お葬式相談窓口(事前相談)

お医者さんからお葬式相談

お医者さんからお葬式相談

数日前の深夜、ある病院の医師からお電話がありました。なぜお医者さん自らなのか事情は分かりませんが、とても珍しいです。

お葬式のご相談でしたが、かなり遠方(対応エリア外)でしたのでお力になれませんでした。

機会は少ないですが、看護師・訪問介護のスタッフさん等からのお電話は時々あります。ご家族から「もし知っていれば、葬儀社を紹介してください」と相談を受けるそうです。

実際、病院でお亡くなりになった直後に「できるだけ早く葬儀社を手配してください」と言われても困ります。シンプルに「地元で親切な葬儀社を知っていたら教えて欲しい」という気持ちだと思います。

なぜだろう?

電話が終わった後、「なぜお医者さん自ら葬儀社に電話を?」とその可能性を考えました。

  • 故人に親戚が一人もいない?
  • 救急で運ばれてお亡くなりになった?
  • 最期を看取った訪問医療のお医者さん?

など色々と考えましたが、

「◯◯かな? ⇒ でも、それなら◇◇で解決するし…」

そんな事の繰り返しで、明確な理由は分かりませんでした。

ご家族・親族などへ連絡が行くはず

もし、故人にご家族・親族がいる場合は、そちらへ死亡連絡が行き、ご家族が葬儀社の手配を行います。通常入院では保証人(緊急時の連絡先)を病院に伝えているはずです。

また、障害や認知症などをお持ちの人には、後見人(弁護士・司法書士など)が付いている場合も多いです。

よほどの事情が無い限り、お医者さん自ら葬儀社へ電話をすることは考えられません。

ん~気になります…

勉強の為に思い切って事情を聞いておけばよかったと少し後悔です。

今回のご相談は「おひとり様」?

複雑な状況でのお葬式のご依頼はあります。

生活保護を受けている・検視になった・後見人が付いている。

それに加えて、ご家族・親族のいる・いない。

さらに、家族はいるけど音信不通。

または、関わりたくないと葬儀(引取り)を拒否される場合も。

推測ですが、今回のご相談での故人は「おひとり様+生活保護受給者」だったのでは?と思います。すべての病院が葬儀社と関わりがあるとは限らないので、深夜で対処方法がわからず当社に相談という流れではないかと。

近年、結婚をしない方も増えています。【誰かが亡くなる ⇒ ご家族がお葬式・遺骨を供養する】という従来の基本的な流れに当てはまらないケースが徐々に増えてくるのかもしれません。

おひとり様と言っても色々

皆さん、「おひとり様」と聞いてどんな方をイメージされますか?

一般的には、お一人で生活されている方をおひとり様と言いますが、その状況は人それぞれです。

  • 生涯一度も結婚をしていない方
  • 配偶者に先立たれて、お子さんが独立している方
  • 配偶者に先立たれて、お子さんがいない方
  • 離婚をしている方
  • etc…

状況によって、誰が最期を看取るのか?誰がお葬式と供養をするのか?も変わります。ご家族・親族が本当に1人もいない方は稀です。

おひとり様への専門サービス

おひとり様の中には、ご自身に何かがあった場合の対策として専門サービスを契約している人もいます。

参考
  • 認知症になった時の為に「任意後見人契約」
  • 財産を分配・整理するために「遺言書」
  • 死亡した時の為に「死後事務委任契約」
  • 定期的に自宅に伺う「見守り契約」

などがあります。

その人の状況や希望によって、契約すべきサービスは異なります。

「どのサービスが自分に適しているのか?」を判断するためには、一度専門家(弁護士・司法書士など)とのご相談がおすすめです。

MEMO
おひとり様ではありませんが、お子さんがいないご夫婦で、配偶者(夫・妻)に全財産を残したい場合は遺言書の作成がおすすめです。遺言書が無いと他の親族に財産が渡る可能性があります。

行政のおひとり様へのサービス

以前、どこかの市が「おひとり様向けの終活サービスを開始する」という記事を目にした事があります。

お葬式・納骨・遺産相続・遺品整理まで任せられる仕組みだったと思います。おひとり様でご自身の最期に不安がある方には素晴らしい取り組みだと思います。

ただ、市役所(市の職員)は窓口にはなるけれど、実際の業務は民間会社が行うはずです。では、その会社はどうやって選ばれるのか?… 登録制?入札?実績?

その他の疑問点として

  • お亡くなりになった時、誰に連絡が入る?
  • 費用は総額いくら?
  • 相続人がいる場合は?
  • 親族が契約をキャンセルしたら?

いずれにしても、医療・葬儀・相続・遺骨供養まで完全サポートを考えると、それなりの費用は必要だと思います。全額自己負担で、市からの補助金はなかったはずです。

社会的な孤立を防ぐ仕組みは重要だと思います。でも、当然の事ですが、やっぱりお金は必要です。

個人的にはいくつか疑問点がありますが、この先、安心して暮らせるためのサービスがより大切になる気がします。将来、自分自身にも関わる事かもしれませんし。

今回思ったこと

今回、お医者さんからの電話でふと思ったこと。

「おひとり様が増加すると、お医者さんや看護師さんが葬儀社を手配する機会が増える?…」

手配と言っても、厳密にはお葬式ではなく「一時的な対応」として。具体的には、「ご家族の了承を得て、代理で葬儀社へ連絡(相談・ご遺体処置・安置)まで」という感じだと思います。

ん〜でも、いくつかの問題点やトラブルが思い浮かぶので、あまり現実的ではないのかも…

あくまで「葬儀社の手配はご家族で」が基本です。

ただ、故人の家族や親族の連絡先が不明な場合、病院も困ります。役所へ連絡をすれば身内を探してもらえますが、深夜・土日祝日の場合は対応が遅れます。

また、家族が遠方に住んでいる場合もあります。そして最悪の場合、身内から「拒否」される可能性もあります。かといって、病院も長時間ご遺体を放置することもできませんので、何らかの対応が必要になります。

検視(検死)になれば警察が対応しますが、病院・警察・役所の詳しい連携がちょっと不明です。きっと、お電話くださったお医者さんも何らかの事情で困っていたんだと思います。

MEMO
故人に身内がいない・拒否された場合は、市町村が火葬をする場合もあります。正確には、葬儀社が火葬業務を行い、市町村が費用を負担する(または立替える)という形です。

もっと簡単に最期を託せるように

近年、日本での未婚率が上昇しているデータもあります。経済状況や価値観の変化もあると思いますが、もしかすると、将来は事実婚(内縁関係)を選択する人も増えるかもしれません。

(フランスでは事実婚が多いですが、日本に比べ結婚制度が複雑なので結婚に対する意識・価値観は少し異なると思います。)

おひとり様が増える ⇒ でも、ご自身の最期について万全の準備をする人はきっと少ないはず

そうなると、お葬式以外に遺産相続の問題も出てきます。

現在の法律では、事実婚(内縁者)には相続権や税制上の優遇はありません。せっかく一緒に財産を築いても「内縁者は相続できない」など何らかの問題が起こる可能性もあります。

対策として遺言書もありますが、法律婚(婚姻届を提出した結婚)に比べると法的保護は弱い部分もあります。

また、親しい友人にお葬式を任せたいと思っても、友人は死亡届の届出人になれませんし、故人の財産をお葬式費用に使用する権利もありません。

つまり、「お金を残すので、お願い!」と内縁者や親しい友人に任せたくても、簡単に任せることができません。もし故人に親族がいる場合、後で訴えられる可能性もあります。

MEMO
内縁者は死亡届の届出人になれますが、法定相続人には該当しないので、遺言書が無ければ故人の財産を使用できません。

法律に守られている?縛られている?

ご自身の財産であっても、内縁者や友人に「自由に使って良いよ」とは言えません。ご自身の遺産は、基本的に法定相続人(民法で定められた相続人)のものです。

正当な権利を持った人を守るという法律の重要性は分かります。でも、立場を変えると「もう少し柔軟にならないかなぁ」と思う部分もあります。

法律に守られているのか?

法律に縛られているのか?

複雑な気持ちになる時があります。

ご自身のお葬式相談に来られる方の中には

  • 家族はいるけど、自分の葬儀に呼びたくない。
  • 内縁の妻と友達だけで見送って欲しい。
  • 遺産を全額寄付したい。

と希望される人もいます。

対策として、遺言書や死後事務委任契約などがありますが、費用もかかりますし、内容によっては完全に希望を叶えることができない場合もあります。

複雑な法律や制度はちょっと置いておいて、おひとり様が最期を託せる方法がもう少し簡単になれば良いなと思います。「故人の意思を尊重して、故人の希望を実現できる」その範囲が広がるように。

個人的には、友達みんなでお葬式をしてくれるなら、厳格な契約なしで一定額の範囲でお金を預けて任せられる制度があっても良いと思います。

たとえ法律上の相続人であったとしても、何もしてくれなかった人に財産を譲るより、最期まで親切にしてくれた他人に少しくらい自由に自分の財産を譲りたいですね。

さいごに

「お医者さんからの電話」⇒「おひとり様」と書き進めましたが、思い描いていたような着地ができていない感じです…すみません。

「おひとり様+ご家族のあり・なし+生活保護…」色々な組み合わせを文字でご説明すると、もっと長文になりますし、シンプルにまとめるのは難しいです。私の文章力の問題かもしれませんが…

実際、状況が複雑であると、私たち葬儀社スタッフも少し戸惑う場合もありますし、役所の方も戸惑う場合もあります。きっと、病院が困るケースも私たちの想像より多いかもしれません。

お葬式の内容は本当に様々です。そして、時々思いますが “見送ってくれる人がいる” のは、とても幸せなことです。

きっとお医者さんも「何とかしてあげたい」と思って、当社に電話をくださったんだと思います。

もしまたお医者さんからご相談があった際には、「なぜ直接お電話をくださったのか?」を聞いてみたいと思います。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】