MESSAGE / すべての方へ

お盆について

ブログお盆

お盆はご先祖様の霊を供養する行事です。年に1度、お盆の時期にご先祖様や故人様の霊が帰ってくるとされ、お墓参りやお仏壇の掃除、法要など行い供養をします。「盆入り」には迎え火でご先祖様の霊をお迎えし、「盆明け」には送り火で見送ります。全国的には8月13日~16日がお盆の時期とされていますが、地域によって異なります。

お盆は正式には、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、古代インド語の1つであるサンスクリット語の「ウラバンナ(逆さ吊り)」を漢字に当てはめたものです。日本では略して「お盆」や「盂蘭盆」、その他に「盆会」・「精霊会(しょうりょうえ)」・「魂祭(たままつり)」などと呼ばれ現在も広く行われています。

また、お盆の中でも特に重要とされるのが【初盆:はつぼん】です。
初盆は、お亡くなりになった方の四十九日法要(忌明け)が終了した後に迎える初めてのお盆ですので、特に丁寧に供養します。

お盆の由来

盂蘭盆会の由来となった「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」によると、お釈迦様の弟子である目連尊者(もくれんそんじゃ)が、神通力を使って亡母を見てみると、餓鬼道に堕ちて逆さ吊りで苦しんでいました。亡母を助けようとお釈迦様に相談したところ

「夏の大修行が終わる7月15日、修行を終えた僧侶たちに多くの供物をささげて心から供養すれば、母を救うことができるでしょう。」

と言われました。目連尊者がその通りに供養したところ、その功徳から亡母は助けられました。
加えて、お釈迦さまは

「同じ様に、7月15日に多くの仏や僧や多くの人たちを供養すれば、たくさんのご先祖が苦しみから救われ、今生きている人たちも幸福を得ることができるでしょう。」

と説かれました。
それ以来、旧暦の7月15日は【ご先祖様に対して感謝し供養する大切な日】となり、これがお盆の始まりとされています。

 

お盆の時期と「新盆」・「旧盆」

現在、一般的には8月15日を中心として8月13日~16日の4日間(8月盆)が全国的にお盆の時期とされています。しかし、地域によっては時期が異なり、7月をお盆(7月盆)とする地域もあります。
これには、明治に行われた改暦が関係しています。

  • 全国的なお盆の時期
    8月盆: 8月13日~16日
  • 一部の地域
    7月盆: 7月13日~16日

本来のお盆は、7月15日を中心として7月13日~16日の時期でした。
しかし、明治6(1873)年に国際基準化を目的として旧暦から新暦(現在の暦)への改暦が行われ、お盆の時期に変化が生まれました。

旧暦と新暦では約1か月(30日)の差があり、旧暦での1月は新暦では2月となります。つまり、旧暦で7月15日とされていたお盆も、新暦では8月15日となります。

地域により異なります

政府は、新暦の導入後も7月15日をお盆(新暦のお盆:新盆)としましたが、東京などの都市部以外には普及しませんでした。地方の農村地では新暦の7月が繁忙期となるため(または梅雨の時期となるため)、1か月遅い8月15日を「月遅れ盆」として行っていました。この新暦の月遅れ盆が、旧暦のお盆時期と重なるため「旧盆」とも言われます。

  • 旧暦の7月15日(旧暦のお盆)= 本来のお盆
  • 新暦の7月15日(新盆:しんぼん)= あまり普及せず
  • 新暦の8月15日(旧盆、新暦の月遅れ盆)= 現在の標準

少し複雑ですが、お盆自体の内容は同じです。あくまで地域差があるとお考えください。7月盆・8月盆ともに15日を中心として13日~16日がお盆とされます。

地域別のお盆時期

明治の新暦導入後、地域によってお盆時期への対応が異なりました。
新暦を採用した地域、旧暦のままの地域、都合により時期をずらした地域などです。そのため、現在でも地域によってお盆の時期は異なります。

  • 旧暦の7月15日:沖縄・奄美地方・中国地方・九州地方・など
  • 新暦の7月15日:東京・横浜・函館・静岡・東北地方など
  • 新暦の8月15日:全国的にお盆とされる時期
  • その他(8月1日など):東京都小金井市、国分寺市、調布市など多摩地区の一部
  • ※旧暦(天保暦)は、「月の満ち欠け」によって決まるので毎年日程が異なります。

 

お盆は何をするの?

お仏壇の掃除やお墓参り、僧侶を招いての読経、お付き合いのある寺院の行事に参加するなどが一般的です。この時期に合わせて納骨する方もいらっしゃいます。

細かくご説明すると、精霊棚・棚経・お供え物・迎え火・送り火・きゅうり馬・なす牛・提灯などの準備も必要となりますが、毎年すべてを準備するのはとても大変です。現代のライフスタイルには適さない、または不可能な項目もあります。

初盆(はつぼん)は特別ですが、普段のお盆では、ご家族・親族でお墓参りをすることが最も大切だと思います。お墓参りは、盆入り(ご先祖様が帰ってくる日)の13日が良いとされています。

  • 13日:【盆入り】迎え火・お墓参り
  • 14日:法要・お墓参り
  • 15日:法要・お墓参り
  • 16日:【盆明け】送り火

 

迎え火と送り火

迎え火と送り火は、家の門口や玄関に焙烙(ほうろく:素焼きの一種)の器を置いて、その上でオガラ(麻幹)を燃やします。迎え火は、「ご先祖様が道に迷わずに帰ってこれる目印として」、送り火は「帰り道を照らして見送る」などの意味があります。
焙烙は仏壇屋さん、オガラはスーパーなどで購入できます。

迎え火は、ご先祖様を迎えるために盆入りの13日の夕方に行います。
送り火は、ご先祖様を送り出すために盆明けの16日に行います。
有名な京都の「五山送り火(ござんのおくりび)」も毎年8月16日に行われます。

現在の住宅環境を考えると、迎え火・送り火や精霊棚や提灯を毎年準備するのもなかなか困難だと思います。お仏壇をきれいに掃除して、お供え物を準備するだけでも十分です。

 

初盆(はつぼん)って何?

お盆の中でも特に重要なお盆があります。それは、初盆(はつぼん)です。
初盆は、故人様の四十九日法要(忌明け法要)が終了した後に初めて迎えるお盆のことです。地域によっては、新盆(にいぼん・あらぼん・しんぼん)とも呼ばれます。

初盆では、ご家族・親族が集まり、僧侶を招いて丁寧に供養することが一般的です。初盆の時期に合わせてお墓・納骨堂へ納骨される方もいらっしゃいます。初盆を迎える方は、余裕をもって準備をしましょう。

 

まとめ

お盆に親戚が集まりご先祖様・故人様に対して感謝し供養・お墓参りをすることが理想ですが、毎年全員が集まるというのも大変です。各家族ごとにお墓参りに行ったり、自宅のお仏壇にお線香をあげたり、お供え物をするだけでも十分だと思います。

宗教による考え方は別として、「先祖がいなければ、今の自分は存在しない」と考えると、ちょっと心を込めて供養できる気がしませんか?

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】