お葬式相談窓口(事前相談)

お坊さんにスカウト?

ブログお坊さんにスカウト

先日の朝日新聞夕刊に 「定年退職者をお坊さんにスカウト」 という記事がありました。

ターゲットは、主に団塊の世代(60~70歳代)。スカウト理由は、子育てを終えて年金や退職金があり、故郷に帰り時間的にも経済的にも余裕がある団塊の世代を【減少し続ける住職の担い手として確保するため】だそうです。

「年金受給者のお坊さん」… なんだか少し不思議な感じもしますねが、取り組みとしては個人的に面白いと思います。

いろんなお坊さんがいても良い

代々僧侶の家系に生まれ、当たり前のように仏教系の学校を卒業し、本山で厳しい修行後にお坊さんになるというレールを歩まれたお坊さんも必要だと思います。一方で、長年社会人として培った経験・知識があるお坊さんも、価値観が多様化している現代には良いかもしれませんね。

個人的に、お坊さんは「人の話を親身に聞き、瞬発的に返答する」=「聞き上手で、頭の回転早い人」が適任だと思います。

時には、仏教用語ばかりの固い話ではなく、ユーモアも必要です。そのためには、社会人としての幅広い経験がきっと役に立つと思います。

寺院も維持するのが大変な時代

最近では、“宗教離れ” により檀家(だんか)が減少し、寺院を維持することが大変な時代です。基本的に寺院は、檀家からのお布施で運営されていますので、【檀家が減少する(檀家離れ)=収入が減少する】ということになり、死活問題です。

また、住職の世代交代問題もあります。ある住職は 「息子(長男・次男)が、僧侶になることを拒んでいる。」とおっしゃっていました。檀家が多数いらっしゃる大きな寺院でも、次世代の担い手が確保されていない場合もあります。会社と同じですね。

新しい時代への対応

「家族葬」・「無宗教でのお葬式」・「お墓以外の供養(手元供養・散骨)」など、時代やライフスタイルの変化とともに新しいものが誕生し、従来の慣習・形式が減少しています。

古いもの・新しいものが融合して時代が創られてきたように、これは自然なことだと思います。新しいスタイルが生まれる反面、従来の伝統などを守る姿勢も大切だと思いますし、それを必要と感じている方も実際にたくさんいらっしゃいます。

親切で地域に根付いた寺院へ

不透明だと言われ続けてきた【お葬式での御布施】も、お客様の事情に合わせた金額に対応してくれる親切な寺院も増えてきました。

毎月、オリジナル会報を発行したり、地域の住人を招待してイベントを開催したり、檀家や一般の方との接点を増やすことで、【宗教・寺院・お坊さん】をより身近に感じてほしいという想いもあると思いますが、地域に愛されるのは良いですよね。。

寺院(お坊さん)もビジネスです

イベント開催などに対して、時には「ビジネスライクなお寺だな。」と揶揄されたりしますが、厳密に言えば寺院も会社と同じくビジネスです。維持するためには、売上(お布施)が必要で、支払経費(僧侶のお給料)もあります。

時代に合った新しい寺院のスタイルを探求している寺院は、お葬式や法要以外にも、私生活に関する色々な相談に乗ったり、社会問題である孤独死の減少へ取り組んだり、様々な活動をしています。

実際、そのような寺院は他の寺院が檀家離れに悩む中で、着実に檀家数が増加しています。まだまだ宗教が必要とされている証拠だと思います。

素敵なお坊さんに期待

お坊さんになるための修行について、詳しい内容はわかりませんが、第二の人生をお坊さんとしてスタートすることは大変だと思います。お葬式でのお勤め(読経・法話など)も実際に行うとなれば、責任は重大です。

お葬式は、ご家族にとって大切な方との最期のお別れの場。もし、いい加減なお勤めをすれば、また宗教離れ・檀家離れが進むかもしれません。

様々な経験・知識を生かした素敵なお坊さんが誕生してくれると良いですね。個人的にはとても期待しています。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・1日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】