お葬式相談室をご利用ください

家族葬が希望の場合、会社(勤務先)に訃報連絡すべき?

家族葬は基本的に「ご家族・親族・親しい友人」を中心に少人数でお葬式行います。お葬式にお呼びしなかった一般の方には、葬儀後に電話や喪中はがき等で報告することも多くなりました。家族葬の場合、【どの範囲までお声掛けするか?】はご家族様の自由です。

では、会社(勤務先)への訃報連絡は、どうするべきでしょうか??

これは実際、簡単にご説明し難い内容です。忌引き休暇の取得のためには連絡が必要ですし、どこまでの情報を伝える必要があるのかも会社によって異なります。その方の会社内での立場もあると思います。

ただ、【家族葬がご希望の場合は、はっきりと「参列のご辞退」を伝える】ことは、とても大切です。

会社(勤務先)に訃報連絡するメリット・デメリット

お葬式(通夜・告別式)の日程が平日になる場合、「忌引き休暇」を取得するために、会社へ訃報連絡する必要があります。

また、お葬式がちょうど土日祝日に重なる場合、連絡するかしないかはご本人の判断次第です。実際に連絡をしない方もいます。

会社に連絡するメリット

  • 忌引き休暇が取れる ⇒ 故人との続柄によって日数が異なる
  • 慶弔金(弔慰金)が支給される ⇒ 会社の就業規則による
  • 福利厚生として、供花等がいただける

会社に連絡するデメリット

  • 上司・同僚からの連絡やその対応が必要
  • 口伝えで取引先まで知れ渡る可能性がある
  • 連絡の仕方次第で、参列者が多数来られる可能性がある

簡単にメリット・デメリットをご説明しましたが、どちらを選択されるかはご本人の判断次第です。一般的に、お葬式は平日になる可能性が高く、会社へ連絡が必要になります。

家族葬が希望でご家族・親族だけで行いたい場合は【故人の遺志で、家族葬で行います】と伝えれば、参列者数を抑えることが可能です。

MEMO
「家族葬」と連絡すれば、ほとんどの方が参列を控えてくれると思います。

忌引き休暇の規則は、勤務先で異なります

会社(勤務先)によっては、忌引き休暇の扱いが無い場合もあります。そのため、お葬式であっても有給休暇を取る必要がある方もいますし、「お葬式を土日にしてください」という方もいます。

お葬式日程は、ある程度調整可能ですので、ご遠慮なくご相談ください。

 

訃報連絡をする際に注意すること

会社(勤務先)へ連絡する際には、主に以下の項目を伝えることになります。

  • 誰が亡くなったのか?
  • 葬儀の日時・場所
  • 何日間、会社を休むのか?
  • 休暇中の連絡先
MEMO
どこまでの情報を伝える必要があるかは、勤務先によって異なります。

家族葬をご希望の場合は、しっかりと伝える

忌引き休暇の取得には最低限の情報を伝える必要がありますが、家族葬をご希望の場合は【家族・親族だけの家族葬で行う】ことをしっかりと伝えることが重要です。

例えば、「父が亡くなりましたので、忌引き休暇の取得をお願いします」だけでは、葬儀会場・日時が社内に知れ渡り、上司・同僚などが参列に来られる可能性が高まります。

必ず、「故人の遺志で、葬儀は身内だけの家族葬で行います」と伝えましょう。

MEMO
連絡は、口頭または電話連絡が基本です。合わせて、情報が残るようにメール連絡もおすすめです。

福利厚生:供花・弔電について

家族葬の場合、一般の方からの供花・供物などを辞退される方も多いです。ただし、勤務先(会社)から福利厚生として、供花・弔電が葬儀会場に届く場合があります。

直接当社へ供花の申込みがあった場合は、お客様の希望に合わせて「受付」もしくは「ご家族様の希望で辞退されています」とお伝えすることが可能です。

しかし、弔電に関しては葬儀社を通さず、葬儀会場へ直接届くことが一般的です。また、供花についても花キューピットなどにご注文されて、直接葬儀式場に届く場合もあります。

会社(勤務先)からの供花・弔電を辞退される方は少ないですが、もし供花・弔電を辞退する場合は、忌引休暇の連絡と合わせて伝えましょう。

忌引き休暇明けの挨拶

供花・弔電をいただいた場合、忌引き休暇明けの出勤時に「ご弔電ありがとうございました。お陰様で滞りなく葬儀を終えることができました」と直属の上司や総務課などへの挨拶を忘れずにしましょう。

合わせて、お菓子(小分けで食べやすい物:クッキーやラスク等)を持参することもおすすめです。

職場の上司・同僚からの御香典について

忌引休暇明けに、職場の上司や同僚から

「家族葬って聞いて、葬儀の参列は控えさせてもらったけど、これ(御香典)気持ちだから受け取ってよ」

と言われる方も多いです。

御香典とは

本来、御香典は故人の霊前へ供える金品(お線香やお花の代わり)であり、急な不幸での出費を助け合う意味もあります。御香典を頂いた場合は、四十九日法要後に「香典返し」を贈るのがマナーです。

その人たちの気持ちを汲んで受け取っても良いですし、「香典は受取らないのが故人の希望でしたので、お気持ちだけいただきます」とお断りしても良いです。

その人たちとの関係性も考慮する必要があると思いますが、あまり頑なに拒否するよりは、素直に受取り香典返しをすることも良いと思います。

MEMO
会社から支給される慶弔金(弔慰金)は福利厚生ですので、香典返しは必要ありません。

 

まとめ

会社(勤務先)の規則、ご家族の職場での役職や関係性など、さまざまな事情もあると思いますので、とてもご説明し難い内容ではあります。

基本的には、「忌引き休暇の取得」のために連絡が必要です。その際、どこまでの情報伝える必要があるかにもよりますが、家族葬をご希望の場合は、【故人の遺志で家族葬で行います。誠に勝手ではありますが、皆様のご参列・供花・供物などもご辞退申し上げます】と、その旨をしっかりと伝えましょう。

以前、喪主様が「“家族葬で行います” と連絡を回しますね」と言っていたので、その気持ちでスタッフも準備をしていたのですが、“家族葬” の部分が上手く伝わっていなくて、参列者が数百人になった事がありました…

葬儀式場内は少しパニック状態になり、ご家族様も「え!どうして?」という感じでした。なんとか無事に対処はできましたが、【家族葬で行います】【参列ご辞退】はしっかりと伝えることが重要だと思います。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・1日葬・無宗教葬・自宅葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。
お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】