お葬式相談室をご利用ください

それは家族葬ではなく直葬です:低価格の広告には注意が必要

それは家族葬ではなく直葬です

近年、お葬式事前相談(お電話相談も含む)をご利用される方が増えています。実際に、お葬式の流れや総額費用を確認しておくことはおすすめですし、ご家族様からも「相談しておいて良かった」とお言葉も多くいただきます。

家族葬〇〇万円の内容と金額がおかしい

事前相談で時々「同じご質問」があります。ご参考になればと思いこの記事を書きたいと思います。同じご質問の内容は、

「他社(またはインターネット)の広告で【家族葬◯◯万円】と見たんですけど、同じ金額で可能ですか?内容はどんな感じですか?」

同じ様な広告をご覧になった経験がある方も多いと思いますが、問題点は【◯◯万円】の部分です。

簡単にご説明すると、「家族葬」と「◯◯万円」のバランスがおかしい広告についてのお話しです。

このページについて
「こんな広告を見たらお客様が勘違いする可能性もあるし、広告表示としてはどうなんだろう?」という内容です。特定の葬儀社様を批判するものではありません。

一般的な「家族葬」のイメージ

家族葬と聞くとどんなお葬式をイメージしますか?一般的には、「ご家族や友人などの少人数で行う小さなお葬式」だと思います。

葬儀式場(または自宅)を利用してお通夜・告別式を行い、供花や供物などをお供えし、お料理を振る舞い、僧侶などに読経をいただいてお見送りするお葬式。

実際に、当社に家族葬をご依頼いただく方もその様なお葬式をご希望です。

問題は「◯◯万円」の部分です

問題は【◯◯万円】です。例えば、この金額が「家族葬50万円」という広告であれば、葬儀社スタッフとしても納得できます。

しかし、時々あるご質問で多いのが「非常に安い金額」のものです。

他社やインターネットなどで、低価格の【家族葬◯◯万円】という広告をご覧になった方の平均金額は「8~20万円」です。

広告の参考例
  • 家族葬 8万円(税別)~
  • 家族葬15万円(税別)~
  • 家族葬20万円(税別)

まず、基本的に8~20万円の範囲で、葬儀式場を利用して、花祭壇・お棺・遺影写真・霊柩車・お料理・火葬料金(堺市2万円)などを全てご用意することは不可能です。

つまり、上記の様な低価格の広告は、皆さんが想像する家族葬ではありません。

では、どんなお葬式になるのか?それは、「直葬(ちょくそう)」です。ご質問いただいた方と一緒に広告内容を詳しく確認すると、やはり家族葬ではなく「直葬(火葬のみ)」でした。

【直葬】とは、お通夜・告別式を行わず、「病院⇒葬儀社の安置室⇒火葬」という最もシンプルなお葬式です。
基本的には「火葬のみ」です。僧侶の読経もありません。

 

家族葬ではなく、「直葬=火葬のみ」

【家族葬◯◯万円】という広告で非常に低価格(20万円以下)なものは、家族葬ではなく、正しくは「直葬=火葬のみ」です。

非常に低価格ですので、「その金額で“家族葬(きちんとしたお葬式)”ができるんだ」と魅力的に思われても仕方ない気もしますが、注意が必要です。

家族葬と直葬では内容が大きく異なります

広告を出す側(葬儀社)からすれば、現在の家族葬ブームを考えると「直葬20万円」より「家族葬20万円」とする方が、広告効果が高まる考えだと思いますが【直葬◯◯万円】と表示すべきです。

家族葬と直葬(火葬のみ)では内容が大きく異なります。お客様側からすれば本当の内容を知った時にショックを受けると思います。

ただ、過去にお葬式を経験された方は

「最近、20万円くらいでお葬式ができるって広告見るけど、火葬だけでしょ。お坊さんの御布施でもそれ位必要なのに。」

とご理解している方も多いです。しかし、お葬式・喪主が初めての方は誤解する可能性も十分にあります。

非常に低価格な広告は、注意が必要です

最も注意が必要なのが、下記の様に非常に低価格のものです。

  • 家族葬5万円~
  • 家族葬8万円~

調べたところ、絶対に必要な「お棺やお骨壺・ドライアイス」が別途料金、そして「火葬料金」も含まれていませんでした。

追加費用を加算すると、最低でも総額20~25万円(税別)程でした。もちろん、その内容は家族葬ではなく直葬です。この様に、最低限必要な物が含まれていない広告もありますのでご注意ください。

「追加料金なし」とは記載されていませんでしたが、お棺や骨壺が含まれていない(=絶対に追加費用が発生する)お葬式プランは考えられません。

家族葬にはっきりとした定義はありません

実は、家族葬の定義は曖昧です。確かに、「直葬(火葬のみ)でも家族だけで行えば家族葬だ」と言う事もできなくはありません(少し無理があると思いますが)。

仮に広告主(葬儀社)がそういう意味で “家族葬” と使えば、広告として成立するのかもしれません。しかし、葬儀社は家族葬と直葬が異なることを十分理解しているので…。

5名様だけの家族葬もあれば、50名様以上の家族葬もあります。お料理を振る舞う方、振る舞わない方もいます。確かに、家族だけで行うお葬式を家族葬とすれば、直葬も家族葬なのかもしれません。

ただし、世間一般で認知されている家族葬は「家族でゆっくりとお別れするお葬式=きちんとお別れの場・時間を設ける」であり、直葬(火葬のみ)ではありません。

 

一度は葬儀社にご相談されることがおすすめです

いろいろな葬儀社があり、お葬式も「家族葬・直葬(火葬のみ)・1日葬(告別式のみ)…」とあります。お葬式を行う場所も「ご自宅・公営斎場・集会所・お寺…」と異なります。

例えば、広告で「追加料金なし!家族葬50万円」とあった場合でも「安置室使用料は?火葬料金は?式場使用料は?…」と、そのプラン内容と追加費用が発生する可能性を確認する必要があります。

お葬式は様々な事情が影響します

  • 火葬場や希望の葬儀式場が数日空いていない
  • ご家族・親族の都合で日程を延ばしたい
  • お坊さんの都合で日程を延ばさないといけない
  • 検視になり検案書の発行が遅れた
  • etc…

お葬式はその時の状況によって日程が変化します。そのため、すべての状況に対応可能な「追加料金なし」プランは難しいと思います

MEMO

葬儀社の考えでは、「病院で死亡 ⇒ 安置室で1日安置 ⇒ 翌日葬儀場へ搬送してお葬式」という平均的な日程を想定して、追加費用なしプランを提供していると思います。つまり、想定から外れる場合は追加費用が発生します。

葬儀費用の「総額」の確認が重要

ご説明した様に「家族葬+低価格な金額」の広告は、家族葬ではなく直葬(火葬のみ)です。最初から直葬をご希望の方は問題ないと思いますが、その場合も追加費用にご注意ください。

低価格の広告に惹かれる気持ちはわかりますが、大切なのは「本当の総額費用」です。そのため、お時間がある方は事前相談のご利用がおすすめです。

ご家庭の事情も様々ですので、親切な葬儀社であれば、可能な限り対応していただけると思います。

地元の葬儀社さんがおすすめです

お葬式に関するお悩みを解決するには、地元で店舗がある葬儀社がおすすめです。その地域のお葬式の事は、やはり地元の葬儀社さんが一番良く知っています。

注意
「お葬式日本全国対応」や「各都道府県の葬儀社が掲載されている」ようなサイトは葬儀社仲介業者です。
もし、そのサイト内で良い思う葬儀社があれば、直接その葬儀社に依頼してあげてください。

当社も大阪府以外の方からお電話をいただきますが、その地域の慣習や火葬場規約・料金がわからないので、いつも基本的な事以外は「お近くの葬儀社さんにご相談ください」とお伝えしています。

他社様の広告をご覧になって、当社にご相談や相見積もりをいただくことは、とてもありがたいです。ご覧になった広告と全く同じようには難しいと思いますが、できる限り対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】