MESSAGE / すべての方へ

1日だけのお葬式

ブログ1日だけのお葬式

1日だけで終了するお葬式をご存知でしょうか?近年、家族葬や直葬など、お葬式の小規模化・簡素化に伴い、新しく登場した葬儀スタイルが『1日葬(1日葬):いちにちそう』です。「ワンデーセレモニー」・「1日葬儀」とも呼ばれます。

1日葬を簡単にご説明すると、『告別式だけを行うお葬式』です。一般的なお葬式は、「お通夜+告別式」と2日間に渡って儀式(僧侶による読経など)を行いますが、1日葬ではお通夜を省き【告別式だけ(1日)で、済ませてしまうお葬式】になります。

  • 通常のお葬式 = お通夜・告別式(2日間)
  • 1日葬 = 告別式のみ(1日)

最近主流である家族葬ほど、認知度は高くありませんが、大阪府内でも都市部を中心に広まっています。当社のお客様も、1日葬を選択される方が年々増えていますので、今後注目のスタイルには間違いありません。イメージとしては、家族葬をよりシンプルにしたお葬式です。

1日葬の主な選択理由

1日葬を選択される方の主な理由は、

  • お仕事の都合で、1日で済ませたい。
  • 親族に高齢者が多いので、体の負担を少なくしたい。
  • 特にお通夜は必要ないと考えている。
  • できるだけ費用を抑えたい。

などが、主な理由になります。1日だけでも、ゆっくりとお別れの時間は取れますし、葬儀費用も削減できるなどメリットも多く、ご家族・親族だけでの小さなお葬式には最適なスタイルです。

ただ、ご親族の中には「お通夜をやらないなんて、常識はずれだ!」とおっしゃる方もいらっしゃいますので、事前に連絡をして理解を得ることをおすすめします。

 

1日葬のメリット

葬儀費用を削減できるというメリットはもちろんですが、「高齢者が多いので、1日で済むのなら告別式だけでお願いします。」というケースが実際には多くあります。最近では、参列者の方も高齢化ですので、身体的負担の軽減が最大のメリットとして支持されているように感じます。

  • 1日(告別式)だけなので、身体的、経済的な負担が軽減されます。
  • お料理や返礼品が、1日分で済みます。
  • 遠方から参列する人の負担(宿泊費や交通費)が軽減されます。

実際に1日葬を行った方の多くが「とても楽だった」とおっしゃいます。少人数での家族葬、小さなお葬式をご希望の方には、1日葬が最適な選択しかも知れません。

 

亡くなってから1日で終了ではありません

誤解されている方もいらっしゃいますが、1日葬といっても「お亡くなりになってから1日(24時間以内)で葬儀・火葬を終える」ということではありません。あくまで、「従来、2日間行っていた葬儀(通夜・告別式)を1日だけ(告別式だけ)で済ませる」・「お通夜を省略する」という意味ですので、ご注意ください。

また、お葬式はご希望の日程で必ず行えるものではありません。その理由の1つが【火葬場】です。火葬場の予約が取れない場合、亡くなった日から2~3日後に告別式・火葬になることもあります。

葬儀の日程は、火葬場予約が基準になります。家族葬・直葬・1日葬…どのようなお葬式でも、火葬場の状況で日程を調整する必要があります。もちろん、タイミングよく条件が整えば、お亡くなりになった翌日に告別式・火葬も可能です。
※法律上、火葬が行えるのは死後24時間経過後になります。

 

お寺様のご理解が必要

ブログ一日葬お寺様のご理解

お家が、どこか特定の寺院の「檀家(※)」であるかをご存知でしょうか?
お家のお墓(◯◯家之墓、◯◯家先祖代々之墓など)が、特定の寺院内にある方は、その寺院の檀家ということにになります。
※ 檀家(だんか):特定のお寺に所属し、そのお寺を経済的に支援する家のことです。

檀家が葬儀を行う場合、基本的にその寺院(僧侶)へ葬儀のお勤めを依頼し、戒名/法名を頂き、お葬式終了後に寺院内のお墓へ納骨という流れが一般的です。寺院へ連絡をせず無宗教でお葬式をした場合、納骨を断られる場合もあります。

特定の寺院の檀家である場合

  1. 寺院へ葬儀のお勤めを依頼
  2. 戒名(法名)をいただく
  3. 寺院内のお墓へ納骨

1日葬を希望する方は、まず寺院に了承を得ることが必要です。
仏式のお葬式の場合、「枕経 ⇒ お通夜 ⇒ 告別式」 と一連の流れ(作法)があり、お経には各段階ごとに意味があります。ですので、寺院によっては、間を省略する1日葬を反対される場合もあります。しかし、了承が得られないからといって、無視をして無宗教葬や直葬(火葬のみ)などで葬儀を済ませることは絶対に避けましょう。

また、御布施(寺院への御礼)の金額ですが、1日分だからといって半額になるわけではありません。もちろん、実際に1日だけのお勤めですので、ご相談すれば柔軟に対応していただけるとは思います。

 

1日葬におすすめの葬儀式場

ブログ一日葬におすすめの葬儀式場

基本的には、どの葬儀式場でも1日葬は可能です。公営斎場(式場)・当社提携家族葬ホール・集会所・ご自宅など、どの場所でも問題はありません。

費用を抑えるという点で考えれば、公営斎場が最もおすすめです。公営斎場は、お通夜と告別式の使用料が個別に設定されているからです。

例えば、“お通夜の使用料:3万円、告別式の使用料:3万円” のような設定です。一般的なお葬式では2日で6万円ですが、1日葬では3万円に費用が抑えられます。

堺市では、堺市立斎場。大阪市では、瓜破斎場・北斎場・小林斎場などが有名な公営斎場になります。
公営斎場は、1日葬だけでなく、家族葬・一般葬にも最適です。もう1つ、『公営斎場は、式場と火葬場が併設されている』というメリットもあります。式場の隣に火葬場がありますので、霊柩車・マイクロバスなどの車両費用(約10万円)が削減でき、移動にかかる身体的負担もかなり軽減されます。

 

1日葬プランでのお見積り

ブログ一日葬プランでのお見積り

1日葬プランでのお見積りをご希望の方は、新家葬祭までお気軽にお問い合わせください。
新家葬祭では、すべてのお客様にご安心いただくために葬儀費用を1円単位で “総額” お見積もりいたします。祭壇・霊柩車・お料理・御布施(寺院へのお礼)など、お葬式の始め~終わりまでに必要な項目をすべて含めたお見積り内容です。変更が無ければ、追加費用は一切発生しません。

堺市内・大阪市内で1日葬をご希望の方は、一度ご相談ください。24時間365日、専門スタッフが対応いたします。また、訪問相談も承りますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・1日葬・無宗教葬・自宅葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。
お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】

■ 対応エリア:

  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など