MESSAGE / すべての方へ

大阪は「香典辞退」

ブログ大阪は香典辞退

最近では、お葬式でご遺族が “御香典(おこうでん)” を辞退するケースが増えています。
全国的にこの傾向が広まっていますが、特に「関西は香典辞退が多い」・「関西の8割は辞退」など、特に関西が香典辞退の傾向が強いというデータがあります。

「関西」といっても広範囲になりますが、都市部を中心に香典辞退は確実に増えています。新家葬祭でお手伝いさせていただいたお葬式の場合でも、90%以上の方がご辞退されています。

ただ、【一般参列者の方(友人・ご近所・会社関係など)からの御香典をご辞退する】のであって、ご親族からの御香典は現在でも受け取られることが一般的です。

お香典と香典返し

そもそも、お香典とは

  • 「香 = 線香」
  • 「典(奠)= 霊前に供える金品」】

つまり、「お線香の代わりに霊前に供える金品」のことです。お香典には、ご近所でお互いに葬儀費用を出し合うという 「相互扶助の目的」 もありました。

お香典を頂いた場合、必ず頂いた金額の「3分の1~から半額程度」の品物を「香典返し」として四十九日法要(忌明け法要)終了後に贈ります。ただ、この香典返しの手続きを面倒と感じることも、香典辞退が増加した要因のひとつでもあります。

地域ごとの慣習も重要

都心部では辞退されるケースが多いのですが、大阪府内でも御香典を受け取る地域はあります。特に、自治会参加のお葬式では御香典の代わりに「供花」や「紙樒」を受け取るなど、いろいろと決まり事もあります。

「老人会や隣組からの御香典は、必ず受け取る決まりになっている」など、地域での決まり事は無理に拒まずに受け取ることが一般的です。一方的にすべてを受け取らないのではなく、お住いの地域の慣習も考慮する必要もあります。

心的負担は避けたい

葬儀費用という点だけを考えれば、頂いた御香典は葬儀費用にあてる事ができますので、受け取る方がご遺族の金銭的負担は軽くなります。

しかし、「香典返しの手続き」や「この先、御香典を頂いた方のお家に不幸があった場合、こちらも御香典を持って行かなければ失礼になる…」という気持ちが重荷になることは確かにあります。

最近では、核家族化が進み「近所付き合いの希薄化」・「遺族が故人の人間関係をよく知らない」など、小さなお葬式や家族葬が主流となった背景を感じます。御香典を辞退される理由はお客様によって様々です。従来のお葬式スタイルや御香典の「よい・わるい」は別として “支え合う文化” は確実に薄れていると思います。

 

香典辞退の看板

御香典の辞退をご希望される場合は、「故人の遺志により 誠に勝手ながら ご香典はご辞退申し上げます」と記載した看板を受付横にご用意しています。看板をご確認されていない方には、「申し訳ございません。ご辞退されていますので、こちら(受付)ではお受取り致しかねます。」とお伝えしています。実際に、御香典をお持ちになる方はまだまだ多いです。

時折りですが、ご遺族の方が参列者から「何で受け取れないんだよ!いいから受け取ってよ」と詰め寄られるケースもあります。ご遺族側からすると一人でも受け取ってしまうと、他の方を断れなくなります。

参列者側からすると故人を弔う気持ちの表れです。故人に本当にお世話になった方からすると、何でもいいからお手伝いしたいのが本心です。

  • 遺族側の「参列者に負担をかけたくない」
  • 参列者側の「気持なので受け取ってほしい」

香典辞退の傾向は時代の流れでしょうか?お互いの気配りのバランスでしょうか?むずかしい問題ですね。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】