MESSAGE / すべての方へ

お棺に入れるもの(副葬品)

ブログお棺に入れるモノ(副葬品)

お棺にお入れする故人様の愛用品やお好きだった食べ物などを副葬品(ふくそうひん)といいます。一般的には、洋服・写真・手紙などになりますが、ご家族様によって様々な副葬品をお入れしています。

お棺に入れることができるモノの判断基準ですが、基本的に燃えるモノであれば問題ありません。大切な方に持たせる愛用品、最期に贈る品、ご家族皆さんでゆっくりとお考えいただければと思います。

このページでのご説明する副葬品は、「白装束(手甲・脚絆・六文銭など)」や「最期のお別れ(出棺前)の際に、花祭壇・供花をお切りして手向ける生花」以外のモノとお考えください。

よくお入れする副葬品

お亡くなりになった直後は、葬儀の打合せや連絡など慌ただしいため、「何を入れてあげればいいか?」と考えると多くの方が迷われます。

まずは「お好きだった食べ物」、次に「洋服類」と1つずつ思い浮かべるとスムーズだと思います。副葬品をお入れできるタイミングは、基本的に火葬直前(火葬場到着)まで可能ですので、決して慌てる必要はありません。

ご家族様によってお入れする副葬品はさまざまですが、代表的な副葬品は

  • 食べ物・飲み物・嗜好品
    和洋菓子・果物・お茶・紅茶・ビール・日本酒・ワイン・珈琲・タバコ
  • 洋服・着物・小物類
    スーツ・コート・ジャケット・シャツ・スカート・カーディガン・ストール・マフラー
  • 本・手紙・写真・趣味の品
    愛読書・新聞・パンフレット・雑誌・絵画・化粧品・香水・パッチワーク

その他に、帽子・人形・バッグ・ポーチ・ハンカチ・ティッシュ・財布・手帳・切手などのコレクション・折り鶴・ポストカード・写経本・家庭菜園で育てた野菜・ガーデニングのお花・珈琲豆・お香・USBやSDカード(動画・写真データ入り)などもあります。
※書籍は厚さ2センチ以内のものをご用意ください。
※果物は丸ごと入れると爆発する可能性がありますので、小さく切り分けます。

 

「写真は入れない方がよい」という迷信?

故人様が一人で寂しくないようにと、多くの方が「家族写真」や「友人との写真」などをお入れしますが、生きている方の写真を副葬品としていれると「連れていかれる」という迷信があります。そのため、反対する方や嫌がる方もいらっしゃいます。

現在でも、友引の日に葬儀をすると「連れていかれる」という迷信を気にする方もいらっしゃるように、この様な迷信(言い伝え)を気にされる方はとても気にされます。

もし、お葬式後にその方に不幸などがあり「あの時、写真を一緒に入れたからだ!」といわれない為にも、写真を入れる場合は写っている本人に同意を得ることをおすすめします。

 

缶・ビンなどの飲料類について

故人様がお好きだった飲み物を副葬品としたい方は、多数いらっしゃいます。
特に多い、ビール・日本酒・ワインなどの酒類ですが、紙パックに入った商品でしたら問題ありませんが、缶またはビンに入った状態ではお棺へお入れできません。

缶や瓶に入った飲料類をお入れしたい場合、【紙コップ】に移し替えることでお入れすることが可能です。ご家族様の人数分に分けて、皆さんで手向けていただけます。

 

お棺に入れてはダメなモノ

材質によっては、ご遺骨に付着したり変色の原因になるものがあります。また、火葬場の規定により火葬炉を傷める原因になるモノや火葬時間が延長することになるモノもお入れできません。判断に迷われた場合は、葬儀社スタッフに尋ねることが一番です。

基本的にお入れできない副葬品は、以下の3種類になります。

  • 爆発物・薬品類
    スプレー缶(ヘアスプレーなど)・ガスライター・電池・化学薬品
  • 金属・陶器・ガラス・プラスチック・カーボン類
    貴金属・宝石・眼鏡・腕時計・杖・ゴルフクラブ・ゴルフボール・ラケット・釣り竿・缶ビン
  • 燃えにくいもの・水分が多いもの
    分厚い書籍・雑誌・辞書・アルバム・布団・果物丸ごと

副葬品として一緒に入れてあげたいけど、「燃えないモノなので入れることができない」また「手元にも残したい」というモノがある場合、そのモノを撮影した写真をお棺に入れるという方法もあります。

 

プラスチック製や眼鏡は絶対にダメ?

副葬品を選ぶ時、必ずといっていいほどプラスチック製品やガラス製品が含まれます。また、多くの方が眼鏡を入れてあげたいと希望されます。

厳密には、プラスチック類は入れてはいけない部類ですが、「ペットボトル」・「ゼリーやプリンなどのカップ入りの食べ物」・「CDケース」・「小さな化粧品」など、薄くて少量のプラスチック製品であれば問題ありません。また、眼鏡に関しても最近のレンズは樹脂レンズですし、細い金属フレームでしたら火葬にはあまり問題ないと思います。

実際、お棺にも金属製の釘が使用されていますので、厳密には棺自体を許可できないということになります。現状では、ある程度は柔軟に対応していただけますので、過剰に心配する必要はありません。

反対に、可燃物である洋服なども、あまり大量に入れてしまうと火葬時間の延長や灰の塊として残る場合があります。許可されているモノであっても分量が多いとダメということです。

 

まとめ

ご家族が用意する副葬品は、基本的に自由で良いと思います。故人様の好きなモノ・大切なモノを一番よく知っている方は、ご家族です。実際にあった、ユニークな副葬品には

  • 故人様が大好きだった奥様の手料理(全7品)
  • 大好きだったタバコを50箱
  • お好み焼き、たこ焼き、トンカツ、お刺身、白ご飯
  • 購入したかった高級車のパンフレット
  • お孫さんの書いた絵と手形を押した色紙

時々、びっくりするようなモノもありますが、その方の歩みや人生、ご家族の想いが詰まっていて本当に素敵だなと思います。皆さんは、最期にどんなものを大切な方に持たせてあげたいですか?

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付