチコピーは、

「死ぬときぐらい 好きにさせてよ」

「死について考えることで、どう生きるかを考える」をテーマに、女優の樹木希林さんを起用。ビジュアルは、イギリスの画家・ジョン・エヴァレット・ミレイの名作「オフィーリア」をモチーフに現代的・日本的エッセンスをプラス。

「死ぬときぐらい 好きにさせてよ」

人は必ず死ぬというのに。

長生きを叶える技術ばかりが進歩して

なんとまあ死ににくい時代になったことでしょう。

死を疎むことなく、死を焦ることもなく。

ひとつひとつの欲を手放して、

身じまいをしていきたいと思うのです。

人は死ねば宇宙の塵芥。せめて美しく輝く塵になりたい。

それが、私の最後の欲なのです。

 

広告の意図(宝島社)

日本の平均寿命は年々更新され、今や世界一。いかに長く生きるかばかりに注目し、いかに死ぬかという視点が抜け落ちているように思います。

いかに死ぬかは、いかに生きるかと同じであり、それゆえ、個人の考え方、死生観がもっと尊重されてもいいのではないか、という視点から、問いかけています。

 

樹木希林さんのコメント

ブログ死ぬときぐらい好きにさせてよ2
出典:www.excite.co.jp

樹木希林さんは出演に当たり
「“生きるのも日常、死んでいくのも日常”で、死は特別なものとして捉えられているが、死というのは悪いことではない。それは当たり前にやってくるもので、自分が生きたいように死んでいきたい。最後はもろとも宇宙のちりになりて。そんな気持ちでいる。死について考えることで、どう生きるかを考える。そういったことを伝えていくのもひとつの役目なのかなと思いました。」

ネット上での反応

ネット上の書き込みには

  • 私の中でモヤっとしていた気持ちが、適切な言葉で綴られていた。
  • 読んだ人が死生観を改めて考えるきっかけになりそう。
  • とても綺麗だし、書いてある言葉が心に突き刺さる。
  • 死生観について年齢を問わずに話す機会があってもいいと思うし、当人の死生観を尊重してもいいと思う。
  • 宝島社がすごいのか、樹木希林がすごいのか、これをドーンと載せちゃう新聞がすごいのか……

など、特にシニア層からは好意的な反応が多く、予想以上の反響だったようです。

2013年に「全身ガン」であることを告白し、常に死と向き合ってきた樹木希林さん。
あのキャラクターだからこそ、真面目?ちょっと冗談交じり?クスッと笑ってしまうようで、真剣に考えたくもなる…
誰にも真似できないアート作品だと思います。本当にスケールの大きい女性です。

個(故人)の考え

近年、家族葬が主流であることは、皆さんがご存知の通りです。

残されたご家族が、どのように大切な家族を見送るかも大切ですが、今回の宝島社のテーマ「死について考えることで、どう生きるかを考える」のように、個(故人)の考えをかたちにしていくことも、この先より重要視されるような気がします。

「ご自身が亡くなられた時のことを想像したことがありますか?」

大切な方の死は、本当に悲しいものです。泣き崩れて、数年間も気持ちが落ち着かない方もいます。そして、一生懸命、幸せに生き抜いた人生ばかりではないことも十分に理解しています。

その一方で、必ずおとずれる【死】に対して、どう受け止めるのか…

もしかしたら、希林さんのように「死ぬときぐらい 好きにさせてよ」程度に、ご本人が死に対して絶望的・悲観的ではないことが、残されるご家族にとっては、救われる部分であるかもしれませんね。

 

宝島社 歴代企業広告

ヒトは、本を読まねばサルである。

ブログ死ぬときぐらい好きにさせてよ3

■2012年 / 広告意図
本の価値。それが今回の企業広告のテーマです。
本には、人類のあらゆる叡智がつまっています。先人たちの知恵や知識、史実から思想、空想まで、人間の経験と思考のすべてがあると言っても過言ではありません。

本を読むことは、自らを成長させる知力を身につけることです。本を読まないことは、その機会を逃がすことです。この広告が、本の価値を再確認するきっかけになることを願います。

 

いい国つくろう、何度でも。

ブログ死ぬときぐらい好きにさせてよ4

■2011年 / 広告意図
敗戦や災害など、これまで幾度となく苦境に直面してきた日本。 日本人はそのつど、不屈の精神と協調性を武器に国を建て直してきた歴史があります。

世界のどこを見ても、これほどしぶとく、強い生命力を秘めた国民は存在しないのではないか。そんな気さえするのです。
「いい国つくろう、何度でも。」
この投げかけを通じて、日本人が本来持っている力を呼び覚ましてみたいと考えました。

 

日本の犬と、アメリカの犬は、会話できるのか。

ブログ死ぬときぐらい好きにさせてよ5

■2010年 / 広告意図
コミュニケーションの大切さ。これが今回のテーマです。
外交問題や政治、経済の問題、そして最近目につく殺伐とした事件まで、いま日本が抱えている課題の根本にはコミュニケーションの問題が見え隠れしているのではないでしょうか。

こんなご時世だからこそ、「伝える」ことと「伝わる」ことの間にあるものは何なのか、 今回は、これをあらためて問い直してみたいと思ったのです。

相手を思いやる気持ちがあればこそ、自分の思いもしっかり伝わるようにしたい。 みんながそんな風に思えるようになれば、前向きでいいエネルギーが、対話の中からきっとどんどん生まれてくるはずです。
世の中を明るく元気にしていくのは、やっぱりコミュニケーションの力だと、わたしたちは思っています。

 

女性だけ、新しい種へ。

ブログ死ぬときぐらい好きにさせてよ6

■2009年 / 広告意図
宝島社企業広告 今回のテーマは『進化する女性たち』です。
いま日本では、おそらく世界でいちばん進んだ新しいタイプの女性たちが急速に増加している最中だと思います。それは、単に「ビューティ」ではくくれない、「セクシー」でも「パワフル」でもくくれない、今までの形容詞ではもはや表現できない女性たちです。

そこには、「男vs.女」「若いことvs.若くないこと」「プアvs.リッチ」などという、従来から当然のように設定されてきた構造はとっくに消えています。
何よりも画期的なのは、当の女性たちが、そういう変化を肩肘を張って目指した結果ではないということ。「頑張って変えよう」「気合いを入れて変えよう」という意識そのものが毛頭ない、ということ。そこが、じつはこれまで結局は男性目線で語られてきた「女性の時代の到来」ということとは決定的に違います。

「しなやかに、したたかに」などという言葉が陳腐に感じるほど、自然体。気づいたらこうなっていた、という、気張らないながら実は自覚的、という強さ。
成熟しているのか未熟なのかわからない国・日本において、これからそういう女性たちの進化こそがエネルギーになっていくのではないでしょうか。

長引く不況をはじめ、明るいニュースがなかなか見当らない現在。宝島社の女性誌は、どれも驚異的な支持を集めています。従来の「女性誌かくあるべし」という概念からとっくに自由。女性たちのいまにリアルでなければスタイル誌の意味なし。そういう新しい、というか基本的な感覚を、どこよりも読者と共有できているからこその、宝島社の女性誌だと思います。

 

癌に教えられる

ブログ死ぬときぐらい好きにさせてよ7

■2007年 / 広告意図
最近になってますます、著名人の癌との闘病のニュース、あるいは訃報を耳にすることが多くなったような気がします。身近な存在の人が癌である、癌であった、という方、また、実はご自身がそうだという方も、決して少なくないと思います。21世紀になり、医療は着々と進歩しているにもかかわらず、人類はいまだにこの病を克服できていません。

もちろん、早期発見のシステムが着実に整うなどの理由から、見事、癌から健康体に復帰した、という事例が増えていることも事実です。

言うまでもなく、人が癌を患いどのようなケースになっていくかは様々です。しかし、この病に直面することが、図らずも「生とは何か、そして死とは何か」を思い考える時間を人にもたらすのもまた事実ではないでしょうか。

癌を歓迎する人はいません。癌は怖いし、憎いし、できれば一日でも早く、この世から消え去ってほしい。しかしだからこそ、癌という存在から目をそらさず、 静かに考えてみることで、人は自らの現在と未来(あるいは死の先にある未来も含めて)に、そして身近な人の現在と未来に、具体的に思いを巡らせるきっかけになるのではないでしょうか。

極めてデリケートなテーマだということは自覚しつつ、新聞広告という場を使って、それこそまだ若い世代を含め多くの人に、癌という存在、生きるということ、死ぬということを考えてもらう機会になればと思い、この企業広告を制作するに至りました。

ちなみにメインビジュアルは、日本映画界を代表する若手実力派俳優・松田龍平のポートレート。スクリーンで際立った存在感を放つ彼が、今度は新聞という場 所で、「癌」という難病に真摯な目線を向け、同世代に訴える。また、なぜ、彼なのか、分かる方には痛いほどお分かりだと思います。

 

生年月日を捨てましょう。

ブログ死ぬときぐらい好きにさせてよ8

■2003年 / 広告意図
1950年には50歳台だった日本人の平均寿命が、今では80歳を超える勢いにあります(しかもまだまだ伸び続ける見通しが立てられています)。そのような環境で、かつての50代や60代とは比べものにならないほど若くて元気な50代や60代(あるいはそれ以上の人々)が増えているのは当然のことです。

その一方で、これまでの学校や仕事上の制度で縛っておくには惜しいポテンシャルを持つ10代や20代が増えているのもまた事実でしょう。

考えれば考えるほど、昔ながらの年齢基準が設定されたまま様々な社会システムが続いていることによって、今の日本に無意味なズレやストレスを多々生んでいるのではないかと思うのです。あえて「年齢は呪縛である」と考えれば、学業や仕事以前に、その人の日々の生き方まで影響されることを考えればなおさらです。

もちろんすべての年齢制度が無意味だとは言いません。しかし、人それぞれの精神や肉体の元気度や実力によって、その人本来の可能性を活かせるチャンス (個々からすれば自らの年齢に縛られない意識、環境からすれば人を年齢で縛らない意識、とも言えましょう)がもっと増えることで、ポジティブに生きるための人生の選択肢が増え、その結果この国が今抱えている歪みが多少なりともリセットされていくのではないでしょうか。

今回の広告は、私たちのそういう思いや考えを、まさに「年齢・性別・国籍」に縛られない魅力的な生き方をされている美輪明宏さんに象徴して訴えようというものです。

 

国会議事堂は、解体。

ブログ死ぬときぐらい好きにさせてよ9

■2002年 / 広告意図
現在、国会が健全に(=前に向かって)機能している状態ではないことは、もはや言うまでもないことと思います。

首相官邸と与党の乖離、妥協を重ねた末の骨抜きの改革法案、お互いの切磋琢磨とは程遠い与野党の関係、そしてそれ以前に、前世紀からひきずったままの構造 的な癒着システムの追及に終始せざるをえない等、国民が希望を持てる「新しい国会のあり方」から、むしろどんどん遠ざかっている気さえします。

しかし、だからこそ、いまさら「国会はダメだ」といくら否定しても、否定だけでは始まらない。むしろ気をつけるべきは、国民が国会や国政に対していよいよ見切りをつけること、興味を失うこと、ニヒリズムに陥ることです。そうなったら、この国は本当に沈んでしまう。

その最悪の事態に向かわないためには、多少力ずくでも、国会及び国会議員が「これまでたまりにたまった負の流儀に囚われず」フラットに国政に臨める環境の 再構築が必要なのではないか。今こそ、国会というシステムを、一度ゼロから立ち上げ直したほうがよほど効率がいいのではないか。そういう考えや思いを象徴 的に表現したのが、今回の広告です。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】