お葬式相談窓口(事前相談)

遺骨を収骨しない

遺骨を収骨しない

タイトルを見て「収骨しない人がいるの?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、喪主になる方の状況や故人様との関係性などによっては「遺骨は必要ない = 収骨(お骨上げ)をしない」を希望・選択をされる方もいらっしゃいます。

まず結論から先にお伝えすると、「収骨なし」は可能です。当社でも何度も経験をしています。

しかし、市町村によって「可能・不可能」が分かれると思います。私たちも大阪府内のすべての火葬場で「収骨なし」のお葬式を経験していませんので、実際には確認してみないとわかりません。ご希望の場合はスタッフに一度ご相談ください。

あまり多いケースではありませんが、お悩みの方へご参考になれば幸いです。

ポイント
このページは「お葬式・火葬はするけれど、遺骨は必要ない」という内容です。
※「ご遺体の引取り拒否」とは異なります。

どんな人が収骨をしないの?

「収骨なし」を選択される方の事情は様々ですが、基本的に「故人とあまり関係が深くない方が喪主になる場合」や「故人にご家族・親族がいない場合」です。

具体的な例として

  • 離婚をして長年音信不通だった父の葬儀を子が行う場合
  • おじ・おばさんの葬儀を甥や姪が行う場合
  • 未婚である故人の葬儀を兄弟姉妹が行う場合
  • 成年後見人(弁護士や司法書士など)がご親族の了承を得て葬儀を行う場合や被後見人(故人)が独り身の場合

などです。

葬儀(お葬式)と言っても、火葬だけを選ばれる方もいます。実際、あまり費用をかけられない(かけたくない)事情もあります。

時々、喪主様から「最低限のお見送りはしてあげたいけれど、遺骨の供養までは面倒が見れない」という言葉を聞きますが、もし私自身が同じ立場だったら「同じようにするかも…」と思うことも確かにあります。

大切なご遺骨に関することですので、慎重にお考えください。

お葬式を行う=家族葬・1日葬(告別式のみ)、お葬式を行わない=火葬だけ(直葬)

お葬式を行う・火葬だけ(直葬)で済ませる、両方いらっしゃいます。どちらを選ばれるかは、個々の事情や故人様との関係性によっても違ってくると思います。

お葬式を行う場合であっても、基本的に参列者は少数になるケースが多いため、小さな家族葬または1日葬(告別式のみ)でのご依頼が多いです。

また、お葬式を行わない=火葬だけ(直葬)の注意点として、菩提寺(お付き合いのある寺、お墓がある寺)がある場合は無視はできません。

「火葬だけなので、お坊さんは不要」と思われるかもしれませんが、納骨などの際にトラブルになる可能性もありますので、事情を説明して火葬だけで済ませることの了承を得ましょう。

MEMO
お寺内にお墓がある場合、戒名(法名)を頂くことが基本的な納骨条件です。

お葬式費用(参考)

  • 家族葬・1日葬(告別式のみ):30万円~
  • 直葬(火葬のみ):13万円~

別途費用:火葬料金(大阪市:1万円、堺市:2万円)、式場使用料、安置室使用料など。お坊さん(僧侶)のご紹介も可能です。

成年後見人の方へ
成年後見人をされている弁護士・司法書士の方からのご依頼も頂きます。
管理されている財産や状況に応じて葬儀・火葬を承ります。病院や警察署などへのお迎え・役所手続き・収骨、すべて代行も可能ですので、お気軽にご相談ください。

「収骨なし」をご希望の場合は、火葬日の前日までにスタッフにお申し付けください

「収骨なし」をご希望の場合は、役所・火葬場への確認と書類手続きが必要になりますので、お葬式日程の打合せ時または遅くとも【火葬日の前日】までにスタッフにお申し付けください。

当社スタッフが各市町村(または火葬場)へ確認をいたしますが、必ず認められるとは限りませんので、予めご了承ください。

「収骨なし」が可能な場合、遺骨は市町村が供養してくれます

「収骨なし」が認められた場合、故人様の遺骨は各市町村が供養してくれます。

  • 提携先の寺院で供養
  • 市町村にある合祀の納骨堂で供養

など、供養(埋葬)の方法は各市町村によって様々です。

MEMO
大阪市・堺市では基本的に「収骨なし」が可能です。
供養料などを市に支払う必要はありません。

「収骨なし」が不可能な場合、ご家族が遺骨を供養する必要があります

「収骨なし」が認められない場合は、収骨をして供養(埋葬)しなければなりません。

故人がお墓をお持ちの場合は、そのお墓へ。また、ご自身がお墓をお持ちの場合は、ご自身のお墓に納骨をするのも良いと思います。

ただ、お墓への納骨に関してはご家族・親族の気持ちなども複雑に関係してきます。【いつまでに納骨するべき】という法律はありませんので、ゆっくりお考えください。

お墓がない場合

また、お墓がない場合の供養(埋葬)方法として、最も低価格なのは「合祀のお墓・納骨堂」だと思います。合祀(ごうし)⇒ たくさんの人の遺骨を一緒に納めるお墓や納骨堂です。

シンボルとなる石碑などの下に遺骨を納めるタイプが一般的です。最近増えている「樹木葬(じゅもくそう)」も合祀の1つです。

基本的に「永代供養付き」なので、運営者(会社や寺院)が持続する限り供養してくれます。「将来、承継者がいなくなるかも…」という不安もありません。市町村が運営している場所もありますので、一度調べてみるのもおすすめです。

MEMO
大阪では「一心寺(大阪府天王寺区)」が有名で納骨される方も多いです。

合祀の場合、平均費用としては数万円~十数万円程度が多いと思いますが、場所によって大きく変動します。インターネットで「納骨 永代供養」と検索をすれば、近隣施設が見つかると思いますが、近年様々なお墓・納骨堂サービスが誕生していて、内容が複雑です。

まず2~3カ所を選んで現地見学がおすすめです。そうすれば、最適な場所や内容が分かると思います。必ず事前に総額費用と契約内容を確認をしましょう。

その他の方法として、少し費用は高くなりますが海洋散骨なども良いかもしれません。

参考:遺骨の供養(埋葬)方法
  • 従来のお墓や納骨堂
  • 合祀のお墓や納骨堂
  • 海洋散骨・手元供養

※遺骨の埋葬期限などの法律はありませんので、ご自宅に何年置いておいても問題ありません。

さいごに

あまり “普通” という言葉は好きではありませんが、お葬式では「ご家族が故人の遺骨を収骨して、お墓などに埋葬する」が “普通” です。でも、普通に当てはまらない事も多々あります。

今、「自分には関係ない」と思っている方でも、親族の構成やお亡くなりになる順序でも変わってきます。ご親戚に独り身の方がいらっしゃる場合、ある日突然その人の死亡連絡がご自身に入る可能性もあります。また、小さい頃に両親が離婚し、長年会ってなかった親の死亡連絡が入ることもあります。いくら縁を切ったと自分で思っていても、法律上の親子関係はなくなりません。

お話を最初に戻しますが、「収骨をしない」お葬式は主に「故人とあまり関係が深くない方が喪主になる場合」や「故人にご家族・親族がいない場合」です。

「最低限のお見送りはしてあげたい。でも遺骨までは…」という方が多いですが、「関わりたくない」とご遺体の引取りさえ拒否する方もいます。

個々に色々な事情があります。故人との関係性、そして感情も様々です。親戚とのお付き合いが必ずしも良好ではない場合もあります。「収骨をしない」という選択を否定することはできません。

今、お墓を必要としない方も増えていますので、将来的には遺骨を市町村に供養してもらう方が増えるかもしれません。私個人としては、自分の手で何かしらの形で供養してあげたいと思いますが…価値観は人それぞれです。

長文になりましたが、ご参考になりましたら幸いです。何かお悩み事などございましたら、いつでもご相談ください。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】