MESSAGE / すべての方へ

祥月命日と命日

ブログ祥月命日と命日

祥月命日(しょうつきめいにち)とは、お亡くなりになって1周忌以降の命日(お亡くなりになった月日)のことです。「祥月=亡くなった月」、「命日=亡くなった日」になります。
最近では、多くの方が「祥月命日」と「命日」を同じ意味で使われていますので、一般的に言われる命日とは、祥月命日のことです。

祥月命日は「年1回」、月命日は「年11回」

祥月命日は、「お亡くなりになった月日」ですので、年に1回です。
月命日(つきめいにち)は、「お亡くなりになった日」のみを指します。「祥月命日以外で、日にちが同じ日」ですので、年に11回あります。

【参考】:死亡日が、「7月7日」の場合

  • 【祥月命日】は、毎年7月7日。
  • 【月命日】は、7月を除いた毎月7日になります。

 

命日には何をするの?

祥月命日や月命日には、故人様の好物やお花を供えて供養します。
年に一度の祥月命日には、お墓参りに行かれるのも良いと思います。また、お仏壇がある方は、きれいに掃除をしましょう。供物やお花は仏壇に供えることが一般的ですが、お仏壇がない場合は遺影写真や位牌に供えるだけでも結構です。

ご家庭やご自身の事情もあると思いますので、命日だからといって、あまり無理をする必要はありません。
「毎日お供え物をしたり」、「お線香をあげたり」、日々何らかの供養をしている方もいますし、「毎年、お盆・お彼岸などにお墓参り行くことにしている」など、故人を偲ぶかたちは人それぞれです。

 

祥月命日と年忌法要

お葬式終了後に行われる法要として、四十九日法要(忌明け法要)や百か日法要、初盆などがあります。それ以外に、節目の年に行われる法要として、「年忌法要(ねんきほうよう)」があります。

年忌法要とは、一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・三十三回忌などです。ご親族が集まり、僧侶を招いての法要や会食を行います。年忌法要は、その年の祥月命日行います。

ただ、ほとんどの場合が平日になりますので、一般的にはご家族・親族が集まりやすい祥月命日【前】の土日祝日に行います。
※祥月命日を過ぎてはいけないとされています。

年忌法要

年忌法要は、1・3・7・13・17・23・27・33…50回忌とあります。基本的に「3」または「7」が含まれる年に行います。
ほとんどの方が「一周忌」と「三回忌」は行いますが、「どの法要まで行うか?」は宗派やご家族の判断に依ります。特に、三十三回忌は「弔い上げ(最終の年忌)」と言われ、一般的には三十三回忌で年忌法要は終了とされます。

三回忌は、一周忌の翌年

年忌法要の中で、一周忌だけは「満」で数えるため、亡くなった翌年に行います。
一周忌以降は、亡くなった年も含めて数えますので、三回忌は一周忌の翌年になります。
※「◯回忌」とは、「お亡くなりになってから、◯年目を迎える年に行う法要」です。

 

まとめ

祥月命日は、確かに特別な日です。しかし、無理に供養する必要はないと思います。
「実家にだけお仏壇がある」・「お墓が遠くてお参りに行けない」・「体が不自由」など、各家庭の事情は様々です。

命日には、ご自身の状況に合わせて供養をしましょう。故人様のことを思い浮かべて感謝するだけでも良いと思います。もし、お仏壇や遺影写真がご自宅にある場合は、ちょっとした供物やお花を供えてみてはいかがでしょうか。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】