MESSAGE / すべての方へ

喪主あいさつ 「父が嫌いでした…」

ブログ喪主あいさつ「父が嫌いでした」

お葬式では、喪主様から参列者の方への “あいさつ” があります。
基本的には、定型文があり「本日は、お忙しいところご参列くださいまして、誠にありがとうございます。この様に大勢の方にお見送り頂き故人も喜んでいることと存じます。…」と続きます。

ポイントは

  • 参列してくださった方への感謝の気持ち
  • 故人が生前お世話になったことへの感謝の気持ち

を含めることです。

最近では、司会者が代わりに挨拶文を読みあげることが多いのですが、ご自身の言葉で挨拶をされる方も多数いらっしゃいます。とても緊張もされると思いますし、途中で胸がいっぱいになり言葉に詰まる場合もあります。

短くても、一言一言ゆっくりと話せば、気持ちは十分に伝わります。
無理に形式ばった文章、使い慣れない言葉ではなく、「故人のエピソード」「家族での思い出」などを織り交ぜたオリジナル文章はとても素敵です。

突然の申し出

先日の葬儀で、突然喪主様(長男)から 「やっぱり、自分であいさつしていいですか?」 との申し出がありました。その内容がとても素敵なものでした。

「長男の○○と申します。親族を代表しまして、一言あいさつをさせていただきます。

え~… 私は…… 私は、父親が嫌いでした。

遊んでもらった記憶もほとんどなく、仕事ばかり、無口でよくわからない人でした。子供に無関心な人だと思っていました。

 

昨晩、父の遺品を整理していると、財布から父・母と私の小さい頃の写真が出てきました。よれよれで色あせて、ずっと財布の中に入れていたんだと思います…

 

私も家庭を持ち、子供が生まれ、同じように家族の写真を財布に入れています。

よく考えれば、私自身も無口で家族サービスをよくする父親だとは言えませんが、大切な家族を守らなければとの自覚はあります。

 

しかし、仕事疲れで休日は寝ていたり… 男は、父親は、こんなもんだと考えていたのかもしれません。

もう直接本人には聞けませんが、きっと父も、ただ自分の大切な家族を守るために必死で働いていた… そう思います……

 

結局、私は嫌いだった父にそっくりでした。

父は、不器用なりに家族を守ってくれました。今は、本当に感謝しています。私も父同様に家族を守っていきたいと思います。

 

人付き合いが下手な父が、このようなたくさんの人たちに見送られて、とても喜んでいると思います。本日はありがとうございました。」

あいさつ終了後、喪主様は
「急に無理を言ってすみません。もし自分で言わなければ後悔すると思ったんです。」とおっしゃっていました。下を向き、時折言葉を詰まらせながらも話していた姿が、とても印象的でした。

大切な方がお亡くなりになり体力・精神的にも不安定な状態でのあいさつは、人によっては非常に辛いものかもしれません。無理に長文でなくても構いません。30秒ほどの短いあいさつの方もいらっしゃいます。忘れそうな場合は、内容を紙に書いても良いです。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】