お葬式相談窓口(事前相談)

永代供養は「永久・永遠」じゃない

永代供養は「永久・永遠」じゃない

現時点で、お墓や納骨堂をお持ちではない(まだ契約をしていない)方も多く、故人様の遺骨を「どこに納骨(埋葬)しよう? お墓? 納骨堂?」と色々お悩みだと思います。

お墓や納骨堂を選ぶ際、立地や交通利便性、もちろん費用も大切ですが、中でも【将来の承継者 = 誰がお墓や納骨堂の管理を継ぐのか?】を考えておくことは重要です。

そして、承継者については「既にお墓や納骨堂をお持ちの方」も将来的に悩む可能性があります。

  • 今からお墓を建てても承継者がいない
  • 子が娘だけなので、承継者が途絶える
  • 将来的に承継者がいなくなる可能性がある

上記のような、承継者の問題を解決する方法(サービス)の1つが「永代供養」です。

永代供養を簡単にご説明すると、

【承継者が誰もいない(将来いなくなった)としても、霊園・墓地管理者(運営者)が「永代」に供養してくれる】

というサービスです。最近では、既にお墓をお持ちの方が「墓じまい」をして、永代供養付きのお墓や納骨堂へ切り替える方もいます。

ただ、少し注意が必要な点は、【永代は「永久・永遠」じゃない】ということです。

「永代供養のお墓だから、個別タイプのお墓でずっと使用可能(供養してくれる)」というのは、基本的に間違いです。

「永代」という文字の見た目から、「永遠に続く、際限なく、限りなく続く」と想像すると思いますが、基本的には【一定期間】とお考え下さい。ちなみに、辞書では「永年 = 長い年月」という意味です。

その一定期間は、13年・17年・33年と各霊園墓地によって異なりますし、期間を選択できる場合もあります。基本的に契約期間が終了すると、ご遺骨は「合祀墓(複数の遺骨を一緒に埋葬)」へ移されます。

お墓・納骨堂選びは想像より大変だと思いますが、ご家族でゆっくりと検討しましょう。

ポイント

お墓や納骨堂は、年々新しいサービスが誕生していて把握しきれないほどです。
そのため、このページではあくまで一般的、標準的な情報をお伝えします。

「永代供養サービスって、大体そんな内容なんだ」と基本的な部分を抑えていただければ幸いです。

まず最初に

インターネットなどで永代供養のお墓・納骨堂を調べると、

「永代供養墓・永代供養樹木葬・永代供養納骨堂・永代供養料を含む・永代供養付きで管理費なし」

様々な言葉が入り混じって、よく分からなくなる場合が多いと思います。表現は様々ですが、シンプルに「永代供養というサービスが付いた◯◯」と考えると、少し整理がしやすいと思います。

  • 永代供養のお墓
  • 永代供養の納骨堂
  • 永代供養の樹木葬(樹木葬墓)
  • 永代供養の合祀墓(合葬墓)
MEMO
合祀墓(合葬墓)とは、沢山の方のご遺骨を一緒に埋葬するお墓の事です。墓石の代わりに石碑(モニュメント)などを建てる場合が多いです。

永代供養のお墓・納骨堂は、大きく分類して2種類

昔も今も、ご遺骨の納骨先は主に「お墓または納骨堂」です。つまり、永代供養サービスが付くのは、主に「永代供養のお墓・納骨堂」になります。樹木葬については後でご説明しますが、お墓とほぼ同じです。

「永代供養のお墓・納骨堂」の内容を大きく分類すると、

  1. 一定期間は「個別」に納骨 ⇒ 契約期間終了後に合祀墓へ
  2. 最初から「合祀墓」へ納骨

上記の2種類が基本です。ただし、この基本以外の各霊園オリジナルの永代供養サービスもあります。

次に、必要な費用についてですが、表示方法が霊園によって異なります。

  • 墓石代(永代供養料を含む)
  • 墓石代(永代供養を希望の場合は別途費用)

永代供養料を含む・含まない… 霊園ごとに異なりますが、【総額費用】と【追加費用の有無】の確認が重要です。

最初に一定額を支払えば、後は何も必要ないと思っていたら、実は別途に毎年1万円の管理費が必要だったりするケースもあります。ホームページや広告を見ただけでは理解が難しい場合が多いと思いますので、窓口への問い合わせがおすすめです。

先日、ある霊園の広告を拝見しましたが、「個別?合祀?期間は?… 結局、総額はいくら??」と内容が複雑で半分ほどしか理解できませんでした。他のスタッフにも見てもらいましたが同じ結果でした。私たちの読解力不足かもしれませんが、複雑なケースが多いと思います。

また、お墓や納骨堂を検討をする際は、「現地確認」が絶対におすすめです。実際の雰囲気、周辺環境や駐車場、将来的に車に乗らなくなる可能性も考えて公共交通機関からのアクセスや霊園の巡回バスの有無も確認しましょう。

MEMO
納骨の時期は自由です。焦って契約をすることは避けましょう。ゆっくりとご夫婦・家族でご相談ください。

永代供養の「内容」を必ずチェックしましょう

基本的に、永代供養は【承継者(お墓を継ぐ人)が誰もいなくなったとしても、霊園管理者が供養をしてくれるサービス】です。承継者が途絶える心配を解決してくれます。

ただ、「永代供養」が付いているから、後は全部お任せで安心というわけではありません。

どういう事かというと、永代供養付きのお墓・納骨堂の多くは

  1. 一定期間は、個別で納骨
  2. 契約期間(13・17・33年など)が終了
  3. 遺骨が合祀墓へ移される

という流れが基本です。ほとんどの場合、契約終了後に合祀墓(他者の遺骨と一緒に納骨)へ遺骨が移されることになると思います。

ただ、契約内容によっては契約終了時に遺骨の供養方法について新たに選択を迫られるかもしれません。霊園によっては、契約延長も可能ですが、「年間管理費」など追加費用が発生する場合もあります。

※後でご説明しますが、最初に一定額を支払えば、追加費用が一切必要がない永代供養サービスもあります。ただ、その場合は基本的に「最初から合祀墓へ納骨」となります。

新しく永代供養タイプのお墓や納骨堂を検討される方。また、親御さんが既に永代供養タイプのお墓や納骨堂を契約されている方。どちらの場合でも、「永代供養の契約内容」をチェックしましょう。

たとえ親御さんが

私たちが入るお墓は「永代供養」だから、あなた達が追加で費用を払う必要はないから安心してね

と言ったとしても、必ずしも安心はできません。

  • 永代供養の期間(契約期間)
  • 年間管理費の有無
  • 契約期間終了後の遺骨の供養方法
  • 契約期間終了後に必要な費用

などを必ず確認しましょう。

永代供養の契約期間と契約終了後のご遺骨の供養方法

先ほどご説明したように、永代供養のお墓・納骨堂は、基本的に契約期間が定められています。

契約期間は霊園墓地によって異なりますが、基本的には【13・17・33年の契約】が多いです。これは、節目とされる年忌法要(13回忌・17回忌・33回忌)に合わせてという事だと思います。

契約期間が終了した後、ご遺骨の供養方法も霊園によって異なります。

  • 遺骨が合祀墓などに移される?
  • 遺骨を引き取れる?
  • 契約を延長できる?

など、どの様な選択肢があるか?を細かく確認しましょう。

注意
契約期間の終了前には必ず連絡があると思いますが、自動的に合祀墓に移される可能性も0ではありません。
合祀墓へ移されると、遺骨を取り出すことが不可能になりますので、ご自身から先に余裕をもって連絡をしましょう。

【参考】大阪府堺市の公営納骨堂

参考例として、当社の所在地である大阪府堺市が運営する「堺市立霊堂(個別タイプの納骨堂)」をご紹介します。一般的な永代供養の納骨堂とは少し違いますが、ご参考用に。

  • 空き祭壇 8年:112,000円
  • 空き祭壇 30年:360,000円
  • 年間管理費:12,000円

30年間利用すれば、36万円+管理費36万円(30年分)=72万円です。

高い安いは人それぞれですが、運営者(堺市)が破綻するリスクは限りなく低いため、安心感は非常に高いです。

初回の支払いのみ。追加費用が必要のない永代供養(ただし、最初から合祀墓へ納骨)

きっと多くの方が想像している「永代供養のお墓・納骨堂」のイメージは、「契約時に一定の金額を支払えば、後は何も追加費用が必要ない」だと思います。

そういった永代供養サービスもありますが、個別に納骨される期間はなく、基本的には「最初から合祀墓(他者の遺骨と一緒に納骨)」になります。費用に関しても、「一般的な永代供養のお墓」に比べると低価格(数万円~十数万円程度)です。

ただ注意点としては、最初から合祀墓へ遺骨を納骨しますので、一度納骨してしまうと後で取り出すことはできません。ご家族様によってはデメリットとまでは言えないかもしれませんが、慎重に考える必要があります。

樹木葬は「お墓」とほとんど同じ

近年、「樹木葬」の広告を目にする機会が多くなりました。

樹木葬が誕生した当時のコンセプトは、

樹木の下に遺骨を埋葬して、願い年月をかけて自然に還る

というもので、樹木をシンボルとする「合祀墓(沢山の方が一緒に入るお墓)」が基本でした。

しかし、最近の新しい樹木葬には「個別に納骨するタイプ」もあります。内容としては、ほとんど従来のお墓と同じです。オリーブや桜などの大きな樹木をシンボルとして、その周りに個別の墓石や石碑プレートが設置され、その下に納骨します。

「樹木葬」という言葉で宣伝(広告)されている霊園が多いですが、イメージとしては「樹木葬“墓”」が適した表現かもしれません。

個人的に、樹木葬の価格について簡単に調べましたが、一般的なお墓より高額な場合が多いかもしれません。

参考価格
  • 墓石(石碑)代:80万円~100万円以上
  • 永代供養料:20~30万円
  • 管理料:10~20万円(30~50年分一括)
    ※いくつかのホームページを拝見した概算価格

樹木葬(樹木葬墓)を提供している最新の霊園は、自然が豊かで明るく、デザインも現代的です。墓石が狭い間隔で並んでいる従来の霊園より開放感があります。

また、通路が広く、バリアフリーで休憩場所も完備されている霊園も多いです。費用は高額かもしれませんが、きっと納得のいく霊園も多いと思います。

納骨の時期は自由ですので、慌てずにゆっくり検討しましょう

いつ納骨をするか?は自由です。「いつまでに納骨」という決まりはありません。何年もご自宅に遺骨を置かれている方も多いです。

既にお墓・納骨堂を契約されている方は、一般的に四十九日法要(忌明け法要)と同日に納骨するケースが多いですが、まだ契約をされていない方は、無理に契約やお墓を建てることは絶対に避けましょう。

お葬式終了から四十九日法要までは、あっという間です。加えて、お葬式終了後は相続手続き等やるべき事が沢山あります。その短期間で、慌てて契約をすると後になって後悔する可能性が高いです。

落ち着いた状況になってから、ゆっくりとご夫婦・家族で話し合って決めましょう。

まとめ

霊園墓地(お墓や納骨堂)の運営は、市町村・宗教法人・公益法人などに限られます。

市町村が運営する公営霊園は、安全性や永続性、費用面で人気が高く、あまり空きがでないケースが多いです。その他になると、民営霊園(宗教法人と墓石店の共同開発など)で、最新施設や利便性が優れている分、費用が高い傾向にあります。

公営・民営、お墓・納骨堂、どれが良いという訳ではなく、ご自身(家族)の事情や状況に合っていることが大切です。そして、将来の承継者の事も考慮して選択しましょう。

近年、新しいお墓や納骨堂が次々と誕生しています。また、このページでは除きましたが、海洋散骨や遺骨ダイヤモンドなどもあります。ご遺骨の供養方法は自由ですし、価値観も人によって様々です。

今回は、利用者が増えている「永代供養」の基本的な内容をご説明しましたが、今後また新しいサービスが誕生するかもしれません。供養の方法を「探す&選ぶ」も大変ですが、多様な価値観に対応できるように選択肢が増えることは良い事だと思います。

いずれにしても、大切な故人様の遺骨に関することですので、慌てずにゆっくりとご家族でご検討されることをおすすめします。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】