お葬式相談室をご利用ください

お盆の法要・供養って必ずするの?

お盆の法要・供養は必ずするの?

今年もお盆が始まりましたね。関西では8月13日~16日がお盆期間になります。最終日16日に行われる「京都五山送り火」が有名ですね。

お盆という言葉は、サンスクリット語の「ウラバンナ」を漢字に当てはめた「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を略したものです。

盂蘭盆会の由来は「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」という経典に書かれているお話しで、お釈迦さまの弟子である目連尊者が餓鬼道に堕ちて苦しんでいる亡き母をお釈迦さまの教えに従って救う話が由来です。ご興味のある方は、一度調べてみてはいかがでしょうか。

そのお話しから、お盆の時期は「ご先祖様に感謝し供養する大切な日」となりました。

お盆の法要・供養って必ずするの?何をするの?

一般的に菩提寺の僧侶が自宅に来て読経したり、お墓参りやお仏壇の掃除、故人様がお好きだった食べ物やお花をお供えする…そんなイメージを持たれていると思います。大体そのような感じで正しいです。あまり難しく考える必要はありません。

菩提寺がある方は、菩提寺に相談する事が一番です。

また、最初にお伝えしますが、お盆の法要・供養をするか?しないか?は、基本的にご家族の自由です

人によっては物心ついた時から

  • お盆は親戚が集まり、菩提寺のお坊さんが自宅に来て読経。その後お墓参りに行く
  • 菩提寺で開催される法要に参加して、お墓参りに行く

など、定番行事になっているご家庭で育った方もいらっしゃいます。

一方で、「お葬式をお坊さん無しの直葬や無宗教葬で済まされた方」や「当社のお坊さん紹介をご利用になった方」などは、菩提寺も無い・お墓も無い(合祀の納骨堂に納めた・将来的に建てる予定)という方もいらっしゃいます。

ご自身・家族の状況によって、お盆の過ごし方は少し異なります。シンプルにご説明するために、大きく分けて「菩提寺がある方とない方」に分けてご説明します。

菩提寺
菩提寺(ぼだいじ):お付き合いのあるお寺。お葬式や法事などでお勤めを依頼するお寺。先祖代々のお墓があるお寺。

菩提寺がある人【お葬式の時に菩提寺のお坊さんがお勤め(読経)に来た方】

お盆の期間に菩提寺の住職(僧侶)がご自宅に来て読経をしたり、菩提寺で合同法要が行われたりします。菩提寺から電話やハガキなど何らかの連絡が届く方も多いと思います。

寺院や宗派ごとにお盆行事に対する姿勢や考え方は異なりますので、準備する物は菩提寺にお問い合わせください。もし、ご自身・家族のご都合が悪ければ、お断りしても良いと思います。

菩提寺がない人【お葬式の時に葬儀社にお坊さんを紹介してもらった方や直葬・無宗教葬で済まされた方】

最近のお葬式では「菩提寺が無いので、お坊さんの紹介をご希望される方」や「宗教儀式を省いた直葬や無宗教葬を希望される方」もいらっしゃいます。

そのような方は、特別に寺院や宗派にとらわれないので、お盆の過ごし方も自由です。お葬式の時と同じように葬儀社にお坊さんを紹介してもらってご自宅や仏事料理店で法要を行う方や、法要などを省いてご家族だけでお墓参りに行く方も多いです。

地域ごとの風習
お盆の風習は地域で異なります。個人的に印象的なのは長崎県ではお墓で花火や爆竹を鳴らします。その他の地域では精霊流しや灯篭流しをしたり、精進料理を墓前にお供えしたりします。
盆踊りも平安時代の空也上人というお坊さんが始めた踊念仏がルーツで、本来は霊を供養する意味合いがあります(諸説あり)。最近では、寺院が地域住民が参加しやすい法要行事を積極的に開催したりしています。

実際にはさまざまな事情があります

大きく分けて「菩提寺がある方」と「ない方」で簡単にご説明しました。しかし、実際にはそんなに簡単に2つに分けられません。

  • 菩提寺と言っても、お葬式の時にお勤めを依頼するだけの関係で、寺院内にお墓も無いからお盆などは家族だけでお墓参りをする。
  • 自分はもう田舎に帰る予定が無い。お葬式を機に檀家を辞めようと考えているので、お盆法要は行わない予定。
  • 菩提寺の住職が高齢のため、お盆やお彼岸のお勤めや行事を行っていない。
  • 昔からの菩提寺はあるけど、お盆法要は今後必要ない(断ろう)と思っている。
  • お葬式の時に僧侶を紹介してもらったけど、遺骨は永代供養の合祀墓に納骨したので、お盆はお墓参りだけにする。
  • お葬式は家族葬(お坊さんを呼ばず)で済ましたけど、お盆だけは親戚が集まるので、お坊さんを呼びたい。

お葬式を機に考える

現状や将来の事も考慮して判断される方も非常に多いです。現代の核家族化や寺院自体の後継者問題もあります。お葬式を機にご家族・親族の意見を整理するのもおすすめです。

菩提寺があると言っても、昔から自宅に月参りに来てもらっている、菩提寺の行事に積極的に参加している、お葬式の時だけお勤めを依頼しているだけ(寺院内にお墓は無い)、両親が住職と顔なじみだけど自分は知らない…など関係性は様々です。

また、菩提寺がない方(直葬や無宗教葬でお葬式を行った方)の中にも、お坊さんはお葬式だけで十分、再度お盆法要の読経をお願いしたい、お盆などの宗教行事には関心がない…など考え方は様々です。

注意
菩提寺がある方は、なかなか菩提寺を無視するという事は難しいかもしれません。今後の関係性なども考慮してご判断ください。

初盆(新盆)について

四十九日法要を終えた後に初めて来るお盆を「初盆(はつぼん)」「新盆(にいぼん)」といいます。例えば、8月1日にお亡くなりになった場合は、四十九日法要が9月になるので、来年の8月が初盆になります。初盆は大切な法要とされていますので、きちんと行う方が多いです。

精霊棚やお供え物、盆提灯などを用意して迎え火・送り火を焚くと説明されている本やサイトも見かけますが、そこまできっちり用意される方は多くないと思います。実際に用意するのは大変です。詳しくは、菩提寺にお問い合わせください。

 

基本的に供養は自由

菩提寺がある方、ない方。ご自宅にお仏壇がある方、ない方。お墓がある方、ない方、納骨した方、していない方…状況によって、供養の仕方は変わってくると思います。

一概に、菩提寺があるからといって法要を強要されるものでもないですし、供養の仕方はお一人おひとり自由で良いと思います

  • お墓参りに行く
  • 菩提寺の盂蘭盆会の法要行事に参加する
  • お仏壇を掃除して、お供え物をする
  • etc…

注意点としては、周りの人との関係性が悪くならないように決断することだと思います。法要をするしないで親族との関係が悪くなったら、ご先祖様も悲しむと思います。

他の法要も同じ

お盆以外のお彼岸(3月、9月)や一周忌・三回忌などもご家族・親族が自由に納得するかたちで供養すれば良いと思います。無理に準備に大変な思いをしてまで法要を執り行う必要はありません。

好きだったお花を写真の横に飾る。好きだった食べ物をお供えする…ちょっとした事でも、故人様を思いながらの行動です。それだけで十分に供養ができていると思います。

ある方は、「お墓参りは子供の教育にもなると思ってます。きっと今は暑くて嫌だろうけど(笑)」とおっしゃっていました。確かに大人になって分かることもありますよね。

お盆は、お盆休み・夏休みと重なってご親族が集まりやすい期間です。年に1度のこの期間をご先祖様を偲ぶ日として、大切にしてみてはいかがでしょうか。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】