MESSAGE / すべての方へ

手元供養って何?

手元供養品

最近、【手元供養(てもとくよう)】という言葉が広まっています。文字通り、“手元”で“供養”するという意味です。形式にとらわれず、自由でより身近に供養をするというのが、手元供養です。

  • 「お墓はいらない、身近なリビングで祀りたい。」
  • 「大切な人の一部を身に付けていたい。」
  • 「お墓が遠くてお墓参りにあまり行けないので、お家で毎日供養したい。」

などのニーズに応えた【新しい供養のかたち】が手元供養です。
価格も1万円~数万円位の商品が多く、お墓や仏壇に比べて購入しやすいというメリットもあります。

実際には、既にお墓をお持ちの方にも非常に人気です。手元供養は、従来のお墓への納骨を否定するものではなく、ほとんどの方が「お墓(納骨堂)+手元供養」のセットでご利用されています。ぜひ、お客様のライフスタイルに合った供養のかたちをお選びください。

 

手元供養品の種類

手元供養品の種類は、

  • メモリアルダイヤモンド(遺骨ダイヤ)
  • ミニガラス骨壷
  • 納骨ブレスレット
  • 納骨ペンダント

などが主な商品になります。最近では様々なメーカーが手元供養品を開発していますので、デザインや価格は異なりますが、基本的な商品カテゴリーとしては上記の4タイプです。

新家葬祭では、インテリアに調和し、普段使いのアクセサリーとして違和感のないデザイン性に優れた商品をご用意しております。男性・女性問わず、幅広い年齢層の方に好評です。

 

遺骨を家に置いておくのは問題ないの?

お葬式終了後に、「納骨の時期」を気にされる方も多くいらっしゃいますが、納骨に関する法律や決まりはありません。納骨のタイミングは自由です。

以前は、「四十九日法要と同時に納骨」・「お葬式終了後すぐに納骨」などの慣習がありましたが、最近では一周忌・三回忌くらいのタイミングで納骨される方が多いように感じます。

いつまでもご自宅に置いていても問題ありませんし、お墓や納骨堂へ納骨しなくても構いません。
実際に10年以上ご自宅で祀られているお客様もいらっしゃいます。「お墓を建てるまで」・「一周忌まで」・「三回忌まで」・「お盆・お彼岸まで」など納骨時期も自由です。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】