MESSAGE / すべての方へ

火葬場に行けない

ブログ火葬場に行けない

先日、ご依頼いただいたお葬式。ご家族様は、【喪主様:姉】、【故人様:弟】というケースでした。

他に兄弟姉妹が健在とのことでしたが、遠方にお住まい&高齢で大阪には来られない理由から、葬儀は行わずに直葬(火葬のみ)がご希望でした。

故人様は、独身で介護施設にお住まいでしたので、当社霊安室でのご安置となりましたが、喪主様は霊安室には一緒に来ずに病院からご自宅へ帰られました。

この時点で、「早朝に病院まで来られてお疲れだろうし、霊安室に来られなくても火葬場で最期のお別れはしていただける」と私は考えていました。

火葬場には行けない

霊安室に故人様をご安置後、死亡届など記入・詳細な打ち合わせに喪主様のご自宅へ伺いました。すべての必要書類に記入が終わり、明日の火葬についてのお話になりました。

経験上、今回のケースでは、

  1. 火葬当日に火葬場で待ち合わせ
  2. 火葬炉前で最期のお別れ(お花などを手向ける)
  3. 収骨(お骨上げ)

という流れが一般的ですので、そのようにご提案しました。

しかし、病院では気付かなかったのですが、ご主人様が病気をお持ちで常に付き添いが必要な生活を送られていました。そして、ここ数日ご主人様の体調があまり優れず、長時間の外出に不安を感じている様子でした。

病院にはご夫婦で来られていたので、火葬場にもお二人で来られるだとうと考えていました。体調が悪いように感じなかったのは、ご自宅と病院の距離が近かったからかもしれません。

確かに、「火葬場への移動・火葬・収骨(お骨上げ)・ご帰宅」まで合計すると、約5時間ほど必要です。また、自家用車が無く火葬場までの移動はタクシーのみ。火葬場の待合室にはソファーはありますが、横になって休める場所はありません。

  • 喪主様だけが火葬場へは行けない。
  • 火葬場までは片道40分、合計5時間。
  • ご主人様の体調面の不安。

総合的に考えて、当社スタッフが代理で収骨を行うという結論になりました。

 

葬儀社スタッフが代理で収骨することも可能です

今回の様なケースは非常にまれですが、もしご家族様が火葬場に来られない場合、葬儀社スタッフが代理で収骨をすることも可能です。

収骨終了後、ご自宅までご遺骨と埋葬許可証をお届けいたします。

MEMO
埋葬許可証は収骨終了後に火葬場から発行されます。この書類は、ご遺骨を納骨する際に必要です。

 

申し訳ない気持ち

「本当に(火葬場へ)行かなくて良いんですかね…」という言葉がお話の最後に出ました。

「最期まできちんと見送ってあげたい思い」と「ご主人様の体調面の不安」が入り混じった複雑な気持ちだったと思います。

病院から霊安室にも来られませんでしたので、火葬場にも来ないのであれば、病院がお顔を見た最後の場所になります。このままでは、弟様への申し訳ない気持ちがずっと残り、とても後悔されると感じました。

そこで、火葬場へ来られないのであれば、ご自宅で最期のお別れをしていただこうと、【喪主様のご自宅を経由して火葬場へ向かう】ことをご提案しました。

火葬当日、喪主様はお花と果物を手向け、弟様へ言葉をかけてご閉棺となりました。

数分間のお別れでしたが、「ありがとう」と笑顔で言っていただけたので、気持ちが少し和らいでいただけたのではないかと思います。

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・1日葬・無宗教葬・自宅葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭】にお任せください。
お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭(しんけそうさい)
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】