お葬式相談窓口(事前相談)

お葬式は「火葬だけ」をご希望の方へ

お葬式は「火葬だけ」をご希望の方へ

お葬式の内容は「家族葬・1日葬・直葬・無宗教葬」など色々ありますが、故人様とお見送りするご家族・親族様の状況に合ったお葬式内容を選ぶことが大切だと思います。

最近では、新型コロナウイルスの影響もあって参列者を限定するお葬式が増えています。具体的には、少人数での家族葬(遠方の親族もお呼びしない)または1日葬(告別式のみを行う)、そして「火葬だけ」で済ませる【直葬】です。

内容的には最もシンプルなお葬式です。ご自宅や安置室、火葬場で最期のお別れを行います。

また、「シンプルでお坊さん(僧侶)なしが良いけど、直葬では寂し過ぎる」と感じる方も多いです。そのようなお別れの場・時間を必要とされる方には、最近ご依頼が増えている「無宗教(お坊さんなし)での家族葬・1日葬」という方法もあります。

お葬式の内容や日程などについてお悩みの場合は、一度ご相談ください。

直葬(火葬のみ)のお葬式の流れ

直葬(ちょくそう)は、一般的なお葬式と異なり、お通夜・告別式などの宗教儀式を行いません。

お亡くなりになった後の流れは、簡単にご説明すると「ご遺体の安置 ⇒ 火葬場予約・日程の決定 ⇒ 火葬・収骨」になります。火葬場の空き状況などにもよりますが、2~3日間でお葬式終了になることが一般的です。

  1. ご安置
  2. 打合せ・火葬場予約・日程の決定
  3. ご納棺(基本的に火葬日の前日)
  4. ご出棺・火葬・収骨

役所関係(死亡届)や火葬場などの手続きは当社スタッフがすべて代行いたしますので、喪主となる方(もしくはご家族・親族)の印鑑をご用意ください。
※死亡届や火葬場の使用申込書などに使用します。

MEMO
お棺に入れたい副葬品(洋服や食べ物など)をご準備ください。

病院から直接火葬場へはできません

雑誌やテレビなどで見かける直葬の情報として、「病院から火葬場へ直行」という見出しをご覧になった方も多いと思います。

ここでご注意いただきたいポイントは、まるでお亡くなりになった直後に「すぐに火葬場で火葬ができる」と思ってしまいますが、これは不可能です。

そもそも死亡した直後では火葬許可証の発行手続きも済んでいません。また、病院内で納棺を許可してくれるのも考えにくいですし、火葬場内での納棺もできません。市町村で異なりますが、火葬場の開場時間も10時~16時までと決まっています。

そして最大の理由は、法律により「火葬は死後24時間経過した後」と決まっています。

実務を理解していない人が書いたのか?
インパクトのあるタイトルにしたかったのか?
その点の事情はわかりません。もしかすると一部の地域では「病院から直接火葬場へご遺体を搬送して、納棺+火葬までの安置を許可してくれる」という火葬場があるのかもしれません。でも、一部の情報を全国的に報道されると勘違いする人も多いと思います。

少なくとも、大阪府内では「病院から直接火葬場へ」はできません

火葬場内で火葬日までご遺体安置が可能な場所はありますが、納棺を済ませた後でなければ受け入れてくれません。つまり、ご自宅や葬儀社の安置室などでご納棺を済ませる必要があります。

火葬は「24時間経過した後」になります

先ほどもご説明しましたが、火葬のみをご希望の場合でも、法律により「火葬を行えるのは死後24時間経過した後」になります。そのため、24時間は必ずどこかでご遺体を安置する必要があります。

病院や介護施設は、基本的に長時間の安置を許可してくれる可能性は低いので、ご自宅または葬儀社の安置室でのご安置になります。

MEMO
病院でおなくなりになった場合、病室や病院内の霊安室に数時間程度は安置していただけますので、慌てる必要はありません。

最短で「翌日」の火葬が可能

お亡くなりになった時間、役所・火葬場の手続き、火葬場の予約状況にもよりますが、最短で翌日の火葬が可能です。

しかし実際には、死亡日の翌日に火葬場予約が取れることは少ないです。特に都市部(大阪府では大阪市・堺市など)では翌々日以降になるケースが多いです。

特定のお寺とお付き合いがある、お寺内に墓がある場合

直葬(火葬のみ)では、通常のお葬式と違って、お通夜・告別式などの宗教儀式は行いません。ただ、菩提寺(お付き合いのある寺)がある方は、基本的に菩提寺を無視することはできません。

注意
特に、菩提寺内に【お墓】をお持ちで、そのお墓に納骨を予定されている場合は、原則としてその菩提寺から戒名(法名)を頂くことが納骨条件になります。

もし菩提寺が遠方にある場合

先ほどご説明したように、菩提寺への連絡は必要不可欠です。たとえ、「大阪府内でお葬式、菩提寺が他府県にある」の場合でも連絡をしましょう。

お寺(住職)によって考え方は異なりますので、どのようになるかは分かりませんが、何かしらの指示を頂けると思います。

  • 戒名(法名)はこちらでお付けします
  • 大阪の同じ宗派のお寺を紹介します
  • 葬儀社にお寺を紹介してもらってください

兵庫県・京都部など、関西圏でしたら大阪まで来られる僧侶もいらっしゃいますので、一度菩提寺にご連絡ください。

MEMO
当社でもお坊さん(僧侶)のご紹介は可能です。

  • 火葬炉前などでの読経:3万円
  • 火葬炉前などでの読経+戒名:5万円

お葬式を行う側(故人のご家族)の考えが最重要視されるべきですが…

コロナ禍において、お葬式の規模は小さくなりました。当社の場合では、もともと小規模のお葬式や家族葬のご依頼が多いため、極端に規模が小さくなった感覚はありませんが、喪主様(ご家族)が感染リスクを考慮して、遠方の親族をお呼びしないという事も多いです。

「お葬式をする・火葬だけにする」

どちらもお一人おひとりの価値観の違い、状況によっても変わってきます。

お葬式を執り行う側(故人のご家族)の考えが最重要視されるべきだと思いますが、きちんとお別れがしたい親族様も必ずいらっしゃいます。

訃報(死亡連絡)は礼儀・マナーの側面もありますので、主な親族には必ず連絡することをおすすめします。たとえ家族葬や直葬であったとしても、事後報告はやめましょう。

まずは、お葬式を執り行う側の配慮が必要

今は、お互いに新型コロナに感染しない、感染させないという意識はとても大切です。

ただ、訃報(死亡連絡)を受け取ると「絶対にお葬式に行かないと」と思う方も少なからずいらっしゃいます。

まずはお葬式を執り行う側が

「新型コロナの感染リスクもありますので、お葬式は家族葬(家族だけ)で行いたいと思います」

と親族へ伝えることが良いと思います。その上で、どうしてもお葬式に来場したい親族には、可能なかぎりの感染対策を取ってもらいましょう。

お互いの事を考えて

  • 大阪まで来る途中での感染リスクを考えるて、家族葬にしよう
  • 感染のリスクはあるけど、きちんとお別れがしたい

どちらの気持ちも理解できます。

お互いの安全等を考えたり、故人様と家族・親族との関係性などを考えると何が正しいとも言えません

感染リスクはどんなに注意をしたとしても0ではありません。どこで線引きをするかの判断は難しいと思いますが、きっと親族様もご理解していただけると思います。

お葬式の内容や火葬日については、ある程度の調整は可能です。ご家族・親族の希望や状況を考慮して「どのようなお葬式にするか?」ご判断いただければと思います。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】