お葬式相談室をご利用ください

美しさの秘密

美しさの秘密

2019年、新しい1年が始まりました。
大切な詩を皆様へ。

「時を越えた美しさの秘密」

 

魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。
豊かな髪であるためには、一日に一度子供の指で梳いてもらいなさい。
美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。

 

物は壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、
失敗すればやり直し、挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、
何度でも再出発することができます。
誰も決して見捨ててはいけません。

 

人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に
助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで下さい。
年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。
ひとつの手は、自分自身を助けるため、
もうひとつの手は他者を助けるために。

 

女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく、
その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。

 

女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。
そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。

 

女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく、
その本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです。
それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、
その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。

 

サム・レヴェンソン(Sam Levenson/1911~1980)

米国の作家 教師 ジャーナリスト

女優オードリー・ヘプバーンさんが、最も愛した詩だと言われ、彼女が亡くなる前の最後のクリスマスイヴ(1992)に、2人の息子ショーンとルカに読み聞かせた詩です。

女性に向けての詩ですが、「女性」という言葉を「男性」や「人」に代えたとしても美しい詩ですね。

自分自身の内面を磨き、そして友人・大切な人の素敵なところに気付くこと。ふたつある手のうち、ひとつの手は自分自身を助けるため、もうひとつは他者を助けるため。
決して誰も見捨てない、思いやりの気持ち。
謙虚であり、優しい人。

人として、魅力的に感じる人って、自然にこういった事ができている人かも知れませんね。

「本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです。
それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、
その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。」

素敵な年齢の重ね方をしていきたいですね。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】