お葬式相談室をご利用ください

四十九日法要(忌明け・満中陰)の基礎知識

ブログ四十九日法要

四十九日法要(忌明け法要・満中陰法要)は、お亡くなりになった日(命日)から数えて49日目に行う法要です。実際には、ご遺族が集まりやすい49日目前の土日祝日に行います

なぜ49日なのか?というと、故人は7日毎に閻魔大王の裁判を受け、7回目に極楽浄土へ行けるかの判決を受けるとされています。つまり、7日×7回=49日となります。

それに伴い、故人様が極楽浄土へ行けるために遺族は7日毎に供養をし、最終の49日目に最も大切な法要として四十九日法要を行います。

49日目が最終判決ですので、49日目を過ぎてはいけません。必ず49日目までに行います。
※宗派によっては、命日の前日から数える場合もあります。

四十九日法要までの日程

  1. 初七日(しょなのか):7日目=初七日法要
  2. 二七日(ふたなのか):14日目
  3. 三七日(みなのか):21日目
  4. 四七日(よなのか):28日目
  5. 五七日(いつなのか):35日目
  6. 六七日(むなのか):42日目
  7. 七七日(なななのか):49日目=四十九日法要

初七日法要は、お葬式と一緒に済ませる

「初七日法要」は告別式と同日に繰り上げて行う場合が多くなりました。本来、命日から数えて7日目に行いますが、ご家族・親族が集まっているお葬式と一緒に済ませることが一般的です。

また、二七日~六七日法要も省略する方が多いです。

MEMO
命日~49日目までを「中陰(ちゅういん)」・「忌中(きちゅう)」。
また、49日目を「満中陰(まんちゅういん)」・「忌明け」とも呼びます。

実際には、49日目【前】の土日祝日に行います

本来は49日目ちょうどに行う法要ですが、ほとんどの場合が平日になってしまいます。そのため、ご遺族が集まりやすい49日目【前】の土日祝日に行われます。

お葬式終了から数えて30~35日後になることが多く、想像よりも早く訪れます。まずは、予定日と場所を決めて少しずつ準備を進めることをおすすめします。

 

四十九日法要を行うの場所・流れ・準備するモノ

四十九日法要を行う場所に決まりはありません。参加者のアクセスの良さ等を考慮し、決定しましょう。

一般的には、ご自宅・寺院・仏事料理店になります。最近では、家族葬の増加に比例して少人数での法要も増えていますので、ご自宅で行う方が多いです。

法要場所

  • ご自宅
  • 寺院
  • 仏事料理店
  • 霊園内の施設

ご自宅以外で仏事料理店や霊園施設などを借りる場合は、早めの予約をおすすめします。

特に、お盆(8月)やお彼岸(3月・9月)の時期と重なると、法要場所やお寺様の都合も合わせ難くなりますので、早め早めに準備を進めましょう。

基本的な内容と流れ

法要当日は現地集合し、僧侶を迎え、挨拶をします。会場には、必ず僧侶よりも早く到着しましょう。その後、法要(読経・焼香・法話)開式です。

法要終了後、納骨を行う場合はお墓へ移動し納骨式を行います。納骨を終えた後は、会食(ご自宅または仏事料理店など)となります。

また、僧侶が会食に同席されるか?も事前の打ち合わせ時に確認しましょう。

  1. 法要場所にご遺族集合
  2. 僧侶到着
  3. 法要開式(読経・焼香・法話)
  4. お墓への納骨
  5. 会食(お斎:おとき)

※服装は喪服が基本です。
※「納骨」と「会食」は、状況により順序が逆になるケースもあります。

納骨には事前予約が必要

納骨される場合は、遅くても1週間前までにはお墓の管理事務所へ連絡し、必要な手続き・費用を確認しましょう。当日は、【埋葬許可証】も忘れないようにご注意ください。

準備するモノ

遺影写真・ご遺骨・埋葬許可証(納骨する場合)・白木位牌・本位牌・お供え物・お花・御布施などになります。忘れ物が無いように前日には必ず確認しましょう。

※寺院が決まった供物を用意し、後で喪主が支払う場合もあります。
※必要なモノは宗派により異なります。菩提寺(お付き合いのある寺院)へお問い合わせください。

本位牌(塗り位牌)

お葬式で使用した白木位牌を【本位牌(塗り位牌)】へ切り替えます。
白木位牌は仮位牌とされ、四十九日法要に白木位牌から本位牌へと魂を移し替える「魂入れ(開眼法要)」を行います。白木位牌は僧侶が持ち帰り、お炊き上げ供養をしてくださいます。

本位牌の種類(黒塗り・唐木など)・大きさ・価格は様々です。ご注文は、お近くの仏壇仏具店やインターネットでも可能です。

 

MEMO
ご注文から完成まで、余裕をみて2週間とお考えください。
注意
浄土真宗では、本位牌ではなく【過去帳(かこちょう)】に「法名・俗名・命日など」を記します。

引き出物

法要に参加いただいた方への返礼品として引き出物を用意する場合もあります。
食べ物・お茶・タオル等、かさばらない軽い品物にします。熨斗は、弔事の水引に表書きを「粗供養」または「志」とします。

 

会食を用意している場合は、3,000円~5,000円の範囲が一般的です。参加者が、車や公共交通機関を利用しているのかを考慮し、帰りに負担にならない品物にします。

 

また、法要当日に持参いただいた供物を人数分に分けてお持ち帰りいただく地域もあります。参加者が多数の場合は、あらかじめ「供物を辞退する」こともを連絡しましょう。

僧侶への御布施

御布施(僧侶へのお礼)の金額ですが、平均3~5万円程です。
寺院から離れた場所に来ていただく場合は「お車代」、会食されない場合は「お膳料」として、各5,000円~10,000円をお包みします。

  • 御布施の金額は、平均3~5万円。
  • 別途、「お車代」・「お膳料」も必要な場合も。
  • 封筒の表書きは「御布施」とします。
  • はっきりと金額を尋ねるのもおすすめです。

上記の金額はあくまで一般的な金額になります。

お寺様によっては「お車代・お膳料」を一切受け取らない場合もありますし、法要後に納骨式を行っても別途請求しない場合もあります。菩提寺のある方は、はっきりと金額を尋ねても失礼には当たりませんので、一度ご相談ください。

 

まとめ

お葬式が終了した後には、役所手続き・相続手続き・香典返しの手続きなど、非常に慌ただしい毎日が続きます。

それに加えて、四十九日法要は想像より早く迫ってきますので、お葬式終了後すぐに準備に取りかかる必要があります。

お葬式中はご自身でも気付かない程にストレスが溜まり、お葬式終了後に体調を崩される方も少なくはありません。日程調整や連絡・準備はとても大変です。

誰か一人に任せず、ご家族みなさんで協力して準備を進めることをおすすめいたします。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】